こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

EU共同大学院 2011年開校へ―ジャン・モネ・アクション Joint EU-Japanese Graduate School

Posted on: 2009/01/30

EUを研究している大学生や研究者に朗報がある。一橋と慶応両大学が2011年4月をめどに、EU(欧州連合)をテーマにした共同大学院を開校するという話だ。

両大学の既存の施設を使用して、修士課程は1学年約20人、博士課程は6人程度を受け入れる見込みだという。留学生、社会人にも積極的に門戸を開放する方針だそうだ。

計画は、欧州統合の父の1人であるジャン・モネ(Jean Monnet)名前を冠した「ジャン・モネ・アクション」の一環として進められている。同アクションは、欧州委員会が世界中の大学で欧州統合の研究を推進し、理解を深めるために1990年から開始したもの。

日本におけるEU研究の大学連合組織「EUIJ(Institute Japan)」も、2009年4月から組織替えされ、「EUSI(Studies Japan)」としてスタートする。関東では慶応大、一橋大、津田塾大3校と早稲田大が中心となる。関西では阪大、神戸大、関西大。特に、関東ではICUが抜けるが、早稲田が新たに独自の研究センターを立ち上げる。

中でも最も活発な活動をしてきたのが、慶応大のEU研究センター。欧州統合の各種研究の拠点として研究会、シンポジウムなどを開催してきており、今回、戦略的大学連携支援事業の1つとして一橋大と「EU共同大学院」を開校することになった。

もっとも、悩みもある。EUから補助金を受けたが、このところの世界的な金融危機の影響で、ユーロが急落し、日本換算で20%以上の予算の目減りで当初計画に狂いが生じている。

しかし、日本のEU研究者は、米国関係の研究者に比べ「量も、質もかなり見劣りする」(大学関係者)といわれるだけに、ジャン・モネ・アクションによる今回の共同大学院計画が軌道に乗れば、大きな成果を上げられると期待されている。(丸の内太郎)

ジャン・モネEU研究センター
http://www.jean-monnet-coe.keio.ac.jp/

EU Institute Japan
http://www.euij-tc.org/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

January 2009
M T W T F S S
« Dec   Feb »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Blog Stats

  • 284,422 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: