こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

ベルリンの新名所? ドイツ・カリーヴルスト博物館 2009年8月にオープン! The Deutsches Currywurst Museum Berlin

Posted on: 2009/09/29

E.I. Edutainment International GmbH

E.I. Edutainment International GmbH

ドイツと言えば、ソーセージ。せっかくドイツに来たのだから、とドイツ料理レストランで、またベルリン動物園の見物時に、さらには深夜ホテルへの持ち帰りも。この夏の旅行では、様々な種類を試しつつ、何度食べたことだろう。
ベルリンでは、大きなソーセージにケチャップとカレー粉をかけた名物料理「カリーヴルスト」が有名だが、最近、このメニューの調理法や歴史を紹介するカリーヴルスト博物館ができたと聞いた。

ここは展示だけでなく、体験型の博物館。自分が販売スタンドの主人になった気分で写真を撮ったり、カレースパイスの秘密を自分の鼻で確かめたり。カリーヴルストの歴史にも諸説ある。発祥の地は本当にベルリンなのか、との疑問も。

また、生物分解性容器についての説明もあり、環境についても勉強できる。売店ではオリジナルグッズを販売。QWooというマスコット人形もいて、子どもも大人もカリーヴルスト好きなら誰でも楽しめそうだ。(みかん)

ドイツ・カリーヴルスト博物館(ドイツ語、英語)
開館時間: 午前10時~午後10時
入場料:7-11ユーロ(学生、身障者、シニア割引あり、6歳以下の子どもは無料)
http://www.currywurstmuseum.de/en/

人気店の一つ Curry 36 (ドイツ語サイト)
http://www.curry36.de/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2009
M T W T F S S
« Aug   Oct »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Blog Stats

  • 282,954 hits
%d bloggers like this: