こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

サントリーがフランスのシュウェップス社を買収 Suntory To Acquire France’s Orangina Schweppes

Posted on: 2009/12/01

 香港に住んでいたとき、「シュウェップス」ブランドの炭酸飲料をよく飲んだ。高温多湿の気候では、なぜかスカッとした炭酸水が飲みたくなる。せっかく外国にいるのだから、日本の飲料メーカーのものは避けたいと思っていたところ、洒落たラベルのこの銘柄が目に付いた。

そのシュウェップス社、正式名オレンジーナ・シュウェップス・グループが、驚くことにこのほどサントリーホールディングス社に買収され、なんと「日本製」のジュースとなってしまった。ネットニュースによれば、買収額は約26億ユーロ、日本円にすれば3000億円を越える金額で、かなりの大型な取引だったようだ。

 この清涼飲料水メーカーは買収前にヨーロッパ大陸内のみならず、世界60カ国以上に販路を拡大していた。08年の総売上高は約1383億円。どの国にも国内に飲料メーカーがあるだろうに、これだけ売れているというのは、民族、人種を超えて魅力的な味を提供しているためであろう。

たしかに主力商品の炭酸系シュウェップスに限らず、果汁ドリンクの「オアシス」「トリーナ」と品ぞろえも豊富で、私自身の香港時代の印象では、味も悪くなかった。ハイキングやテニスで汗まみれになったあとに、冷たくしたこの飲料は心も体もリフレッシュさせてくれたものだ。

 サントリー社は、これまでもヨーロッパでのビジネスに積極的だった。1983年にフランス・ボルドーの名門ワイン会社「シャトーラグランジュ」を買収したのを手始めに、コニャックメーカー「ルイ・ロワイエ社」、英国ではウイスキー会社「モリソン・ボウモア社」の経営権を取得し、すでに酒類の世界で確固たる地歩を築いてきた。

これらのヨーロッパ銘酒は当然、日本にも入る。サントリーと言われて、すぐに「ダルマ」「角瓶」「純生」しか思い出せない世代からすると、昨今の豊富な酒類、飲料のレパートリーに感嘆するしかない。(日暮らし)

http://www.asahi.com/business/update/0924/TKY200909240271.html
http://www.suntory.co.jp/news/2009/10577.html

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

December 2009
M T W T F S S
« Nov   Feb »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 277,119 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: