こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

2009年EU理事会議長国のバトンはスウェーデンへ Sweden Assumes EU Presidency

Posted on: 2009/07/03

バルト海地域戦略の策定も議長国としての目標のひとつだ  Gunnar Seijbold / Regeringskansliet

バルト海地域戦略の策定も議長国としての目標のひとつだ Gunnar Seijbold / Regeringskansliet

7月1日から下半期に入り、スウェーデンがEUを代表する舵取りを受け持つ。ノレーン駐日スウェーデン大使は、リチャードソン駐日欧州委員会代表部大使とともにこの日東京で、プレス発表を行った。主要優先課題は2つ。経済・金融危機対策として、増加する失業者問題に取り組むことと、12月にコペンハーゲンで開かれる気候変動会議(COP15)で京都議定書に続く国際的取り決めを採択に導くことだ。

このほか、①移民や国境管理などの法務・内務問題の強化をストックホルム・プログラムとして進めていく、②バルト海地域の環境や競争力強化のための戦略を策定する、③EU加盟申請国との交渉を進展させる、④平和・発展・民主主義のため対外問題に積極的に取り組む―ことを挙げた。EU組織内の問題としては、第2次バローゾ委員会発足に向けた調整と、新議員での欧州議会との連携、リスボン条約批准に焦点が当てられる。

対日関係については、5月にプラハで開催された日・EUサミットをフォローして、関税障壁のない貿易に向けて具体的対象を絞って協議を続けていく。さらに、2011年開始の第2次行動計画の策定を進めることや、年内に科学技術協力協定を実現させることも課題となっている。

特に、COP15の成功を左右するCO2削減目標値については、日本国内でもっと科学的根拠に基づく議論を促したい考えだ。日本でも米国でも経済団体や関連省庁、議会などとの調整が難航するが、リチャードソン大使は「世論は政府より動きが早いので、この深刻な気候変動問題にも取り組んでいける」と楽観的姿勢を崩さない。(みかん)

議長国チェコの公式サイト(スウェーデン語・英語・フランス語)
http://www.se2009.eu/

駐日スウェーデン大使館
http://www.swedenabroad.com/Start____4324.aspx

その他スウェーデン情報はこちらでも↓
http://www.sweden.se/Other-languages/OL-Home/Other-languages/I-P/Japanese/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

July 2009
M T W T F S S
« Jun   Aug »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 303,139 hits
Advertisements
%d bloggers like this: