こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

“お茶の水博士”が語る「日・EU議員会議」(その1)According to Professor Ochanomizu (Japan-EU Interparliamentary Conference, Part 1)

Posted on: 2009/03/06

日本と欧州連合(EU)議員会議が4月7日、東京で開催されるが、日本と外国との公式な議員会議で、最も古いのが日本・EU議員会議だ。今回は実に30回目の記念会合となる。

中山太郎元外相日本側の団長は中山太郎元外相で、1998年以来約10年団長を務めている。議員会館でのインタビューで、今回の会議の意義について「日欧の対話は多極化する世界情勢の中でますます重要になっている」と強調した。本当に元気な元外相だ。原則として、年1回日本とEUが交互に開催している。

第1回開催は1978年にルクセンブルグで行われた。議員交流を強く求めたのはEC(欧州共同体=当時)で、高度成長で躍進著しかった日本との経済摩擦解消が目的だった。ちなみに、日本政府が公式に設置している議員交流のための会議は、「日本・EU」「日米」「日中」の3つしかない。与野党の議員による「日本・欧州評議会友好議員連盟」などはあくまでも任意団体に過ぎない。それだけ、今回開催の日本・EU議員会議の持つ重みは大きい。

第30回会議の最大のテーマは、やはり世界的な経済金融危機対策。さらに、エネルギー、開発問題などが大きな議論の焦点となる見通しだ。EU側はゲオルグ・ヤルツェンボウスキー団長(ドイツ・キリスト教民主同盟)以下10人近い議員が参加する予定。ただし、今回で6年連続のヤルツェンボウスキー団長は、今年6月の欧州議会選挙を期に退任されるので、最後の団長ということになる。

中山元外相は、10年近い団長経験を振り返って、「欧州を見るとどこの国にも憲法裁判所があるが、日本にはない。アジアでは、タイや韓国にある。是非、日本にも憲法裁判所を作りたい」と語る。衆院憲法調査会長として、戦後日本の総決算につながる「憲法改正」に強い決意を持つ中山元外相らしい印象だ。ちなみに、中山氏は現在唯一の大正生まれの最年長代議士で、その風貌は、ますます鉄腕アトムを生んだ「お茶の水博士」にそっくりとなっている。(続く)(永田十郎)

中山太郎衆院議員
http://nakayamat.exblog.jp/

議員外交・衆議院
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index.htm

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2009
M T W T F S S
« Feb   Apr »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Blog Stats

  • 277,119 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: