こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

 「イギリスの助っ人」 Englishman Promotes Game of Shogi

Posted on: 2011/03/31

  • In: Comic | Culture
  • Comments Off on  「イギリスの助っ人」 Englishman Promotes Game of Shogi

今年もあっという間に3月をむかえた。3月は春の訪れが感じられる季節だが、時に真冬に逆戻りしたかのような、荒々しい天気になるときもある。

羽海野チカさん作のコミック『3月のライオン』は、高校生の将棋プロ棋士の青年が主人公。心に深い傷を負い、孤独な主人公が、近所に住む3姉妹との交流で、少しずつ、何かを取り戻していくストーリー。ほんわかした柔らかい絵が印象的なマンガだ。タイトルの『3月のライオン』は、イギリスのことわざ“March comes in like a lion and goes out like a lamb.”(3月はライオンのように荒々しくやってきて、羊のように去っていく)からとっているようです。

さて、2011年4月号『文藝春秋』に、羽生善治さんのエッセイ「将棋の海外普及」が掲載されていました。将棋の世界でも、海外へ将棋を広めていこうという機運が盛り上がっているそうですが、そんな中、強力な助っ人がイギリスにいます。コーンウォールという街に住む、トニー・ホスキングさんです。彼は英語で将棋の本を自費出版しているそうです。海外に将棋を広めるためには、貴重な存在と言えるでしょう。 さらに、今年で第5回目を迎える国際将棋フェスティバルが、初めて国外で開催されることになりました。場所はパリ、今年の10月27日から30日まで開催される予定です。(モコちゃん)

将棋の海外伝播などについてのブログ

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2011
M T W T F S S
« Feb   Apr »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 275,700 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: