こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

最先端ガラスの製造技術で世界を席巻 Glass Technology on the Cutting Edge

Posted on: 2009/02/13

サンゴバン麹町本社「サンゴバンって知っている? ルーブル美術館の入り口となっているガラスのピラミッドを作った会社だよ」

最近の建築物はガラス張りが流行となっているが、その先鞭を付けたのがサンゴバンの板ガラス技術といえるだろう。同社はルイ14世の時代から300年以上の歴史を持つ仏国営ガラスメーカー。1000社以上の関連会社、17万人の従業員、総売上4兆円というグローバル企業だ。

東京・麹町に2002年新設された日本の本社ビルも、薄緑入りの板ガラスに覆われたシックなビルだ。
シャネル銀座「日本で有名なサンゴバンのビルはあるの?」
「最近では、東京・銀座のシャネルビル。特殊加工のガラス張りには文字や映像が映し出される」
「ほかには?」
「東京・汐留の電通ビルもサンゴバン製だ。11色のガラスのカーテンで、その量3万平方メートルにも及ぶんだ」
「近代的だけれど、ちょっと冷たい感じがするなあ」

夕暮れ時の電通ビル「でも、ルイ14世のベルサイユ宮殿“鏡の間”のガラスや鏡はみんなサンゴバンが手がけたんだよ。優雅なものじゃないか」
「へー」
「写真どう? シャネルに、電通に、東京本社を撮ってきたら見てみてご覧」(丸内太郎)

サンゴバン株式会社
http://www.saint-gobain.co.jp/

シャネル銀座
http://www.chanel-ginza.com/

ベルサイユ宮殿
http://www.chateauversailles.fr/jp/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

February 2009
M T W T F S S
« Jan   Mar »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

Blog Stats

  • 272,566 hits
%d bloggers like this: