こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

ウィーンから届いた鎮魂の曲 Musical Requiem for the Victims of the Tohoku Pacific Earthquake

Posted on: 2011/04/05

  • In: Disaster | Music
  • Comments Off on ウィーンから届いた鎮魂の曲 Musical Requiem for the Victims of the Tohoku Pacific Earthquake

ある雑誌企画のため、筆者はひと月ほど前からオーストリアのある団体と連絡を取り合っていた。東北地方太平洋沖地震の起こった3月11日の夕方、この団体から震災を見舞うメールが来たので、「東京の事務所は無事です」と短く返信した。

そうしたところ、なんとこの団体から、「今回の震災の犠牲者、被災者、その他の日本のすべての人のために作曲しました」というメッセージとともに、オリジナル曲(音楽オーディオファイル)が筆者のもとに翌日から次々と送られてきたのだ。

この団体の名前は、ヴェニーテ(Venite)会。オーストリアの女性作曲家レナーテ・シュピッツナー(Renate Spitzner)さんが主催する音楽団体である。ヴェニーテ会は、ウィーンを拠点に音楽活動を展開している。レナーテさんの息子ゲラルト(Gerald Spitzner)さんもまた気鋭の若手作曲家であり、この会のために曲を書いている。

ヴェニーテ会は、3月22日にはウィーン市内の教会で日本の犠牲者を追悼する演奏会を開いた。そこでは、『日本のために(Für Japan)』という題名の5部構成の組曲が演奏された。ヴェニーテ会は、この組曲も筆者に送ってくれた。日本から遠く離れた欧州の“音楽の都”ウィーンから思いがけず、震災で心身とも打撃を蒙っている私たち日本人がこのような“無二”の贈り物を受けることになり、筆者はいま温かい気持ちに包まれている。

ヴェニーテ会については、下に紹介する同会のウェブサイトのトップページに、日本語で同会を紹介する文が載っているので、ぜひご一読を。また、今月(4月)中旬発刊予定の駐日欧州連合代表部の広報誌“ヨーロッパ”(2011年春号)の中の「欧州の生活と文化」で紹介されるので、そちらもぜひお読みいただきたい。

今回ヴェニーテ会から贈呈された曲は、組曲『日本のために』を入れて5曲(全9編)。どれも演奏時間数分の室内楽曲だ。ヴァイオリンやオーボエがつむぐシンプルなメロディーが心にしみる。これらの曲(音楽ファイル)は、ヴェニーテ会のウェブサイトにアップされているので、ぜひ聴いてみて下さい。(じょぎんぐまん)

ヴェニーテ会のホームページ(一部ですが、日本語あります)
http://www.venite.at/

駐日欧州連合代表部の広報誌“ヨーロッパ”の紹介ページ

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

April 2011
M T W T F S S
« Mar   May »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Blog Stats

  • 282,953 hits
%d bloggers like this: