こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

東欧の新議長国の強みは? Czech EU Presidency Has Unique Strengths

Posted on: 2009/01/16

チェコは、2009年上半期の議長国。2004年以降に加盟した国ではスロベニアに続いて2番目の議長国を務める。山積する国際問題についてEUを代表して調整しなければならないが、EU内ではリスボン条約を批准していない残り数カ国の一国であり、その去就が注目される。

写真クレジット: 大統領府のあるプラハ城 ©CzechTourism.com

写真クレジット:大統領府のあるプラハ城 ©CzechTourism.com

チェコが力を発揮できるのはどこか。冷戦時代は共産圏で、東方の近隣国との関係は、西欧の加盟国よりも深い。長年の加盟候補国トルコをはじめ、クロアチアなどバルカン諸国の加盟交渉をサポートする。ガス供給の再開をめぐってロシア、ウクライナ両首脳との間で対話がスムーズに行われたのは、EU議長国チェコがロシア語を介して行ったところも大きい。

一方で、前議長国のフランスと異なるのは大統領の立場。仏大統領は絶大な権限を持つが、チェコの大統領は政治的権限が限定される象徴的な元首。そうした条件にもかかわらず、クラウス大統領は環境問題などで、大胆で本質的な問いかけを忌憚なく行っている。その人柄が国民からも大きな支持を得ているからのようだ。(みかん)

議長国チェコの公式サイト(チェコ語・英語・フランス語)
http://www.eu2009.cz

クラウス大統領の個人ページ(著書「Blue, not Green Planet」について英語でも解説があります) http://www.vaclavklaus.cz/

日本でチェコ文化を発信するチェコ・センター(日本語)
www.czechcentres.cz/tokyo

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

January 2009
M T W T F S S
« Dec   Feb »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Blog Stats

  • 274,012 hits
%d bloggers like this: