こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for November 2009

 皆さんは、日々のストレスはどのように発散していますか。普通は、ジムに行って運動したり、友人とおしゃべりしたり、美味しいものを食べたり…。しかし、一風変わった発散の仕方もあります。この秋東京で、不平不満を歌にし、負のエネルギーをポジティブなエネルギーに変える「不平の合唱団」のコンサートが開かれるのをご存知ですか。

このプロジェクトはフィンランドのヘルシンキを拠点に活動する若手アーティスト、テレルヴォ・カルレイネンとオリヴァー・コフタ=カルレイネンが始めました。カルレイネンさんたちが一般人から不平不満を集め、それに曲をつけて合唱曲に仕立て、大声で街中で歌うというものです。

2005年、イギリスのバーミンガムで始まった以来、ヘルシンキ、ドイツのハンブルグ、スウェーデンのマルメなど、世界約40の国と地域で行われてきました。今回、11月28日から3ヶ月間、日本で初お目見え。森美術館において、日本語による「不平の合唱団」が披露されます。

 不平の中身は個人的な悩みから、グローバル化や政治への不満まで非常に幅広い内容。その地域独特の不平不満もあれば、国境を越えた悩みもあります。ヨーロッパの人々の歌う不平と日本人の不平を比べて聞いてみると、文化の違いや共通性が見えておもしろいかも知れません。(モコちゃん)

森美術館
http://www.mori.art.museum/jp/index.html

  • In: Business
  • Comments Off on 「足を自然な状態に解放する」で売るビルケンシュトックの靴 Birkenstock Shoes Designed to Free Your Feet

人が靴を選ぶとき、何をいちばん重要なポイントとするのでしょうか。その質問にはあるネットサイトが答えを出しています。それは、つま先部分がゆったりしていて、足指5本がすべて動かせられ、ヒール部分も広く安定していること。日常的に使うわけですから、窮屈なものが歓迎されないのは言うまでありません。

 さらに同サイトは、自分の足の形に合ったものを、通勤、旅行、運動などの使用目的を明確にして選ぶことが大事で、ひたすらブランドやデザイナーにこだわるのはナンセンスだとも指摘しています。
ただ、ドイツのビルケンシュトックの靴は、「自然から遠ざかった人間の足を自然な状態に解放する」というのがコンセプトで、履きやすさを求めるならば、このブランドにこだわる価値は十分にあります。特に、さまざまな活動をする伸び盛りのキッズにはうってつけの製品でしょう。

 ビルケンシュトックの靴は、「臣王の靴のマイスター」として、1774年の教会の公文書に記録されているヨハネス・アダム・ビルケンシュトックを祖としています。この技術が連綿と3世紀にわたって受け継がれ、サンダルやクロッグ、シューズで、人間工学に合ったモデルが開発されてきました。

 クロッグモデルとして代表的なのは、2004年にデビューした「ローリー」。日本でも一躍人気商品となり、「ビルケン」のブランド名を隅々まで行き渡らせました。つま先まで包み込むような安定感、素足でも靴下を履いてもフィットする感覚。硬いコンクリート道を歩いても足に衝撃を与えない。まさに、神から与えられたような靴なのです。

値段は1万5000円ほどとクロッグタイプにしては高めですが、足、特に足裏が人間の健康を大きく左右するという観点に立てば、利用者はビルケン靴をけっして高い買物と思わないはず。買物とはしょせん、投資額と満足度が見合うかという問題ですから。(日暮らし) 

ビルケンシュトック公式サイト
http://www.birkenstockjpn.co.jp/product/birkenstock/

靴の選び方について
http://tamamed.web.infoseek.co.jp/dr-m/j_shoes_fitting.html#select

世界的な経済不況にあって、多くの人たちが仕事を奪われている今の時代、自分の暮らしで本当に大切なことは何だろう、という問いかけに、オランダの6人のデザイナーたちが作品を出展しました。

トレジャーハント1
「トレジャーハント:心を捉えるものは何?」(Treasure Hunt-Vanitas or Humanitas)と銘打った東京都港区のギャラリーLe Bainで開かれた展覧会。展示場は、日の光が差し込むオープンなパティオを一角にしたガラス張りの空間で、6つの作品が何気なく置かれています。

トレジャーハント2

きらきら輝くファンタジックなシャンデリア。電球から通常無駄に放熱されるエネルギーを動力に、照明のシェードが回る仕組みです。環境への負荷が少ないからと照明器具は最近、電球からLEDに移行しつつあるのですが、LEDの色は単調で温かみに欠けるきらいがあります。ここに出されたものは、今の時代に見直されるべき機能性と効率性を併せ持った明かりのデザインです。

トレジャーハント3
奥に置いてある青い机とイスの個人スペースは、“理想の仕事のための模型ルーム”。人間の移動が多い現代、空間をどのように仕切れば生産的な仕事ができるのでしょうか。そういうテーマについてデザイナーが出した答えが“他人との隔離・他人と異なる環境”。個人の領域が可変的に表現されています。

5つの小さなイスは、中国・北京の道端で見かけた外で働くさまざまな職業の人たちの椅子。自分用にカスタマイズされた世界に一つだけのイスです。

どれも見た目にかわいらしいが、それでいて強い作品の意図を感じさせます。私の心を捉えたデザインの意図に、しばし思いをはせてみたのでした。(くるみ)

http://www.le-bain.com/gallery/lebain/index.html

店の名前「ボルツァーノ」はイタリア北部、オーストリア国境にも近く、アルプス山脈東部のチロル地方南部に位置する町。この地方独特の料理を専門に提供するレストランを訪れた。

スペッツレ

手前のボールは、ジャガイモの揚げスペッツレ。一番奥は平たい乾パンのようなシュッテルブロット。

チーズ、ハム、前菜各種、パスタ、パン、どれをとっても一般に知られるイタリア料理とは異なっている。ジャガイモや肉類、キャベツを多く使ったメニューはむしろドイツ料理を彷彿とさせる。

特徴的だったのは、カネーデルリ。写真で見るとバニラアイスのようだが、セモリナ粉を牛乳、バター、チーズとあわせて練り、団子状に丸めたふわふわ感のある手打ちパスタで、ミートソースと絡めていただく。家庭料理の食感があり、アットホームな気分が味わえる。

カネーデルリ

ワインも数種類試したが、中でも南チロルのブドウ品種スキアーヴァとラグラインから作った「サンタ マグダレーナ」という赤ワインは透明感のある色でありながら味わい深く、美味だった。食後のデザートもまた、幸福感を増幅させてくれること間違いなし。(みかん。写真も)

BAR BOLZANO 
http://www.toku-toku.net/bolzano/index.html

オーナーである三輪シェフのコンセプト
http://pws.prserv.net/miwatei/miwatei/concept/index.htm

ハプスブルグ家―。世界中に知られるこの名家は、13世紀から20世紀初頭までヨーロッパの繁栄と栄華を独占したロイヤルファミリーである。一族は芸術を愛し、歴代の王は最高級の美術品を収集した。そして、多くの優れた芸術家を庇護し、宮廷画家たちは素晴らしい作品を生み出し、残していった。

それらの作品を現在、東京・六本木の国立新美術館で見ることができる。「THEハプスブルグ」展が開催されており、ウィーン美術史美術館とブダペスト国立西洋美術館の所蔵品の中から厳選された、ハプスブルク家ゆかりの作品が展示されている。開催期間は2009年12月14日まで。

展示品は主に王家の肖像画を含む絵画が中心。ハプスブルク家二大美女と言われるエリザベート皇帝とマリア・テレジア、そして皇帝たちの肖像画では、権力者たちの豪華な装身具やドレスの細部が見事に描かれている。当時のハプスブルグ家の栄華を象徴しているようで素晴らしく、見ていると王宮の世界へと引き込まれてしまうほどの迫力がある。

他の絵画もヨーロッパの名だたる画家たちの傑作ばかり。ルーベンス、レンブラント、エル・グレコ、ベラスケスなど、約50名の画家たちの秀作が一堂に会している。

絵画の他には、実際に使用されていた食器などの工芸品も展示されており、当時の王族の優雅な生活が垣間見られて面白い。明治天皇からオーストリア・ハンガリーの皇帝に贈られた画帖と蒔絵棚も展示されている。画帖には明治時代の日本の風景や人々の暮らしの様子が生き生きと描かれており、これも現代の日本人には大変興味深い。

今回展示されている120点は、ハプスブルク家が収集した芸術品の一部にすぎないが、それでも世界にその名をとどろかせている歴史的ファミリーのコレクションの偉大さに圧倒される。(パクチー)

参考URL:
ハプスブルグ展公式HP: http://www.habsburgs.jp/
国立新美術館のHP: http://www.nact.jp/
シェーンブルン宮殿: http://www.schoenbrunn.at/de/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

November 2009
M T W T F S S
« Oct   Dec »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 275,764 hits

Top Clicks