こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

基尺にこだわるヨーロッパの積み木 European Building Blocks

Posted on: 2010/05/26

基尺というのをご存知だろうか。「正立方体」の一辺の長さのことで、積み木遊びには欠かせない単位だ。たとえば、基尺が4cmの積み木なら、立方体を2つ重ねれば8cm。直方体の積み木も4×4×8でできているから、同じ高さになり、子どもはさらに積み木を重ねることができる。立方体を2つ重ねれば直方体だが、8つ使えば大きな立方体に。積み木で遊びながら、子どもは様々な法則を学んでいく。

積み木は幼児教育の祖といわれるドイツのフリードリッヒ・フレーベル(Friedrich Wilhelm August Fröbel)氏が作ったといわれている。氏いわく、遊びの中で、興味をもったものを正しく理解し、自由に表現するためには、形や色や数のことを正しく認識させなければならない。基尺が揃っているからこそ、子どもは形や数を正しく認識し、積み木を使って自由に遊べるのだ。

ヨーロッパには多くの玩具メーカーがあるが、各社基尺にこだわって積み木を作っている。スイスのネフ社(Naef)もそのひとつ。デザイン性の高い積み木で知られているが、そのほとんどが2.5cmの基尺で作られていることはあまり知られていない。基尺が同じだからこそ、さまざまな造形をした美しい積み木を組み合わせて遊ぶことが可能となる。日本人デザイナーによる作品もあり、子どもはもとより大人の創造力をも満足させてくれる。(酒バラ)

ネフ社のホームページ
http://www.naefspiele.ch/

Advertisements

1 Response to "基尺にこだわるヨーロッパの積み木 European Building Blocks"

mcm ハンドバッグ 鞄 激安 通販 http://www.xinpujingylcxpj.com/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2010
M T W T F S S
« Apr   Jun »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Blog Stats

  • 284,435 hits
%d bloggers like this: