こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

トスカーナの贋作 Film in Tuscany: Certified Copy

Posted on: 2011/03/28

  • In: movie
  • Comments Off on トスカーナの贋作 Film in Tuscany: Certified Copy

「トスカーナの贋作」とは、第63回カンヌ映画祭で、ジュリエット・ビノシュが女優賞を受賞したイタリア・フランス合作の映画。2011年2月から日本で上映されている。

イタリア南トスカーナ地方の小さな町アレッツオで、講演に訪れたイギリスの作家(ウィリアム・シメル)はギャラリーを経営しているフランス人女性(ジュリエット・ビノシュ)に出会う。二人は、作家の新作のテーマである、芸術におけるオリジナルと贋作について論議した後、中世の美しい建造物が残る町として知られるルチニャーノへ向かう。しかし、カフェの女主人が二人を夫婦だと勘違いしたのをきっかけに、15年連れ添ったカップルを装いながら、夜9時までの旅を続ける。

映画は「贋作」についての作家のレクチャー場面から始まり、突然に「夫婦」の会話が紡ぎ出されていく。そこでは、男女の気持ちの違いから生じる口論の場面があるが、英語、フランス語、イタリア語で二人がばらばらに会話しているあたりに、装いを超えた本音のぶつかり合いも感じさせる。現実に留まりたい作家と、虚構の世界に入り込みたいジュリエット・ビノシュがぶつかり合うが、彼女の役回りからくるファジー感が全体に漂っている。

「夫婦」としての仮のシーンが折々に登場するが、恣意的な設定なのか二人の息合せから来ているのか、だんだん分からなくなってくる。そして、ストーリーの結末は、贋作か、真実か・・・。カンヌやヴェネチアで受賞暦のあるイランのアッバス・キアロスタミが監督を務めた。見る人によって捕らえ方が変化し得る不思議な映画的境地に魅せられる。(くるみ)

映画「トスカーナの贋作」公式サイト

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2011
M T W T F S S
« Feb   Apr »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 279,892 hits
%d bloggers like this: