こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for June 2011

東京有楽町マリオン・朝日ホールで、6月23日(木)~6月26日(日)に、フランス映画祭2011が開かれた。第一回目は、横浜で1993年に始まり、その後毎年開催されている。

今回、12作品のうち『匿名レンアイ相談所』を鑑賞した。主人公は小さなチョコレート工場を経営するジャン=ルネと、その工場にセールス担当として採用されたアンジェリック。甘いチョコレートに囲まれた主人公たちの甘い恋愛模様を描く“フレンチ・ラブ・コメディー”、と一言で片付けてしまえばそれまでなのだが、この映画が、普通のラブ・コメディーと一線を画しているのは、この主人公が、二人して「あがり症」なのである。

「あがり症」とは、例えば人前に立って話をすると、極度の緊張でパニックになって、顔が赤くなったり、手に汗をかいたり、手足が震えたりする症状のこと。物語の中でも、二人は人間関係を築くことに不器用で、アンジェリックは「あがり症」克服のため、ワークショップに通い、ジャン=ルネは専門の医師にカウンセリングを受けている。症状は彼らにとって深刻な悩みなのだが、それを面白おかしく仕立てているのが、この映画を撮ったジャン=ピエール・アメリス監督の力量なのだろう。

ジャン=ピエール・アメリス監督(写真中央)           *写真をクリックすると拡大されます

映画を観終わったあと、アメリス監督のトークショーが行われた。監督自身が「あがり症」で、10年前に「あがり症」を主題にした映画を撮ろうと思い立ったらしい。つまり、この映画の主人公は監督自身の投影なのだ(さらに、主人公アンジェリックを演じたイザベル・カレ自身も、実はあがり症なんだそう)。

監督が語った言葉で印象に残ったことがある。「『あがり症』の人たちは極度の心配性で、ありもしないことを想像して、そのせいで不安のあまり、行動できず内にこもってしまう傾向があります。つまり挑戦することを恐れるんです。私がこの作品をコミカルに描いた理由には、考え方を一つ変えれば、人生はこんなにも楽しくできるんだ!ということを観ている人に知って欲しかったからなのです」。

監督自身も、映画という表現方法と出会い、あがり症を克服できたのだそう。自分を表現する場があれば、きっと誰しも、コンプレックスを個性に変えて、自信を持って前に向かって進んでいく勇気が出るのではないか。そんな希望を与えてくれる作品でもあった。(さくら)

フランス映画祭2011『匿名レンアイ相談所』
http://www.unifrance.jp/festival/2011/films/2011/05/les_emotifs_anonymes.html

『修道院へようこそ 心の安らぎを手にするための11章』を読み、日常の喧騒から離れて、安らかな気持ちになりたいと思いました。この本は、著者の35歳の女性編集者ジモーネ・コーゾックさんが、家族と離れ、日常の喧騒と離れ、ドイツ最古のシトー会のオーバーシェーネンフェルト女子大修道院に滞在したときの体験を綴ったエッセイです。日常の悩みやストレスを乗り越えるために、修道院での日常生活は多くのヒントを与えてくれます。

1700年もの歴史をもつ修道院では、今も祈りや瞑想、労働や食事の日課が定められています。朝5時半の祈りに始まり、午前の労働(庭仕事やパン工場での仕事など)、日に6回の祈り、夜8時半の大沈黙の時間まで、一日の日課が決まっているのです。著者はこの修道院での時間の流れに身をゆだね、自分自身を見つめ、心の安らぎを得るためのヒントを得ます。

心の安らぎは日々の生活の中にも取り入れられます。この一部を紹介すると、一日を瞑想か祈りの時間で始めることで、頭をすっきりさせ集中力を生み出すことができます。また、不快な事柄、やっかいな義務や性に合わない人間などを、一度別の角度から観察すること、夕方に一日を内省すること・・・などなど。私も日々の生活にとりいれてみよう。(モコちゃん)

  「経済犯罪」容疑で拘束されていた、芸術家で人権活動家の艾未未氏が22日、80日ぶりに釈放された。

  同氏の拘束事件に対する欧米の関心は高く、釈放直後の当人に取材した英BBCなど、欧米の各メディアが釈放を速報。国際人権NGOのアムネスティ・インターナショナルは「艾氏の保釈は大きな前進だ」とのコメントを発表した。

 拘束後いち早く艾氏の釈放を訴えたEU議会も、艾氏の釈放を受けて、「経済犯罪」を名目に政治的な抑圧を行うのは人権侵害だと中国政府を非難した。まるで艾未未氏が悲劇のヒーローとの扱いだが、当の中国市民の見方は冷めている。

 艾氏は著名な詩人の艾青氏の御曹司。北京五輪のメインスタジアム「鳥の巣」の設計にかかわった芸術家とされるが、中国市民からは、芸術的才能より出自の良さのため名前を連ねているに過ぎないとみられているふしがある。

  なにより今回の身柄拘束の理由とされた「経済犯罪」は2千万元(約308万米ドル)の巨額脱税容疑で、どうやら事実らしいのだ。同氏の個人資産も5千万元(約750万米ドル)と推定され、身分、財産ともに一般の中国市民からは雲の上の人なのである。

 雲の上の人が、人権擁護活動に熱心だったとしても、普通の中国市民にとって何の現実味がなく、ほとんど共感は呼ばないと思う。しかも、脱税した金持ちだとすれば嫌悪感すら呼ぶだろう。だから、中国当局も安心して身柄を拘束できたし、釈放する気にもなれたのだ。

  BBCが速報し、EU議会が中国政府を批判したとしても、中国市民の多くは反感を覚えると思う。艾氏が捕まるのは構わないが、外国人に自分の政府が非難されることの方が不愉快なはずだ。ならば、欧米は艾氏を持ち上げることで、何を実現しようとしているのか。欧米が中国政治に求める理想と、現実の中国社会との間に、大きなギャップがあるように思える。

今年は、チェコからソ連軍が撤退してからちょうど20年。これを記念して、全身をピンク色に塗装された1台の戦車が20年ぶりに首都プラハに入った。

 1991年4月のある日、奇抜な作風で知られるチェコの芸術家ダビッド・セルニ―(David Černý)は、国の文化遺産に指定されプラハ・スミーホフ(Smíchov)の野外に展示されていた戦車を突然、仲間と共に全身ピンク色に塗りたくった(無許可で行ったためセルニー氏は起訴)。同年6月、この戦車は、文化遺産登録を抹消された上でチェコ中央部レシャニ(Lešany)の軍事技術博物館で展示されることになった。

今回、ソ連軍撤退20周年を祝うために、レシャニからプラハに「再入城」することになった。ピンクの戦車は、軍事技術博物館からスミーホフまでトラックで運搬された後、特製いかだに載せられ、現在は展示用にモルダウ川に浮かべられている(7月1日まで展示)。

7月1日は、20年前にワルシャワ条約機構(ソ連の盟主とした旧東欧の軍事同盟)が正式に解消した日だ。この日に先立つ1週間、Week of Freedomフェスティバルが開かれる。ソ連軍の撤退とワルシャワ条約機構解消を祝うこのフェスティバルでは、ワルシャワ条約機構をテーマとする国際シンポジウムが開催されるほか、歴史資料の展示会や記念コンサートなどが行われる。また、在任中(1981~1989年)に対ソ強硬路線を採ったロナルド・レーガン元米大統領(2004年に93歳で死去)の生誕100年も祝われるという。

ベルリンの壁の崩壊(1989年)20周年や今回の駐チェコ・ソ連軍撤退20周年など、東西冷戦を回顧する歴史イベントがここ数年続いているのを感じる。それにしても〝つや消しピンク〝戦車の勇姿(末尾のリンク記事をチェックして下さい!)には、プラモデル世代として強烈に惹かれるものがある。(じょぎんぐまん)

・ピンクの戦車に関するCzech News Agency記事(チェコ語オリジナル版)
http://www.ceskenoviny.cz/news/zpravy/pink-tank-returns-to-prague-floating-on-river/653761?id=653396

・同記事の英語版
http://www.ceskenoviny.cz/news/zpravy/pink-tank-returns-to-prague-floating-on-river/653761

先日、日本好きなイタリア人とイタリア好き日本人が集う交流イベント、伊日アーモ(このブログでも以前紹介)に参加してきた。筆者は今回2回目の参加であったが、イタリアに留学した経験のある日本人の方や、イタリア文化会館にお勤めのイタリア人の方などとお話ができて、大変有意義な時間を過ごすことができた。

イベントでは、展示会も同時に行われていて、イタリア人イラストレーターのフィリップ・ジョルダーノ(Philip Giordano)氏の作品に釘付けになった。

彼は、ヨーロッパで注目の若手イラストレーターである。2010年にボローニャ国際絵本原画展でInternational Award for Illustrationを受賞したほか、パリのブックフェアーや、ポルトガルで2年ごとに開催されるILUSTRARTEに参加するなど、活動の場を広げている。また、ヨーロッパ各国の出版社と組んで、数々の絵本を創作、出版してきた経歴を持つ。

現在、東京在住のフィリップさんは、独自の視点から日本を捉え、それを自身の作品に表現している。例えば、彼はブログ上で、日本の色のコンビネーションを試してみたり、今年4月には、日本のおとぎ話「かぐや姫」をモチーフにした絵本(La Princesa Noche Resplandeciente)を出版。イタリア人アーティストとしての独自の視点で日本の伝統を表現し、日本人の観点からすると、思わぬ発見というか、その独創性に心奪われるのである。 

彼の作品は、7月2日(土)~8月14日(日)まで板橋区立美術館で開かれる、2011イタリア・ボローニャ国際絵本原画展で実際に見ることもできるので、是非足を運んでいただきたい。(さくら)

2011イタリア・ボローニャ国際絵本原画展(板橋区立美術館)
http://www.itabashiartmuseum.jp/art/schedule/next.html

フィリップ・ジョルダーノ氏のブログ「Pilipo」
http://www.philip-giordano-pilipo.com/

EUフォーラム(2010.08.25)「大人にも刺激的なボローニャ国際絵本原画展」
https://eueublog.wordpress.com/2010/08/25/bologna/

  • In: Culture | movie
  • Comments Off on 桃井かおりが主演、ラトビア人が監督した映画『AMAYA』 Kaori Momoi Starring in the Lativian film AMAYA

EUフィルムデーズ2011でラトビア映画『AMAYA』を観た。といっても、ラトビアはラの字も出てこない。舞台は現代の香港で、中国人の夫と桃井かおり演じる日本人の妻雨夜の周りで起こるいくつかのエピソードが、英語、中国語、日本語で交錯した国際色豊かなストーリー。

世界のどこの国でもおこりそうな出会いと別れと再会。監督の出身国を強調することなく、逆に、ある人が感じることを今やユニバーサルに共感することができる、まさに時代はグローバルだということを感じさせる映画だった。

旅行者ポールは、雨夜の働くマッサージ店に講習を受けにやってくる。出身はヨーロッパだが「小さな国で誰も知らないよ」と語らない辺りがラトビアを連想させたが、母親との電話の会話が英語だったので英国に移住した家庭に育ったのかも、と想像が膨らむ。

このポールを演じたのはリトアニア人ミュージシャン・俳優・音楽プロデューサーのアンドリュス・マモントヴァス。恋人と別れてから世界を放浪してきた自由人、世界の人と通じ合えるものを持っている世界人の雰囲気を上手く表現していた。テーマは人類愛?自分らしく自由に生きたいと願いつつも、実際はそれぞれが複雑な思いを抱えている、そんなところに見応えを感じた。    (みかん)

 

   文芸誌『すばる』の7月号に、フランスのノーベル賞受賞(2008年)作家、J・M・G・ル・クレジオが今回の大震災に関するメッセージ「荒ぶる神と人災を越えて―日本に寄せる期待―」を寄せている。編集部からの「日本の人々を励ます一文を書いてほしい」という依頼に応えたものだ。この文章では、こどもの頃から憧れてきた日本文化に対する思いを述べた後で、福島第一原発の事故について触れている。

   核エネルギーの危険性について、クレジオはこんな風に述べている。「チェルノブイリ事故の前年、あの原子力発電所は原子力技術が生んだ華として世間に紹介され、北米のさる物理学者、ラスムッセン教授という人ですが、ひとつの原子力発電所で事故が起こる危険は、ある町に隕石が降ってくる危険と同じぐらいに小さいと言明しました。日本は、模範的な勇気をふるって、この恐るべき状況に立ち向かっていますが、数カ月後にこの偉大な国民は、逆境のなかで孤独の重圧をひしひしと感じているかもしれないのです(中地義和訳)」。

   そして最後にクレジオは、黒澤明の作品『まあだだよ』を例に出して、その映画の中で、老教授が第二次世界大戦で焦土と化した東京で生き続けていこうとするときに、書物が希望となったように、世界の文化に寄与した日本文化(芸術、技術、文学、哲学など)が、日本再生の希望となると言っている。
   原発事故の出口が見えない状況だからこそ、私たちはこうした声にもっと真摯に耳を傾けるべきなのだろう。希望は常に文化の中にしかないような気がする。(ロニ蔵)


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

June 2011
M T W T F S S
« May   Jul »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Blog Stats

  • 271,050 hits

Top Clicks