こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

欧州の小国には強力な封建領主がいた!A Powerful Figure From Tiny Luxembourg

Posted on: 2009/02/13

ベネルクス3国の一つを形成し、欧州のほぼ中央に位置するルクセンブルク。面積は神奈川県と同じだが、人口は、900万人近い同県の20分の1程度の47万人でしかない。森と川の自然に溢れた静かなたたずまいの国柄だが、その歴史には、したたかに生きてきた証も見える。

英国、ドイツ、イタリア・・欧州のどの国を取っても日本より人口が少ないし、面積が大きい国もそうはない。その上、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン、モナコなどの極小の国が存在し、細分化していることに素朴な疑問を感じてしまう。ユーロ通貨も使える、言語も周辺国と一緒、人の権利もEU並み。それなのになぜ、分かれて単独の国でなければならないのかと。

その疑問を解くにはやはり歴史をひも解かなくてはならない。10世紀には、この地に強力な封建領主が城砦を築いて独立し、その後、ルクセンブルク伯爵との称号を得て、繁栄してきた。これが独自性を保ってきた理由で、リヒテンシュタイン、モナコも同じように領主がその土地に力を持っていた。

もちろん、ルクセンブルクは一時期、周辺のスペイン、フランス、オーストリアなどと強大な国家に支配されるが、完全併合には至らず、支配国家が衰退したときに独立する。市民たちの独自意識が他国との併合を阻んだのであろう。加えて、この国が大国の狭間にあったことも幸いした。1867年のロンドン条約で、プロイセンとフランスの中立緩衝地帯として同国の存立が保障されている。

日本も封建時代に国のように藩に分かれていたが、明治以降、統一国家となって、地方の独自性を発揮しえなくなった。これは大陸国家か、島国国家かの違いに由来するのだろうか。(日暮らし)

在日ルクセンブルグ大使館
http://www.luxembourg.or.jp/

日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20080613/161912/

ルクセンブルクに「楽天ヨーロッパ」設立
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/02/07/18391.html

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

February 2009
M T W T F S S
« Jan   Mar »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

Blog Stats

  • 282,953 hits
%d bloggers like this: