こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

フランス人写真家だから撮れる日本なのか? French Photographers Capture Unique Images of Japan

Posted on: 2010/04/16

東京日仏学院で開催中の写真展は、デジタル時代ならではの見せ方と鑑賞の仕方で、新しい。壁にかけられた写真は、10人の写真家のそれぞれ1枚ずつしかなく、彼らのプロフィールが書かれたキャプションがついているのみ。


それぞれの作品を見るのは、会場に並ぶ10台のPCスクリーンからだ。スライドショーが流れ、ヘッドフォンから写真家本人が選曲したバックグランド音楽を聴けば、作品世界に入ることができる。尤も、音楽を入れることで統一するにあたっては、賛否両論あったようだ。

外国人であるフランス人が日本を写すということは、いわゆる紋切り型の写真に見られてしまうのではないか、という点が、日本人写真家と評論家を交えた写真家の討論会でテーマにあがった。彼らの滞在年数も作品テーマの選び方や深め方に関係するのか、ということも論じられた。

どの写真家の作品シリーズも、視点や技巧の面で素晴らしかった。特に気に入ったのは「弁当」シリーズと「ウチマタ」シリーズ。これらのシリーズを見てもわかるように、私自身は、写真家個人のこれまでの人生経験と関心事が、被写体に顕著に表れると思う。日本はその撮影場所に過ぎない。(もう一言加えるとすれば、フランス人の撮る日本は日本人の注目を集めやすいのではないか、ということ。)

INVIT
来日のきっかけについても、もともと日本を専門にしていた写真家がいる一方で、シベリア鉄道で終着後、気づいたら28年も住んでいたとか、もともと興味があったわけではないが仕事や愛する人がいたためとか、まさに十人十色でなかなか興味深かった。(みかん)

10のまなざし、10の日本[フランス人写真家が捉えた日本]
2010年4月8日(木)-5月23日(日) 東京日仏学院
http://www.institut.jp/ja/evenements/9661

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

April 2010
M T W T F S S
« Mar   May »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Blog Stats

  • 279,892 hits
%d bloggers like this: