こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for the ‘Animal’ Category

 みなさんは、マルチーズという犬をご存じだろうか?絹糸状の純白で、光沢のある被毛が風にたなびくあの犬である。ドッグショー(犬の姿形を審査する「品評会」)では、無類の強さを誇る犬で、日本を含め屋内犬としては定番の犬種である。
 一方で、みなさんはフェニキア人という名を聞いたことがあるだろう。紀元前、地中海全域を舞台に活躍し、その交易活動によって、古代オリエントで生まれた素晴らしい文明を地中海全域に伝えた人々である。いわゆるアルファベットの起源がフェニキア文字といわれ、今日の文明に多大な影響を残していった。ちなみにアルファベットのAは牛の頭の形を逆さまにしたものといわれている。
 一見つながりの無さそうなこの両者の関係、実は3,000年前に出会わなければ、現代社会でこんなにも身近な存在にはなれなかったかもしれない。

 マルチーズという名前は地中海のマルタ島からとったものとされている。もっとも、現在マルタ島でマルチーズを見かける事はない。そのマルタ島は、紀元前1,500年頃にはフェニキア人の貿易の中継地として、地中海諸国の中で最も殷賑を極めた場所だった。確かな裏付けはないが、もっとも有力な説として、マルチーズはアジア由来の小型犬をフェニキア商人がマルタ島に持ち込み、改良固定させたというものがある。初期のマルチーズは船員のペットとして船の中で飼育されることが多かったため、容易に貿易相手国に広まっていったそうだ。
 そして、これを皮切りに、紀元前500年頃のギリシャでは陶製の壷や皿に白色長毛のマルチーズの姿が描かれ、ついには墓まで建てたられるようになった。ローマ人はマルチーズのために詩や肖像を残している。エジプトでは歴代の王家が、金の器で食事をさせたといわれ、15世紀のフランスでは大流行犬となり破格の価格で取り引きされていた。マルタ島がイギリス領となった1813年以降は、ビクトリア女王をはじめとする王室貴族の寵愛を一身に受けるようになり、世界的に知られるようになった。
 人類が愛玩犬のために行なった事始めは、マルチーズのためだったとさえいわれている。

 今日、マルチーズがドッグショーに出陳された場合、かなり高い確率でB.I.S.(ベスト・イン・ショー、大会最優秀賞に相当)または、それに準ずる順位を獲得することが多い。世界中の人々との付き合いが長く、それぞれの好みを一身に受け入れ改良されてきたので、理想にもっとも近い犬種なのかもしれない。
 マルチーズを世界中にひろめたフェニキア人もまた、文字という形で欧米だけに留まらず、全世界中で生き続けている。政治的・経済的な要因はあるものの、ここまでたくさんの人々の生活に入ってきたのは、その都度それぞれの地の生活や習慣に合わせてきたからだろう。
  ―――この世の全てのモノは変化を繰り返し、その時の理想に近づこうとする―――マルチーズを見ていると、そんな思いを深く抱かせる。 (ばんどうたろう)

【リンク先】
●社団法人ジャパンケンネルクラブ マルチーズの紹介
http://www.jkc.or.jp/modules/worlddogs/entry.php?entryID=161&categoryID=9

●ウィキペディア フェニキアの紹介
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%82%A2%E4%BA%BA

●マルタ共和国政府ホームページ
http://www.gov.mt/index.asp?l=2

    前回に引き続き、犬について考える。

   我が家のシュウと同じ、チベット原産の犬でチベタン・マスティフという犬がいる。かつてアレキサンダー大王の大遠征に同行した犬といわれ、現在のマスティフ犬種のルーツといわれている。昔チベットでは、王宮内の守りはラサ・アプソ、王宮外の守りはチベタン・マスティフが担っていたそうだ。

   さて、犬という動物、言葉の世界ではその意味が文化や環境によって変化するようで、常にトモダチ、イイ奴というわけにはいかないようだ。犬が人類にとって、あまりに身近な存在だからだろうか。

 以下に英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語でできるだけ重複しないように、犬に関する語、ことわざなどを数例挙げてみる。

      <英語>
Every dog has his day.(だれでも栄えるときがある)
Give a dog a bad an ill name and hang him.(悪評をとったら最後)
Let sleeping dogs lie.(眠っている犬は寝かしておけ:やぶをつついて蛇をだすな)

 <フランス語>
Qui me amat, amet et canem meum.(私を愛する人は私の犬も愛する:あばたもえくぼ)
Qui veut noyer son chien l’accuse de la rage.(犬を溺死させたい者はその犬を狂犬病だという:理屈と膏薬はどこへでもつく)
les chiens écrasés(車にひかれた犬:新聞の三面記事)

 <ドイツ語>
Auf den Hund kommen.(犬に乗る:落ちぶれてしまったさま)
Den letzten beißen die Hunde.(最後の人は犬に噛まれる:他の人より遅く行動する人は罰を受ける)
Hundemuede(猟犬のように走り回って、クタクタに疲れ果てる)

 <スペイン語>
Al perro flaco no le faltan pulgas.(やせ犬にはノミがたかっている:泣きっ面に蜂)
Atar los perros con longaniza.(ソーセージで犬をつなぐ:他人の羽振りの良い様子を皮肉っぽく表現したもの)
El perro con rabia, a su dueno muerd.(怒り狂っている犬は、主人さえも噛む:激怒している者は正常でない、大変危険なようす)

 <イタリア語>
Essere come cani e gatti.(犬猫の仲:犬猿の仲)
Can che abbaia non morde.(吠える犬はかまない)
Fortunato come un cane in chiesa.(運が悪いことを嘆く)

 

 これらは、ほんの一部でしかないが、人間と犬の長い交流の歴史を感じ取れる気がする。
                                                                                    (ばんどうたろう)

 

・社団法人ジャパンケンネルクラブのラサ・アプソに関するページ
http://www.jkc.or.jp/modules/worlddogs/entry.php?entryID=159&categoryID=9

・社団法人ジャパンケンネルクラブのチベタン・マスティフに関するページ
http://www.jkc.or.jp/modules/worlddogs/entry.php?entryID=49&categoryID=2

 我が家のお犬様、シュウは国内での飼育数が2,000弱ともいわれるラサ・アプソ。いわゆるダライ・ラマ14世とチベット人のヒマラヤ越えに同行した犬で、日本でもお馴染みのシーズー犬の直接の祖先ともいわれている。欧米ではオリエンタル・タリズマン・ドッグ(東洋のお守り犬)と呼ばれ、ラップ・ドッグ(愛玩犬)として可愛がられ、シーズーよりも人気があるそうだが、日本ではほとんど見かけない。でも、何となく、どこかで一度は見たことがあるような不思議な犬だ。
 

 そんなラサ・アプソも、もしヨーロッパに渡らなければ、今頃は滅んでいたかもしれなかった。紫禁城内で飼われていたラサ・アプソやペキニーズ、シーズーなどは、宮廷犬として、ある時は見張り番、ある時は寵愛の対象、またある時は祭事の執行役にまでなって大活躍していたそうだ。それが、清朝末期に門外不出の禁を破り、イギリスを始め欧米諸国へ渡り、今では世界中に広がっている。

先週の日曜日、柏の葉キャンパスまでシュウのお見合いをしてきた。何せ、飼育数が非常に少ない犬なので、国内で血縁以外のラサ・アプソを見つけるのは、とにかく大変な苦労だ。幸い、今回はオフ会などで仲良くしていただいているラサ・アプソオーナーの方からのお誘いで、血統的にも問題なし。ちなみにシュウの父親は、イギリス生まれのイギリス育ちで、今は京都にいる。
結果は残念ながら・・・。こればかりは人も犬も縁なので諦めるしかない。(ばんどうたろう)                                                                                                                           

・社団法人ジャパンケンネルクラブのラサ・アプソに関するページ
http://www.jkc.or.jp/modules/worlddogs/entry.php?entryID=159&categoryID=9

・ウィキペディア内犬に関するページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8C


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2017
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 271,050 hits

Top Clicks