こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

急速に広がるスペインの太陽光発電 Rapidly Expanding Solar Power Generation in Spain

Posted on: 2009/01/09

太陽がサンサンと降り注ぐ国、スペイン。

その豊富な光を活用した太陽光発電の導入量は、EUではドイツに次いでナンバー2。
近年、導入量が急増し、EUが掲げる「2020にエネルギーの20%を自然エネルギーにする」という政策実現に向け、着実に歩みを進めている。

スペインは、もともとEUでもエネルギー輸入依存率が高い国。そのため、スペイン政府は2004年に大胆なエネルギー戦略を打ち出した。電力会社に補助金を出し、太陽光発電による電気を電気代の3~5倍で高く買い取る制度「フィード・イン・タリフ」(FIT)の導入だ。その後太陽電池パネルの導入が急増し、太陽電池の累積量は4年間で約50倍に。

しかも、買い取りは25年間規定の値段を変えない保障期間があるため、企業が安心して太陽光発電所を建設できる。スペインではすでに500基を超える太陽光発電所があり、電力会社やベンチャー企業が運営している。さらに、政府は新改築される建物の面積により、太陽光発電のパネルの設置も義務付けた。

この勢いに、かつて世界を圧倒的にリードしていた日本はスピードの違いを感じずにはいられない。技術はあるが、導入量の勢いが追いつかず、2007年の年間導入量ではスペインに抜かれ3位に。累計導入量でも、世界第2位の日本の背後からスペインの足音が聞こえてくる。(エコ太郎)

スペイン大使館経済商務部:
http://www.spainbusiness.jp/icex/cda/controller/pageGen/
0,3346,4928839_35713045_40693811_0,00.html

国際エネルギー機関(IEA)[英語のみ]
http://www.iea.org/index.asp

アクシオナ社[スペイン語のみ]
http://www.acciona-energia.com/default.asp

朝日新聞記事:
http://www.asahi.com/eco/TKY200810160262.html

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

January 2009
M T W T F S S
« Dec   Feb »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Blog Stats

  • 275,700 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: