こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

30回を迎えた議員会議 The 30th EP-Japan Interparliamentary Meeting

Posted on: 2009/04/17

090407_diet_13日本の国会議員と欧州議会議員の交流会議が、今年も4月7日に衆議院で開催された。世界的な金融危機への対応やエネルギー供給の確保、12月のコペンハーゲンでの気候変動枠組条約締結国会議に向けての温暖化対策について議論は白熱し、共通の課題に協力して取り組む重要性を日本、EUの議員が互いに認識している様子がうかがえた。

もちろん、日本とEUでは考えを異にする部分もあった。今日のグローバル金融の中では国際的に会計基準をそろえ、適用していくべきであると唱えるEU。これに対し日本側からは、“ものづくり”の国であるので、金融資本主義経済の米国と同じ基準を持つことに無理があり、原則は世界共通でも各国の産業体系に合わせた会計基準でよいのでは、との意見も。

さらに、開発援助のトップドナーとして、両者はODAの規模やミレニアム開発目標の達成度などにつき、それぞれの立場を説明した。日本の議員が「開発援助のための国際連帯税として航空券税の導入を検討している」と述べると、EU側からは「開発援助は通常予算から出されるべきであり、新たな税制を作っていくことには反対」との意見があった。

EU側ヤルツェンボウスキー団長は今期で引退、また欧州議会は6月に選挙が行われ、議員団も再編成となる。日本側中山団長のねぎらいの言葉からは、こうした交流の積み重ねにより、信頼関係が築かれていることが伝わってきた。(みかん)

駐日欧州委員会代表部サイトの関連ページと写真
http://www.deljpn.ec.europa.eu/modules/media/news/
2009/090401.html#photo

衆議院
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index.htm

欧州議会(英語)
http://www.europarl.europa.eu/news/public/default_en.htm

Advertisements

1 Response to "30回を迎えた議員会議 The 30th EP-Japan Interparliamentary Meeting"

ヤルツェンボウスキー博士が旭日重光賞を受賞されたそうです↓

http://www.deljpn.ec.europa.eu/modules/media/news/2010/100603.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

April 2009
M T W T F S S
« Mar   May »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Blog Stats

  • 274,012 hits
%d bloggers like this: