こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

カラヴァッジョ Caravaggio

Posted on: 2010/03/05

400年前、ルネサンス終焉の時期に写実描写的作品を生み出したミケランジェロ・メリージ・ダ・カラバッジョは、イタリアバロック絵画の先駆者となり、残された名画は光と影によるコントラストで知られる。映画「カラバッジョ 天才画家の光と影」は、まさに彼の人生と作品を描いている。

音楽、映像制作にもイタリアの才能を結集させ、アート感だけでなく、時代背景も十分楽しめる映画となっている。監督はアンジェロ・ロンゴーニ、音楽はアカデミー賞を3度受賞したヴィットリオ・ストラーロ、音楽は「イル・ポスティーノ」でアカデミー賞を受賞したルイス・バカロフが担当。ローマ美術監督局最高責任者のクラウディオ・ストリナーティと美術史家マウリッツオ・マリーニが監修した。主役のカラヴァッジョはアレッシオ・ボーニが演じている。

絵に「光」を取り込むことになった秘話のシーンや、新教皇に献呈する「ロレートの聖母」を描くのに愛する女性をモデルにしたことを咎められてローマから流転するシーンに、光と影が映像に効果的に用いられている。

カラヴァッジョは、聖人も人間と考え、「聖マタイと天使」を描き、教会から拒否されている。このため、彼が描写する絵からは、“世俗的な人間”“聖人”、どちらともつかない人間のイメージを感じることができる。

映画の最後はゲーテの一説でまとめられている。その言葉とは、「カラバッジョが苦悩した、短い生涯で制作された作品は永遠性を持っている」。(くるみ)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2010
M T W T F S S
« Feb   Apr »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Blog Stats

  • 303,139 hits
Advertisements
%d bloggers like this: