こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

ドビュッシーのピアノ曲「喜びの島」 L’isle Joyeuse

Posted on: 2010/04/09

先日足を運んだピアノ・リサイタル「午後5時のお茶会」で、また「あの曲」とめぐり合いました。クロード・ドビュッシー(1862年~1918年)作曲、ピアノ独奏曲「喜びの島」。この曲を初めて聴いた時、喜びで飛びはねるような躍動感、高音でリズミカル、それでいて難しいピアノの技巧を駆使するような演奏が強く印象に残りましたが、今回もその激しさを再び感じることになりました。

もともと「喜びの島」は、ルーブル美術館に所蔵されている、ロココ美術の画家ジャン・アントワーヌ・ヴァトーの作品「シテール島への巡礼」に、ドビュッシーが感動して作曲したと言われています。ドビュッシーの豊かな感受性、インスピレーションの高さに敬服します。

実生活におけるドビュッシーの女性遍歴は派手だったといわれています。二度目の妻となるエマ・バルダック夫人と婚前旅行したのがイギリス・ジャージー島で、喜びに満ちたここでの愛の生活が「喜びの島」には描かれている、という説もあります。

当時43歳という中年の域に達したドビュッシーが激しい愛の感情をメロディーに込めたと想像すると、また一段と曲に妖艶さが増すような気がしますが。

ちなみにこの曲は大ヒット漫画『のだめカンタービレ』でも登場し、マラドーナ・ピアノコンクール第3次予選で、のだめが演奏しています。(モコちゃん)

ドビュッシーの部屋
http://www.sky.sannet.ne.jp/nomura3/debussy.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

April 2010
M T W T F S S
« Mar   May »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Blog Stats

  • 277,119 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: