こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

来日したら、どんな俳句を詠むのかな International Takes on Haiku Poetry

Posted on: 2010/02/19

髪に風 何年たっても風はある 残念ながら髪はない―。

これは、あるベルギー人の俳句を、読売新聞の記者が翻訳したもので、1月11日に同紙に掲載された。実は、この俳句を作ったのは、新しいEU大統領となったヘルマン・ファンロンパイさん! 「ハイク・ヘルマン」と呼ばれ、大の俳句好きとして有名だとか。現在、日欧で句集を出版する構想も浮上しているというから、本格的だ。

さらに、この記事ではこんな句も紹介されていた。

ハエが飛ぶ、うなる、回る、部屋をさまよう、誰にも害は与えない―。

いい俳句を作るのには、まず観察眼とユーモアは欠かせない。俳人ヘルマンは、そういった意味でもかなりいい線をいっている。五月蠅いといって煙たがられるハエをテーマにするなんてなんと心憎い。それに、大した被害は与えないんだからっていう泰然としたところも俳聖となる素質を感じさせる。時代の先を読む鋭い観察眼と、みんなを和ませるユーモア感覚で、新生EUの舵取りをお願いしたい!(ロニ蔵)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

February 2010
M T W T F S S
« Dec   Mar »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

Blog Stats

  • 275,619 hits
%d bloggers like this: