こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

「風のがっこう」、未来の世代に伝える環境の大切さ “School of Wind” Teaches the Importance of Living with the Environment

Posted on: 2009/05/22

デンマークと聞くと、どんなイメージがありますか? アンデルセンの童話『人魚姫』の像、福祉が進んでいる国―などと思う人も多いのではないでしょうか。実はデンマークは自然エネルギーの環境先進国でもあるのです。

特に風力発電では世界をリードしています。そのデンマークの風力発電や自然エネルギーの取り組みや技術などを日本に紹介しているのが、ケンジ・ステファン・スズキさんです。大学時代にデンマークの福祉、社会保障を学びたいと思い、デンマークにわたって40年以上になります。

スズキさんは1997年に自然エネルギーについて学ぶ私塾「風のがっこう」をデンマークで開きました。そして2002年に日本でも「風のがっこう京都」を開校。風力発電、バイオエネルギーなど、デンマークの自然エネルギー政策や技術、環境教育を教えています。

子供たちも参加できます。田植えや野菜を育てて、普段自分たちが食べている食べ物がどんなふうにつくられるのかを体験したり、虫取りや星観察をしたり。親子で参加する人もいます。現在では、栃木県の那須や北海道稚内市にも「風のがっこう」ができ、スズキさんの活動が広がっています。(モコちゃん)

風のがっこう京都
http://www.kazenogakko.ne.jp/

在京デンマーク大使館ニュース 風力発電拡大計画
http://www.ambtokyo.um.dk/ja/menu/COP15/News/PlanForWindPowerExpansionLaunchedByDanishIndustry.htm

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2009
M T W T F S S
« Apr   Jun »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Blog Stats

  • 282,953 hits
%d bloggers like this: