こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

ソニーとフィリップス、開発の歴史 Sony and Phillips: A Collaborative Partnership

Posted on: 2009/12/01

ソニーと、オランダの家電メーカー・フィリップ社との間に、共同開発の歴史があることをご存知でしたか? CD(コンパクトディスク)は1982年にソニーとフィリップスによって市場に導入され、今ではCD-ROMとして、コンピュータの外部記憶装置としても使われています。

70年代後半の音楽業界では、カセットに代わってデジタル記憶のディスクへ転換していく機運が高まっていました。当時、業務用PCMデジタルオーディオ機器で圧倒的シェアを得ていたソニーと、光学式ビデオディスクの規格を提唱したフィリップスが共同でCD技術を創造し、世界のレコードメーカーに働きかけた結果、音楽メディアの歴史的転換を迎えました。(下記URL参照)2社共同で開発したインタフェース規格「S/PDIF」がデジタルオーディオ製品やコンピュータで使用されており、デジタルオーディオ信号を送信するスタンダードの一つになっています。

今のティーン世代にとっては、CDよりもDVDなのかもしれません。かくいう私も、CDは過去の一時期にあったディスクメディア程度の認識で、その開発の歴史をこれまで詳しく知ることもなかったのです。

しかし、近年にも両社で共同開発された技術がありました。Suica、Edy、おサイフケータイに使われている非接触ICカード技術の“近距離無線通信規格(NFC)”。国際標準規格として承認され、今や、パソコンなどの機器、交通機関、オンラインクレジットサービス、各種会員証などに利用が進んでいます。ソニーが「FeliCa」、フィリップスが「Mifare」と商標登録したこの技術は、世界の交通機関で利用されています。(くるみ)

http://www.orsj.or.jp/~archive/pdf/bul/Vol.44_10_547.pdf

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

December 2009
M T W T F S S
« Nov   Feb »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 272,668 hits
%d bloggers like this: