こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

スペイン・アンダルシアと新潟・津南のひまわり畑の違い Sunflowers in Spain and Niigata

Posted on: 2010/03/26

背が高く、花弁も大きいひまわりは、その形や色が太陽のような印象を与えるだけに夏を感じさせ、心を浮き立たせてくれる。そのひまわりだけが集中的に植えられた場所がスペイン・アンダルシア地方にあり、丘陵一面に広がった黄色い花畑は圧巻だ。だが、当然のことだが、見られる時期が限られるのが難点だ。

イベリア半島の南端の都市セビリアから主要道路でコルドバに向かう途上にカルモナという町がある。この辺りは、なだらかな丘陵地形のままに一面ひまわりが植えられている。開花の最盛期は6月から7月にかけてで、アンダルシアの乾いた空気、澄んだ青い空とマッチして、花の鮮やかさが一段と増すという。

私がここを訪れたときは3月だったので、残念ながら、まだ背丈の伸びない緑の草が生えているだけ。ガイド氏は「この丘陵を見、形状を記憶したあとに、目をつぶって黄色いひまわりが満開になった光景を想像してください」などと言うが、虚しさを増すばかりだった。

スペインで経験できなったせいか、“見渡す限り一面のひまわり”という光景に過度のあこがれを持った。そこで、「日本にもないか」と探したら、意外にもかなりの数で存在していた。特に、広大な土地がある北海道の北竜市には約19ヘクタールに100万本以上が植わっている「ひまわりの里」があり、ここが日本一の規模。さらに名寄市には、12ヘクタール、約70万本の畑がある。

関東近辺にも中規模のひまわり畑が数多く、やはりこの花への思い入れを持っている人が多いことを物語っている。その中でも比較的有名な新潟県津南町の「ひまわり広場」を見てきた。信濃川沿いの段丘、沖の原台地にあり、休日でもあったので大勢の観光客で賑わっていた。

ただ、写真で見るカルモナのひまわり畑とは少し違う。思うに、その原因は気候だ。やはりひまわりは、乾燥した地中海気候の青空の中がいちばん似合うのでは。(日暮らし)

http://www.idemitsu.co.jp/moconet/archives/spot/hana2003/line1.html 

http://www.himawaribatake.net/list.php

http://www.geocities.jp/cocotabi_cafe5/spain.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2010
M T W T F S S
« Feb   Apr »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Blog Stats

  • 272,666 hits
%d bloggers like this: