こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for February 7th, 2011

報道によると、英政府が計画中のロンドン~バーミンガム間を約30分で結ぶ高速鉄道「HS2」向けに、中国政府が自国製車両の売り込みを目指し猛烈に動き始めた。英国駐在の中国大使が閣僚と活発な意見交換を行ったという。投資総額300億英ポンドの大事業で、当初は60編成、将来バーミンガム以北に延伸されると計120編成もの列車が必要となる。

中国サイドは仏アルストム社や独シーメンス社製に比べても遜色ない車両をつくることができ、しかも価格は半額だという。英国の関係者も「浮くお金は半端じゃない」と喜んでいるという。

中国製の高速鉄道車両を巡っては知的財産権の面で問題も指摘されるが、半額の魅力の前には不問となる可能性もある。しかし、鉄道という何十年も使うインフラを価格だけで決めても不安はないのか。高速鉄道の祖ともいえるわが日本。47年間、乗客の死亡事故ゼロという金には代えられない実績を武器に勝負を挑んではどうか。

(しおせんべい)

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

February 2011
M T W T F S S
« Jan   Mar »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

Blog Stats

  • 303,080 hits

Top Clicks

  • None
Advertisements