こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

アイルランド人と「君が代」 The Irish and Japan’s National Anthem

Posted on: 2009/08/14

「君が代」の原曲を作ったのはアイルランド人ということ、ご存知でした?

アイルランド人でありながら、当時、イギリス人として紹介されていた軍楽隊長ジョン・ウィリアム・フェントンは、1869年から、日本で初めて吹奏楽を薩摩藩士に教えました。

薩摩バンドと呼ばれた楽隊が1870年に明治天皇に演奏を初めて披露する際、「君が代」の歌詞に曲をつけて礼式曲としたそうです。この様子は、欧米人が見た日本やアジアを記録した英字新聞「ザ・ファー・イースト」にも掲載されとか。

このフェントンの「君が代」は、現在の「君が代」ができるまで国歌としてありました。アイルランドと日本は、意外なところでつながっているのですね。

薩摩バンドに始まって以来、日本でも吹奏楽が大衆音楽の主流となり、さまざまな名曲が演奏されてきました。戦後はスクールバンドが主流となって、夏の甲子園の応援では欠かせない風物詩になっていますよね。(くるみ)

http://www.irishembassy.jp/home/index.aspx?id=54481

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2009
M T W T F S S
« Jul   Sep »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Blog Stats

  • 274,012 hits
%d bloggers like this: