こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

「ブリュッセル問題」は、ふたたび「パンドラの箱」となってしまうか?――長引くベルギーの組閣交渉 Will Dealing with Belgium’s Unresolved Issue Open Up a Pandora’s Box Again? A Look at the Drawn-out Cabinet Negotiations

Posted on: 2011/09/21

昨年(2009年)6月に連邦議会選挙が行われたのにベルギーに新しい内閣がいまだに誕生していないという文をこれまで2回(第1弾第2弾)書いたが、そのベルギーの「内閣不在期間」がついに450日を超えた。現在、8つの政党の間で連立交渉が、アルベール二世国王から取りまとめ役に指名されたディ・ルポ氏(フランス語系社会党党首)の下で続けられているが、連立協定の締結の目途はまだ立っていない。

ベルギーの事情に詳しくない人は、いったいなぜこれほどまでに時間がかかっているのか、不思議に思うだろう。実は、今回、「オランダ語vsフランス語」の言語対立の問題が交渉の決着を阻む最大のファクターとなっている。

言語対立問題とは、非常に大雑把に言えば、ベルギー国内がオランダ語を母語とする国民(オランダ語話者)とフランス語を母語とする国民(フランス語話者)に分かれて、互いの権利を主張し合っている状況のことである。ベルギーでは、目に見える形で国土が言語によって二分されている。つまり、北半分がオランダ語圏(フランドル地域)、南半分がフランス語圏(ワロン地域)である。さらに、首都ブリュッセルはオランダ語とフランス語の両言語圏であり、フランドル地域とワロン地域の境界あたりに、厳密にはフランドル地域の最南部に位置する(図①)。

〔図①〕 フランドル地域(北半分)、ワロン地域(南半分)及びブリュッセル(図の青い部分)(cc:nl.wikipedia)

 

もう一つ、言語で二分されているのが、政党である。1960年代から70年代にかけてすべての主要政党がオランダ語系とフランス語系政党に分裂した。連邦議会から市町村議会選挙に至るまで、フランドル地域ではオランダ語系政党の候補者だけが、ワロン地域ではフランス語系政党の候補者だけが出馬し、当選する。ブリュッセル首都圏地域では例外的に両方の言語系の政党が有権者から選ばれている。選挙の日が近づくたびにオランダ語系政党もフランス語系政党もそれぞれ自分たちの言語話者の利益の拡大・保護を声高に叫び、言語対立を再燃させている。

言語対立問題の一つに「ブリュッセル問題」があるが、今回はとりわけハードコアな論点のブリュッセル・ハレ・フィルフォールデ(BHV)選挙区の分割が組閣交渉において議論されている。BHV選挙区とは、ブリュッセル首都圏地域及びこれに隣接するフランドル地域の35の市町村が一つにまとめられた選挙区である(図②)。前述のとおりブリュッセル在住の有権者は、(オランダ語系政党のみのフランドル地域、フランス語系政党のみのワロン地域の有権者とは違い、)オランダ語系かフランス語系の政党のいずれかの候補者に投票することが可能である。しかし、ブリュッセルでは住民の8~9割がフランス語話者であるため、このBHV選挙区の当選者の8割以上はフランス語系政党からの候補である。
つまり、BHV選挙区ではフランドル地域の一部の市町村が、実態としてフランス語圏に近いブリュッセルと一緒にされてしまっており、そこにオランダ語話者の強い不満が存在するのである。

したがって、オランダ語系政党はことあるたびにBHV選挙区の分割、すなわちブリュッセルとフランドル地域の市町村とを切り離すことを要求している。一方のフランス語系政党は、BHV選挙区を分割すれば、フランドル地域の市町村に住むフランス語話者の権利が十分に保証されなくなるのを懸念し、現状維持を強く主張している。

実は、このBHV選挙区分割問題には、オランダ語話者にとりセンシティブな問題が含まれている。ベルギーでは、建国の祖がフランス語話者の都市ブルジョワジーであったことからフランス語だけを公用語とする時期が長く続いた。オランダ語話者は苦労の末、オランダ語をベルギーのもう一つの公用語と認めさせ、さらにオランダ語だけが公的に使用されるフランドル地域を打ち立てた。こうした経緯があるため、オランダ語話者にはフランドル地域にフランス語が流入することを忌み嫌う傾向が強い。

〔図②〕 ブリュッセル・ハレ・フィルフォールデ(BHV)選挙区。欧州議会選挙とベルギー連邦議会選挙に適用される。(cc:Gladiool)

ブリュッセルではここ数十年来、一部の地区の治安が悪化してきている。これを嫌ったブリュッセル在住のフランス語話者たちが、ブリュッセル近郊のフランドル地域の市町村にどんどん移住している。今ではブリュッセルに隣接するこれらの市町村の中にはフランス語話者が住民全体の半分以上を占める市町村が少なくない。このうちの6つの市町村ではフランス語による行政サービスが実施されている。こうしたフランドル地域の市町村にフランス語話者が次々と移住する現象を、オランダ語話者は「フランス語化」と呼び、強く反発している。オランダ語話者の中には、BHV選挙区も「フランス語化」を助長していると考えている者が少なくない。オランダ語系の政党がBHV選挙区の分割を主張することには、オランダ語話者の「フランス語化」に対する反発が背景にある。

同問題を含む言語対立問題は根の深い難題であり、これまで歴代内閣は先送りし続けてきた。前回の組閣交渉(2007年)の取りまとめ役だったレテルメ首相は、(前政権が「封印」してきた)言語対立の問題に取り組んだところ、組閣交渉を200日以上長引かせ、頓挫させた。その後、言語対立の問題を一旦先送りすることでようやく組閣交渉が再開されたのであった。

今回、オランダ語系の一有力政党がBHV選挙区分割を組閣交渉において優先的に議論することを要求(注:2012年の地方選挙を意識したものとみられている)し、残りの7党がこれを飲んだことから、言語対立問題の一つであるBHV選挙区分割問題が正面から議論されている。はたして同問題が再び「パンドラの箱」となってしまうのか、ディ・ルポ氏の采配を初め、今後の推移から目が離せない。(じょぎんぐまん)

【リンク】
ベルギー連邦ポータルサイト(英語版)
http://www.belgium.be/en/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2011
M T W T F S S
« Aug   Oct »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Blog Stats

  • 279,892 hits
%d bloggers like this: