こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

日本に希望の灯を!―EU諸国開催イベント A Ray of Hope: Events Held by EU States to Provide Support to Japan

Posted on: 2011/04/04

  • In: Culture | Fashion | Lifestyle
  • Comments Off on 日本に希望の灯を!―EU諸国開催イベント A Ray of Hope: Events Held by EU States to Provide Support to Japan

3月11日に東北・関東地域を襲った地震と津波の影響で、多くのイベントや展示会などが中止される中、4月2日(土)~8日(金)の一週間、デンマークを代表する72の家具メーカーとデザイナーたちによる展覧会、「WHITEOUT展」が、東京デザインセンターで開催される予定だ。

また、東京銀座三越でも、3月30日(水)~4月4日(月)にかけて、「北欧展~色とデザインの国々」が開催され、北欧デザインの鮮やかな色彩と温かい小物の数々で訪れた人たちの心を癒すことは間違いないだろう。

今回の地震の影響で、日本在住の外国人居住者の多くは自国へ退去してしまっている。特に外国人居住比率の高い東京では、その現状が顕著に表れており、普段街にはいたるところに外国人の姿が見受けられるのだが、今はそういった光景を見ることはない。引き続き予断を許さない福島県の原発事故の影響は、ここ東京においても少なからず影を落とし、水道水に乳児摂取基準値を超える放射性物質が含まれていたりと、深刻な状況は依然続いている。そういった状況下では、特に他国の人たちにとって、大きな心的負担となってしまうのは致し方ないことだろう。

また、計画停電により、東京の街は物理的な明るさを失い、そのためか、街全体も活気を失っている印象を受ける。無駄な電気を消費しないことには大いに賛成だが(むしろ、これまでどれだけ不要な照明を使用していたのだろうかと反省すら感じる)、ただ、東京本来の文化的・商業的なにぎわいがなくなってしまうのは、なんだか「東京らしさ」を失ってしまうようでさみしい気がする。

そんな中、先ほど紹介したように、こういった心が折れてしまいそうな時にこそ、一本のろうそくの光ではないが、各国の人びとの温かい支援や、芸術イベントの開催は、私たち日本人にとって希望の灯となっているのである。被災地の人びとにも、一刻も早い復興の日が訪れることを心から祈りながら、自分たちにできることや他の国々の人びとからの温かい支援などを、このブログを通して引き続き発信していけたらと思う。(さくら)

「WHITEOUT展」(駐日デンマーク大使館ウェブサイト)
http://www.ambtokyo.um.dk/ja/menu/AboutUs/News/WhiteoutDanishCabinetMakersAutumnExhibition.htm/

Exhibitions: Se 2010 WHITEOUT
http://www.se-design.dk/udstillinger_uk.php?id=39&type=1&r=1&alt=1

「北欧展~色とデザインの国々」(駐日スウェーデン大使館サイト)
http://www.swedenabroad.com/CalendarView____4371.aspx?slaveid=121569&showperiod=2011-03-30

「北欧展~色とデザインの国々」(銀座三越サイト)

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

April 2011
M T W T F S S
« Mar   May »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Blog Stats

  • 284,422 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: