こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for July 8th, 2010

ジョナス・メカスの『リトアニアへの旅の追憶』を観た。アメリカに亡命していたメカスが、27年ぶりに故郷リトアニアを訪れて撮影された1972年の作品だ。見逃していたこの映画が「EU FILM DAYS 2010」で上映されると聞いて、東京国立近代美術館フィルムセンターに足を運んだ。


映画はメカスが亡命先に選んだニューヨークの1950年代の風景から始まるのだが、リトアニアの映像が映し出された瞬間、とてもなつかしいデジャ・ビューに襲われた。ザラザラしていて、それでいてぬくもりを感じさせるノスタルジックな、まるで夢の中のワンシーンのような映像。おっとりとして、どこまでも無垢で、まるで19世紀の人々のようにゆったりとした時間の流れの中に生きている故郷の人々。突然歌い出したり、踊り出したりするのだが、それが実に自然で、なぜか「大地」というしばらく忘れていた言葉を思い出してしまった。みな幸福そうだ。でも、それは清涼飲料水のTVコマーシャルのような多幸性の笑いではない。素朴で、心の底からあふれ出てくる笑いなのだ。

ああ、こんな国に行ってみたい!

リトアニアの農民たちに宛てた手紙をまとめた『どこにもないところからの手紙』(書肆山田)の中で、メカスはこんな風に書いている。

誰もが皆、先に進みたがる。しかし、今は、後戻りするほうが、ずっと賢いと私は思う。私たちが失ったものを見、そして探し出すこと。〈前進〉という大義名分のもとで私たちは何を失ったか。多くのものを失っただけではない。私たちはすべてを失っているのかもしれない。空気、水、大地、河、小川、森、草花、歌、無垢、聖なるすべてのものへの信仰。
(村田郁夫訳)

『リトアニアへの旅の追憶』の中には、私たちが失いつつあるもののすべてが失われずに生き続けていると言ったら、言い過ぎだろうか?(ロニ蔵)

ハンドボールというスポーツをご存知だろうか。簡単に言えば、手で行うサッカー。40m×20mのコートで、各チーム7人が対決し、ゴールを奪い合う競技だ。ルールはバスケットボールに似ているが、歩けるのは3歩まで。ピボット(ボールを持っているプレーヤーが、片足を軸足としてフロアに固定し、もう一方の足を動かすこと)は認められない。また、バスケットボールよりディフェンスの接触プレーが認められているのが特長だ。

見所はなんと言っても、プレーヤーがジャンプをしてゴールをするシーン。ゴールの周囲6mはゴールエリアと呼ばれ、キーパーしか入ることができないため、ディフェンスはそのラインにそって並び、相手の攻撃を防ごうとする。そこでオフェンスはジャンプしてディフェンスラインの上からシュートを打ったり、ディフェンスの間をくぐり抜けながら、ジャンプシュートを放つ。圧巻なのがスカイプレーと呼ばれるフォーメーション。立ち入りできないゴールエリア上にパスをし、飛び込んだ選手が空中でキャッチをし、そのままシュートを放つのだ。

日本ではマイナーなスポーツだが、ハンドボールの本場・ヨーロッパではサッカーに次ぐ人気スポーツで、各国にプロリーグがあり、チャンピオンズリーグも開催されている。ドイツのブンデスリーグ2部のEHVアウェに所属する植松伸之介選手など、日本人選手も活躍しており、テレビ番組で話題になった宮崎大輔選手もスペイン一部リーグのアルゴペンダスで頑張っている(今シーズンは未定)。

“空中の格闘技”とも言われるハンドボール。ルールが分からなくても充分に楽しめるので、一度、ご覧あれ。(酒バラ)

宮崎大輔選手の公式ブログ
http://blog.pakila.jp/daisuke7/

地球表面積の約70%を占める海洋は、生態系の維持、レジャー、漁業などのほか、資源としての価値も改めて注目されています。世界では、たとえばユネスコで今年も5月に世界海洋会議(Fifth Global Ocean Conference at UNESCO)が開かれ、海洋ガバナンスや生命の保全などについて話し合われました。EUは2006年に海洋に関するグリーンペーパーを採択し、持続可能な海洋活用のためのビジョンを展開するための取り組みがなされています。

EU各国や自治体もこれまで対策を講じてきました。海洋資源が豊かで、複数の国が面する北海沿岸地域には、経済的・社会的・文化的アイデンティティがあります。これを守るため、国家を超えて北海沿岸の各自治体が参加するグランドデザイン・プロジェクト(NorVision)に、これまでEUが越境地域協力資金(Interreg)を提供してきた経緯があります。

またイギリスは、海岸部にトラストや国有地が多くあり、自然環境をガバナンスしています。同国は国際貿易航路が経由する港をいくつも有しており、環境負荷をかけない持続可能な資源利用を目指して、昨年末には海洋及びアクセス法案が制定されました。海洋管理庁が海洋開発の認可・管轄を一元化し、内陸部の淡水魚を保護するためにイングランド沿岸部にレクリエーション道路を設けるなどの内容を盛り込んでいます。

日本は6852の島嶼から構成されているそうです(財団法人 日本離島センター)。沿岸や海洋というコンセプトに目を向けるのもいいかもしれませんね。(くるみ)

EU海洋政策
http://www.deljpn.ec.europa.eu/union/showpage_jp_union.maritime_policy.php
http://www.jstra.jp/html/PDF/EUkaiyoukankyoukisei.pdf

Norvision
http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/chouryu/169/index.html

イギリス 海洋及びアクセス法案
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/23902/02390204.pdf

6月19日、スウェーデンのストックホルムの大聖堂で、ヴィクトリア王女とダニエル・ヴェストリングさんの結婚式が盛大に行われました。オランダやデンマークの女王など、各国の王族や政府関係者ら1100人が出席し、日本からも皇太子様が出席されました。

スウェーデンでは、以前は王位継承権は男子にしか認められていませんでしたが、現在では男女に関係なく第1子が王位を継承することになり、カール16世グスタフ国王の長女であるヴィクトリア王女が王位継承権を持っています。

片やお相手のダニエルさんは、オッケルボーという人口6千人の街出身の民間人。父親は市役所勤務、母親は郵便局勤務という、いわば“普通の家庭”に育った方だそうです。体育大学卒業後、スポーツ教育指導員となり、スポーツジムの経営者となりました。

お二人の馴れ初めは分かりませんが、二人は仕事をしながら8年間交際を続けたそうです。身分の違いから周囲からは結婚を反対されていたそうですが、長年の二人の愛が実り、ついに今年結婚できることに。

お二人の幸せそうな様子は動画などでも観られますが、王女様は満面の笑みを浮かべて本当に嬉しそう。。。。伝統的な結婚式が行われた後、二人は馬車に乗ってストックホルム市内をパレードし、市民の祝福を受けました。(パクチー)

スウェーデン大使館
http://www.swedenabroad.com/Start____4324.aspx

You Tube掲載されている結婚式の日の様子
http://www.youtube.com/watch?v=rfymq1YedBQ

6月、アイルランドとオーストラリアをつなぐ話題に興味を持ち、東洋大学で行われた日本アイルランド協会による公開講座に行ってきた。

ジョン・ミッチェル(John Mitchel: 1815-1875)という人物をご存知だろうか。アイルランドの愛国主義者で、青年アイルランド(Young Ireland)のメンバーある。1801年に英国がアイルランドを併合することになったが、それを撤回すべく政治運動を起こした。

青年アイルランドのメンバーは政治犯として、オーストラリアのヴァンディーメンズランド(Van Diemen’s Land)へ送られる。ここは、現在のタスマニア島である。地球最南下に位置し、固有の動植物が生息することで知られている。ヴァンディーメンズランドとは、東インド会社総督のアントン・ヴァンディーメンの名前からつけられ、1803年に英国の植民地にされた経緯がある。

政治思想犯としてのジョン・ミッチェルらは特別待遇を受け、仮出獄証(Ticket of Leave)なるものを与えられた。彼は島の中心から東側に位置する“ボスウェル”で生活することになったが、なんとか島を脱出。シドニーへ向かい、その後ニューヨークへ渡る。政治ジャーナリストとして週刊新聞“シチズン”を発行し、急進的な反英国主義を打ち出した。後に孫のジョン・ミッチェル(John Purroy Mitchel)はニューヨーク市長になっている。ニューヨークの後はアイルランドへ戻り、2度議員当選を果たした後に亡くなった。

アイルランドからオーストラリア、アメリカ、そして再びアイルランドへ。彼の人生の軌跡が、民族の歴史をつなげているようだ。(くるみ)


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

July 2010
M T W T F S S
« Jun   Aug »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Blog Stats

  • 304,160 hits

Top Clicks