こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

田んぼに囲まれた世界のアート World Art Among the Rice Paddies

Posted on: 2009/07/31

新潟県十日町市周辺の農地や空き地などに約370点のアート作品が野外展示された芸術祭が、2009年7月26日から9月13日まで開催されている。このうち松代(まつだい)エリアで、ヨーロッパ人作家の作品を探してみた。

1

写真1

2

写真2

このエリアの中心は「農舞台」と呼ばれる文化施設で、建物(写真1)自体は、オランダのMVRDVというグループが設計した。中の食堂(写真2)は、フランスのジャン=リュック・ヴィルムートによるデザインだ。ともに、斬新なアイデアと色使いが、訪れる人々を楽しませる。

3

写真3

4

写真4

野外作品でまず目を引くのは、「農舞台」正面にあるロシア人ユニット、イリヤ&エミリヤ・カバコフ制作の田んぼの中のインスタレーション『棚田』(写真3と4)だ。この芸術祭のシンボルとも言える、農作業をする人々の姿をかたどった彫刻は、緑色の稲にうまく調和している。

5

写真5

城盗り橋を渡って少し山を登ると、フランス人作家、クリスチャン・ラピの作品『砦』(写真1と5)がある。木炭のような背の高い彫刻が立ち並ぶ。これら黒い人々が砦の中に守るものは何だろう。

それにしても、田畑の広がる山間に、このような興味深い作品が点在しているとは。開催される3年ごとに展示作品は増えていく。体験型アートも多く、子どもから大人まで、国籍を超えて楽しめる芸術祭だ。(みかん。写真も)

越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭
http://www.echigo-tsumari.jp/2009/index.html

まつだい雪国農耕文化村センター[農舞台]
http://www.noubutai.com/

MVRDV
http://www.mvrdv.nl/#/projects/realised/147matsudai

ジャン=リュック・ヴィルムート
http://www.jlvilmouth.com/fiches/cafe/cb08.html

イリヤ&エミリヤ・カバコフ
http://www.ilya-emilia-kabakov.com/

クリスチャン・ラピ
http://www.christianlapie.net/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

July 2009
M T W T F S S
« Jun   Aug »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 279,891 hits
%d bloggers like this: