こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

日・独・産・学すべてに有益となるイノベーション分野での協力とは? Japan and Germany, Cooperative Innovation and Research

Posted on: 2010/11/12

先日、ノーベル化学賞の受賞が決まった根岸英一教授、鈴木章教授は、記者会見で「若者は海外に出よ」「若い人もがんばれ」 と呼びかけた。日本人研究者が海外に行きたがらなくなっていることは、最近よく耳にする話だ。

そんな折、「知識源のグローバル競争における日独戦略的パートナー 協力進化の展望と可能性」と題して、日独の産学界から代表者を招いて東京で開催されたパネルディスカッションを傍聴した。

技術力や品質の高さへの追求など、共通する強みを生かし、日独が連携して研究を進めていくことが期待されている。そのためにはどのように目標を定め、進めていけばよいのだろうか。

パネリストのひとり、東京大学の濱田純一総長は、安定した時代は、経験豊かな教授の指導の下で若い研究者が学んでいくのが学問の世界では主流であったが、この時代には、変化に柔軟に対応できる若い人たちに活躍の機会を与えていくべきである、と発言。

日本学術振興会の小野元之理事長も、早急な研究成果を求めがちなトップダウンの支援ではなく、蒔いた種の中から将来性のある芽が出そうな研究を見抜き、若手研究者のイノベーションが製品化まで結びつくようなボトムアップ式支援の重要性を強調した。

ドイツでは既に、例えば製薬企業が実際に医薬品開発に学生を参加させて、製品化に役立てる試みがあるそうだ。高齢化社会など両国が取り組む課題について、文化の違いも研究チームでうまく生かしつつ、産学が協力していける環境が整うとよいと思う。(みかん)

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム
http://www.dwih-tokyo.jp/ja/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

November 2010
M T W T F S S
« Oct   Dec »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Blog Stats

  • 279,966 hits
%d bloggers like this: