こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

「ゲンスブールと女たち」 “Serge Gainsbourg: A Heroic Life”

Posted on: 2011/06/09

フランス60年代後半から70年代におけるポップミュージック界で中心的な役割を果たしたセルジュ・ゲンスブール。スキャンダラスなヒット曲「ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ」やフランス国歌のレゲエ風アレンジなどのエピソードでも知られる。日本では、今年没後20年を記念して3月には「ゲンスブール・ナイト2011」が催されたが、5月からはその生涯を描く伝記的映画「ゲンスブールと女たち」が公開している。

この映画は、単に伝記的映画として楽しむ作品ではないようだ。作品中に、アニメやCG、シャンソンやフレンチ・ポップスなどの音楽がちりばめられ、ゲンスブールや彼を愛した女性たち―ブリジット・バルドー、ジェーン・バーキン、ジュリエット・グレゴなど―を演じる美しい女優たちが登場している。ロマンスと音楽、そしてゲンスブールの才能が外側に向かって出て行くファンタジックなストーリーが楽しめる。そして破天荒ながらも、真実をつかもうとするゲンスブールの繊細さが伝わってくる。

「ゲンスブールの年」にふさわしく、映画皮切りの他にも音楽ドキュメンタリーDVDなども販売中だ。60~70年代の流行を作っただけでなく、その後のフランス・カルチャーにおいても影響力をもったゲンスブールの感性を見ていると、彼が存在していたら会ってみたいと思わせる。(くるみ)

映画『ゲンスブールと女たち』
http://www.gainsbourg-movie.jp/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

June 2011
M T W T F S S
« May   Jul »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Blog Stats

  • 284,422 hits

Top Clicks

%d bloggers like this: