こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

サロンで深められた芸術と哲学 Female Intellectuals from Japanese and French History

Posted on: 2009/12/22

師走で冬空が続く中、たまたま天気の良い日に横浜に行き、港の見える丘公園にある県立神奈川近代文学館をのぞいてきました。偶然にも、日本初の女性歌舞伎作家・長谷川時雨の生誕130年を記念して、生い立ちから業績までを紹介する展示会が開かれていました。

長谷川時雨は、明治から昭和の時代を生き、第一線で女性作家の育成や社会啓蒙に努めた文学者です。日本初の弁護士の一人であった父と御家人家庭出身の母との長女に生まれ、親の方針で学問から遠ざけられて育ちました。

時雨は、独自の読書や華やかな交流の中から芸術の道を切り開きました。母が経営していた箱根の旅館・新玉の湯は当時、作家・知識人、有力者の集まる社交場。時雨はこの場所で感性や思想を深めていったのでしょう。激動する時代の中で活躍した女性を見たとき、フランス革命の時代に名を残したポンパドゥール夫人を思い出しました。

ポンパドゥール夫人はルイ15世の寵愛を受け、その美貌と知性で政治を陰で動かしていたといわれた女性です。銀行家の娘に生まれ貴族の子女以上の教育を受けて育ち、長じてのち超一流のサロンに出入りするだけでなく、自らサロンを開き、ヴォルテールなどの啓蒙思想家や芸術家との親交を深めました。

そもそもフランス革命時代には女性が活躍し、社会を動かし、歴史に名を残した人物が多くいます。いずれも、しなやかに、優雅に、たくましく、信念を持った女性の人生が垣間見えます。(くるみ)

http://www.kanabun.or.jp/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

December 2009
M T W T F S S
« Nov   Feb »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 282,953 hits
%d bloggers like this: