こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

85歳でもバリバリです Eighty-five and Still Going Strong

Posted on: 2010/06/21

ふらんすと平仮名の誌名が洒落ている。フランスでも、仏蘭西でもない。やはりこの雑誌には、なぜか平仮名がよく似合う。

白水社の発行する『ふらんす』は、今年で創刊85年を迎える超老舗雑誌。1925年に『ラ・スムーズ』(種まく人の意味)としてスタートし、1928年より現在の誌名になった。現在の『ふらんす』の誌面は、「フランス語学習(初級〜上級)」と「フランス語圏文化紹介」の二本柱によって構成されている。A5判で全86ページ(*4月号のみ全124ページCD付)。日本で唯一の月刊フランス語学習誌だ。

編集長の丸山有美さん。

2005年に創刊80周年を記念して、『ふらんす 80年の回想』(白水社)が発行されたが、この本を読むと、『ふらんす』の執筆陣の充実ぶりに驚かされる。与謝野晶子に始まり、堀口大學、河盛好蔵、遠藤周作、渋澤龍彦、吉田秀和、生田耕作、津島祐子、辻邦生、鹿島茂、堀江敏幸など、ちょっと名前を挙げただけでも、う~んと唸ってしまう錚々たる顔ぶれだ。中でも、岸田國士が書いた「翻訳について」という文章が面白かった。特にモオパッサンへの言及が秀逸だ。「モオパッサンは、なんでもないやうで、やつてみると、どうにもならない。日本語にすると、味のつけやうがないのである。物にもよるが、下手をすると、俗つぽくなつて讀めないものになりさうだ。あゝいふことを書いてあれだけの文學になるのは、佛蘭西語の力ではないかと思ふ。しかし、それよりもほんたうは佛蘭西の文化の力である。」さすが、岸田國士だ。フランス文化の本質をずばりと言い当てている。

『ラ・スムーズ』の創刊号

編集長の丸山有美(あみ)さんは、「これからも、フランス語圏文化の多様な魅力を伝えていきたい」と言う。「昨年度はBD(バンド・デシネ)を表紙のテーマに据え、毎号選りすぐりの1冊をご紹介しました。BDとは、フランスやベルギーを中心としたヨーロッパのマンガ文化です。小誌の読者は、10代〜90代で男女比は半々。そのため、幅広い層に訴えかける文学性の高い作品を選んだのですが、当初は『若い層に媚びる表紙はやめてほしい』という声もありました。そこで、特集を組み、文学と同じように『物語』を味わうBDの楽しみ方を提案したところ、読者の反応が一気に好意的に変わりました。表紙のテーマは年度ごとに変えています。今年度は『パリ歳時記』シリーズ。季節の風物詩を、表紙写真と記事で取り上げています」

雑誌の廃刊が相次ぐ中、こうした良質な雑誌にはなんとしても頑張ってもらいたいものだ。(ロニ蔵)

https://www.hakusuisha.co.jp/france/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

June 2010
M T W T F S S
« May   Jul »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Blog Stats

  • 279,892 hits
%d bloggers like this: