こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

欧州議会をめぐる歴史は語る(「日・EU議員会議」その2)History of the European Parliament, Part Two

Posted on: 2009/03/19

日本とEU議員会議の30周年と歴史は古い。しかし、日本ではあまり知られていないのも事実。欧州議会は現在、議員総数785人、国別ではドイツの99人を筆頭に、英、仏、伊3カ国が78人で2番目、スペイン、ポーランドが54人でそれに次ぐ。一番少ないのはマルタで5人だ。今年6月の議会選挙では定数が是正され732人になる。

政党別では(2009年2月現在)、最も多いのが、欧州人民党・欧州民主グループで288人、欧州社会主義グループ(欧州社会党とも分類される)が217人で第2の会派。緑の党・欧州自由連合は43人で、党派別では5番目の勢力となっている。

議会の本会議場は、フランス北部のストラスブールにある。事務局本部はルクセンブルクに置き、欧州委員会や欧州連合理事会との連携もあって、ブリュッセルで総会の一部や委員会を開き、事務局の支部も置いている。本会議は、1年間に12回開かれる。

しかし、本会議場の場所をめぐっては長い論争があった。欧州議会内には、欧州連合理事会や欧州委員会との連携を考え、ブリュッセルでの総会開催を集中させようとする動きがあった。しかし、そうなると欧州連合の主要機関がなくなってしまうフランスが強く反対、1997年には欧州司法裁判所でエディンバラ議定書にある通り、総会はストラスブールで年12回開催されなければならないとする判決が出るまでの騒ぎになった。
とはいえ、ストラスブールは歴史のあるシックな街だ。語源はドイツ語で「街道の街」であり、交通の要衝として栄えた。ライン川のフランス最大の河川港都市であり、交通の便の良さから商工業が盛ん。近世初頭にドイツが混乱した頃には、モーツァルト、パストゥールなども人生の一時期をこの地で過ごした。(続く)

欧州
http://www.deljpn.ec.europa.eu/union/showpage_jp_union.institutions.institutions02.php

ストラスブール
http://jp.franceguide.com/home.html?nodeID=206

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2009
M T W T F S S
« Feb   Apr »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Blog Stats

  • 279,966 hits
%d bloggers like this: