こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

ハプスブルク家御用達、デメル Confections Fit for a Queen

Posted on: 2010/04/05

今、日本は空前のスイーツブームが続いていますが、先日かわいい猫が描かれた箱に入ったチョコレートを頂きました。細長いチョコレートの形が印象的で、聞くところによると、猫の舌の形を表しているそうな。

格式高いヨーロッパのスイーツみたいだなと思ったら、案の定ハプスブルク家ゆかりのウィーンで誕生した洋菓子店「デメル」のお菓子でした。デメルの歴史は長く、フランス革命の時代1786年にまでさかのぼります。1799年、ウィーン王宮御用達菓子となり、200年以上経った今でも世界最高峰のスイーツとして愛されています。

美貌の皇妃エリザベートが皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の誕生日に贈ったのがデメルのイチゴジャムだったという記録が残っています。また、そのフランツ・ヨーゼフ1世のお気に入りが「アンナ・トルテ」で、デメルの3代目女主人であるアンナの名を冠したトルテでした。ヘーゼルナッツの効いたチョコレートクリームとアンナジュース(オレンジピールやリキュールを配合)による大人の味わいです。

オーストリア皇帝としてヨーロッパに君臨したハプスブルク家の紋章をブランドマークにしており、まさに皇室御用達のお店。デパ地下でも最近はデメルのお菓子を入手することができますが、ウィーンに行って本場デメルのザッハトルテをいつか食べてみたいと思っています。(モコちゃん)

 
デメル・ジャパン
http://www.demel.co.jp/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

April 2010
M T W T F S S
« Mar   May »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Blog Stats

  • 282,874 hits
%d bloggers like this: