こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

一見の価値あり―ブルガリア大使館  The Fascinating Architecture of the Bulgarian Embassy

Posted on: 2009/06/26

東京都新宿区代々木にあるブルガリア大使館に行ってきた。

ブルガリア大使館

ブルガリア大使館

ビザ申請など特段用事もなく、ブルガリア大使館の建物を見に行った。なぜかというと、ブルガリア大使館は、かの有名建築家、丹下健三氏が手がけた作品であるからだ。

丹下氏の代表作品といえば、国内のもので挙げれば、新東京都庁舎、フジテレビ本社ビル、東京ドームホテルなどがある。それらは全て“未来的”なデザイン。しかし、ブルガリア大使館が竣工されたのは1974年。今から30年以上も前。その頃の作風は一体どんなものだったのだろうか、ということが気になったのだ。

代々木公園から歩くこと数分。閑静な住宅街の中にブルガリア大使館はあった。建物を見た瞬間に、彼の作品だと確証させる何かを感じた。前述の、彼が比較的近年に手がけた作品と明らかに通じるものが、建築に素人の私にも感じられた。

建物は3階建て。上層階にいくほど、建物が宙にせり出している作りだ。確かに数十年という時間の経過は感じるが、やっぱりどこか“未来的”。特徴があるデザインだが、浮いた感じは全くなく、その場に静かに佇んでいるという印象だ。

大使館の周囲のマンション

大使館の周囲のマンション

建物自体も面白かったが、もう一つ興味をそそられたのは、この建物周辺の雰囲気だ。周辺は、ブルガリア大使公邸や他の国の大使館などもある住宅街。ブルガリア大使館を包み込むようにいくつものマンションが建ち並んでいるのだが、それらの建物が、マンションにありがちなただの四角い箱という作りではなく、デコボコしたデザイン性のある立体的な構造になっているのだ。

それはあたかも、ブルガリア大使館の建物の特徴にわざわざ合わせて作られたと思えるほどであり、大使館と周囲の建物はとてもよく馴染んでいた。ブルガリア大使館見学は、意外な発見があり、楽しい散歩だった。(パクチー)

ブルガリア大使館へのアクセス
http://maps.google.co.jp/maps?sourceid=navclient&hl=ja&rlz=1T4GGLJ_jaJP328JP328&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E5%8C%BA%E4%BB%A3%E3%80%85%E6%9C%A85%E4%B8%81%E7%9B%AE33-5&um=1&ie=UTF-8&split=0&gl=jp&ei=udRCSrTtFYmTkAWWy7X6CA&sa=X&oi=geocode_result&ct=title&resnum=1

日本ブルガリア協会
http://www.bul.jp/

地球の歩き方(ブルガリア)
http://www.arukikata.co.jp/country/europe/BG_general_1.html

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

June 2009
M T W T F S S
« May   Jul »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Blog Stats

  • 277,119 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: