こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

素朴な日用品を求め Consumer Demand for Simple Everyday Items

Posted on: 2011/01/28

日本橋馬喰町にある松野商店

日本と英国に、さりげない日常雑貨を求めて国内外を探し歩くユニークなショップがある。日本側は、東京は馬喰町に店を構える荒物雑貨問屋の松野屋。使い勝手のいい暮らしの道具を販売する老舗だ。イギリス側は、ロンドンはチェルシー地区にあるレイバー・アンド・ウェイト(L&W)。イギリスのみならず、ヨーロッパ中の生活雑貨を集めたセレクトショップだ。それぞれのオーナーの目指すところは、「自分たちが実際に使いたいもの」を集めて売ることだ。

日英それぞれのショップに並べられているのは、生活の必然性から生まれた道具であって、いわゆるデザイン雑貨ではない。例えば、松野屋で扱う商品は、町工場や農村で職人たちが一ひとつ手作りでつくった素朴な日用品だ。真竹と籐で編まれた「蕎麦揚げざる」とか、トタン製の「米びつ」などで、いわゆる1点ものの美術工芸品とは異なる。

 「僕にとって使い勝手がいい道具というのは、柳宗悦の民藝運動で生み出されたようなものではなく、手工業による中量生産品です」と松野屋の三代目社長である松野弘さんは言う。「高価なデザイン雑貨や芸術性の高い民藝作家の生活雑器を普段づかいで使える人は限られています。僕が求めているのは、身の回りに置いて実際に使ってみることで、何だか生活が楽しくなってしまうようなモノたちなんです」

 小さな町工場で作られた道具はそのまま都市生活者の空間にもってきても馴染まないと、松野さんは言う。そこで松野さんは、そうした素朴なモノたちに少しだけ手を加えることを考えた。例えば、栃木県で生産されている「座敷ぼうき」。部屋をちょっと掃く時に重宝するが、ほうき草を束ねる糸に赤やピンクといった蛍光色が何色も使われていて、ちょっとチープな感じだった。そこで、松野さんは束ねる糸を黒と赤に統一。それだけで、モダンな印象のほうきに生まれ変わり、お洒落な雰囲気になった。

 松野さんは、日本各地からこうしたスグレモノを探し出し、次々に救済していった。米びつ職人に依頼して作ってもらったトタン製のゴミ箱やCDケースなどはその良い例だろう。「米びつ」にネームケースを付ける工夫を施すだけで、スタイリッシュな収納ケースに蘇生させることができるのである。こうした取り組みをやっているのは自分だけだろうと松野さんは思っていたのだが、ロンドンでも同じようなことをやっているショップがあることを日本の雑誌の記事で知った。その時は、何だか面白そうだなと思っただけだったが、あるセレクトショップを介してこのショップを紹介された。それがL&Wだった。

ロンドンのチェルシー地区にあるL&W

 

昨年3月に松野屋を訪れたL&Wのオーナーであるサイモン・ワトキンスさんとレイチェル・ワーズ・モーランさんは、松野さんとすっかり意気投合してしまった。「無名のデザイン」を集めた日用品の展示会を開くことになったのもごく自然な成り行きだった。昨年10月に開催された、日英の生活雑貨たちが一堂に会した展示会(東京)では、来場者たちは共通する部分がいかに多いかを知ってみんな驚いていたという。

松野さんは、この展示会に集まったモノたちのことを、「民衆的手工芸品」ではなく、「民衆的手工業品」と呼ぶ。「自然食品」があるなら、「自然商品」があってもいいじゃないかというのが松野さんの考え方だ。シンプルで美しく、それでいて機能的な生活雑貨たちには、私たちの生活を見直す上でのヒントがぎっしり詰まっている。(ロニ蔵)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

January 2011
M T W T F S S
« Dec   Feb »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Blog Stats

  • 279,966 hits
%d bloggers like this: