こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for September 7th, 2009

昔から美女と野獣という取り合わせは、ストーリー性に富み、劇作家の意欲をかき立てるようだ。ド・ビルヌーブ夫人原作の文字通り「美女と野獣」、ガストン・ルルー原作の「オペラ座の怪人」、ビクトル・ユーゴー作の「ノートルダムのせむし男」など、特に、フランスにはこの種の物語が多い。

小生にとっては、特にウイリアム・ディターレ監督が1939年に制作した「ノートルダムのせむし男」は忘れられない。小学生の時代、リバイバル作品として街の名画館で上映されたときに見た白黒映画である。

主人公のカジモドは醜さゆえに寺院に捨てられた孤児で、成長して鐘突きの仕事が与えられる。寺院のある「聖職者」が美しいジプシーの踊り子に横恋慕し、カジモドにさらってくるよう指示。その結果、カジモドは捕らえられ、広場でさらし者になるが、踊り子だけは彼をかばう。

カジモドは初めて人間の優しさに触れ、踊り子に恋心を抱く。踊り子は性悪な聖職者の求めを拒否、ゆえに彼によって人殺しの濡れ衣をかけられ、処刑されそうになるが、これをカジモドが助け、寺院内にかくまう。しかし、聖職者は踊り子を衛兵に引き渡したため、刑が執行される。その後、彼は踊り子の遺体をずっと守り続け、そばで息絶えるのだ。

主人公の醜い顔や体形とは裏腹に、優しい心を持つというそのアンバランスさは、子供心にも鮮烈な印象を与えた。そして、パリを訪れたときには、ぜひノートルダム寺院に行き、あの男の息吹を感じたいと願った。

実際に行って見て、荘厳な大聖堂には、邪悪な聖職者も、醜いせむし男もいなかったが、寺院の裏庭にあるセーヌ川沿いの花園では、名もなき花が咲き乱れ、その美しさがなぜかせむし男の優しさとオーバーラップして居心地の良さを感じていた。(日暮らし)

ノートルダム寺院
http://www.ab-road.net/europe/france/paris/sight/000879.html

Advertisements

ウイスキーのルーツと呼ばれるアイリッシュ・ウイスキーの輸出が伸びています。向かう先は、アメリカや、中国、ロシア、旧東欧などの新興国。大麦麦芽を乾燥させ3回蒸留させるため、まろやかで軽い味わいになるのが特徴。Jameson、Bushmillsなどの銘柄が有名です。

IMF報告(アイリッシュ・タイムズ紙6月25日)によると、2008年から2010年までのアイルランドの経済成長率がマイナス13.5%と予測され、外資に頼っている経済小国の弱さが浮き彫りになっています。この中でも、巻き返しを暗示するように好調さを見せているのが、アイリッシュ・ウィスキーです。

かつて大量に生産されていたウイスキーも、20世紀初頭の独立戦争時に生産が衰退したようですが、アイルランド移民が多いアメリカなどでの人気は根強いとのこと。1603年にジェームズ1世より免許を授かった世界最古のブッシュミルズ蒸留所はじめ、今でも古い“酒蔵”で造るこだわりも見せています。(くるみ)

キリン、「Bushmills」の国内販売権を取得
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200909020052a.nwc

http://www.kirin.co.jp/company/news/2009/0901_01.html

現在、世界45カ国でクリーナーを販売し、紙パックを使わず、遠心力によりゴミと空気を分離する「デュアルサイクロン」技術。これを開発した会社といえば、イギリスの高級掃除機メーカー「ダイソン」です。この画期的な掃除機を世界に広めたビジネスの功績がたたえられ、エリザベス女王からナイトの称号を授与されました。実は日本と深いつながりがあるのをご存知でしたか。

ダイソンの創立者、ジェームズ・ダイソン氏はある日、自宅で従来の紙パック式掃除機で掃除していたときに、吸引力が弱かったので、紙パックを替えようとしたところ、あまりゴミが入っていなかったのです。そこで、ダイソン氏は自分で掃除機を分解し、詰まりの原因を探り、自ら性能が良い掃除機開発に乗り出したのです。

1970年代後半から5年の月日をかけ、5000台以上の試作品を繰り返して、デュアルサイクロン方式の掃除機を完成させました。しかし、当時のイギリスではこの技術を採用してくれるメーカーがありません。そこで、日本のメーカーに頼み込み、1983年に「G-Force」という名前で発売に漕ぎつけました。その後1993年でダイソン社を設立し、約3年でイギリス市場の約50%のシェアを獲得する快進撃をみせました。

デザイン性の高さも認められ、サンフランシスコ現代美術館、パリのポンピドーセンターなどの美術館では掃除機が展示されています。また、日本の代表的ファッションブランド「ISSEY MIYAKE」とコラボレーションしたオシャレな掃除機も誕生しました。私にとって従来の掃除機のイメージが覆されたのが「ダイソン」です。(モコちゃん)

ダイソン・ジャパン
http://www.dyson.co.jp/

イタリア北部にあるフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の州都、トリエステ。アドリア海に面し、中欧スロベニアとの国境に位置する港町だ。

この地は、長い歴史の中で何度も所属する国が変わり、これまで様々な文化、民族、宗教が交わりあってきた。そのような異文化が交差する地の特徴として、トリエステはまた、文化人、知識人、芸術愛好家が集まる街となった。

そのような歴史環境を持つトリエステでは、毎年7月有望新人の世界への登竜門として知られるファッションコンテスト「イッツ」が開催されてきた。今年で8回目をかぞえる。

イッツ(ITS)は、International Talent Supportの略で、世界中のファッション系の学校の学生や新卒者を対象とした公募型のコンテストだ。その魅力は、賞金だけでなく、受賞者を長く支援する点にある。成功するまで長い下積み期間が必要なファッション業界。ITSは、それをサポートし、才能を持つ若手デザイナーを世界で羽ばたかせる一翼を担ってきた。

ところが、経済不況を背景に、支援企業の協賛金不足となり、来年以降の開催が危ぶまれている。今後はウェブサイトでの開催を検討中というが、状況が再度明るい方向に変わった時には、ぜひこれまで通りのコンテストが再開されるよう期待したい。(パクチー)

イタリア政府観光局HP内のトリエステについて
http://74.125.153.132/search?q=cache:9MYO4NJSO6oJ:www.enit.jp/province/friulivebeziagiulia.html+%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%94%BF%E5%BA%9C%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%8D%94%E4%BC%9A%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

市長が語る我が町観光自慢
http://www.japanitalytravel.com/back/shicyo/2002_0722/0722.html

ITSの公式HP
http://www.itsweb.org/jsp/en/whatisits/index.jsp


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2009
M T W T F S S
« Aug   Oct »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Blog Stats

  • 301,434 hits

Top Clicks

Advertisements