こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

イギリス紳士が広めた雨傘 The English Gentleman and the Umbrella

Posted on: 2010/06/04

もうすぐ梅雨の季節です。
梅雨の時期には外出時に雨傘は欠かせないですね。
私たちがいつも当たり前のように使っている洋傘は、明治時代にイギリスから入ってきましたが、実は18世紀までイギリスでも雨傘は使われていませんでした。

傘の歴史はとても長く、エジプトやペルシャの壁画やギリシャ時代の絵にも描かれていますが、その長い歴史の中での傘の役割は日よけや権威のしるしでした。
雨用としての使い方が広がったのは18世紀。イギリス人のジョナス・ハンウェーという男性が、ペルシャの旅行中に雨傘として使われているのを見かけ、ロンドンでも雨傘として使用し始めました。それまでイギリスでは、雨が降ったら男性は帽子でよけるだけだったそうです。

当時、傘は女性が使うものというのが常識で、男性が傘を使うこと自体とても珍しく、しかも日よけではなく雨よけにつかったので、ハンウェー氏は変わり者扱いされたそうです。でも周囲の目を気にせず傘を使い続け、周りの人たちも見慣れていきました。後に傘屋が生まれ、英国紳士が好むステッキのような形になり、市民の生活に受け入れられていきました。

私たちがいつも使う洋傘の裏にはそんな物語があったのですね。(パクチー)

参考URL:
博多の傘屋のHP
http://www.hakata-kasaya.co.jp/torai.html

日本洋傘振興協議会HP
http://www.jupa.gr.jp/culture/rekishi/rekishi.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

June 2010
M T W T F S S
« May   Jul »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Blog Stats

  • 272,668 hits
%d bloggers like this: