こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for the ‘Culture’ Category

フランスのポップ・ミュージック界でこの秋一番の話題作は、11月14日にリリースされたリュリュ・ゲンズブールのデビュー・アルバムだろう。シャンソンやフレンチ・ポップのファンならピンとくる名前のはず。フランスの国民的スターで、20年前に亡くなったセルジュ・ゲンズブールの末子だ。女優シャルロット・ゲンズブールは腹違いの姉である。

リュリュはリュシアンの愛称。父セルジュは57歳のときに生まれた男の子に自身の本名を受け継がせ、溺愛した。セルジュは1988年、2歳のリュリュをパリ公演のステージ上に半ば無理やり引っ張り出し、観衆に披露している。まだよちよち歩きを始めたばかりの幼子には、自分にどんな目が注がれていたのか、自分がどんな定めを負っていたのか、わかるはずもなかった。

この2年後、自分の死期を悟った父は、4歳になった息子にピアノを習わせる。ただし、自ら手ほどきすることはなかった。ピアニストだった父ジョゼフから受けた厳しいレッスンによい思い出がなかったからだ。リュリュが5歳の時、セルジュは死んだ。その日は一日中、ピアノの前から離れず、父がよく弾いてくれたディズニーのテーマソングで、悲嘆にくれる母を慰めたという。

リュシアンは8歳でパリ音楽院に入学し、ピアノを続けた。15歳の時、モデルだった母(芸名バンブー)と亡き父の曲をデュエットしたのが「プロデビュー」だ。その1年後には、端役ながら「銀幕デビュー」も飾っている。しかしそのまま芸能界入りする道は選ばなかった。18歳でパリ音楽院を卒業すると、ロンドンの音楽学校へ留学。音楽の才能をさらに磨き、英語力をつけ、名門バークリー音楽大学に進むためだった。親の七光りに甘えずに実力で勝負しようという堅実な選択と見ることもできるが、父の威光があまりにも強く残るパリを離れたかったというのが本音だったようだ。

希望が叶ってバークリーに進んだことで、音楽を職業とする進路はより動かしがたいものとなった。このころから、「ミュージシャンになる定め」を感じるようになったという。2009年には、父の信奉者であったミュージシャン、マルク・ラヴォワーヌのアルバムに曲を提供したり、姉シャルロットのアルバムに参加したりと、徐々にプロとしての道を歩み始める。

そしてセルジュ・ゲンズブール没後20周年の今年、満を持してと言わんばかりに華々しくアルバム・デビュー。父から受け継いだDNAを前面に押し出すのもためらわず、全16曲を父の作品で構成した。タイトルを『ゲンズブールからリュリュへ』としたあたり、さながら「2代目ゲンズブール」の襲名式といった感がある。

リュリュ・ゲンズブールのアルバム『From Gainsbourg To Lulu』(ユニバーサル)

フランスのポップ・ミュージック界における「2世歌手」というと、ジョニー・アリデイの息子ダビッド・アリデイを思い出すが、気の毒な「名前負け」の例としてあまりにも有名。-M-やアルチュール・Hは、ミュージシャンとして成功したが、いずれもルイ・シェディッド、ジャック・イジュランという偉大な父のファミリー・ネームを表に掲げることを避けた。リュリュが臆さず父の看板を背負ったのは、音楽の基礎をみっちり学び、ミュージシャンとしての力量に自信をつけたからなのだろうか。

しかし音楽誌「レザンロキュプティブル」のインタビューには、「これ以外の選択はなかった」と語っている。あえてここから出発しない限り、父の存在という重すぎる呪縛から逃れられないというのが偽らざるところだったのだろう。父へのオマージュとなったデビュー・アルバムは「通過儀礼」であり、これから「音楽でメシを食っていく」ための布石でしかない。

その力量についてだが、リュリュがデビュー・アルバムで自ら手掛けたアレンジは、原曲よりジャジーでモダンになっており、確かなセンスと才能を感じさせる。その歌声は、父譲りの嗄れ声に姉のウィスパー・ボイスを適度に混ぜたような味わいがある。ただし個性という点で、強烈な異彩を放った父とは比べようもない。本人もそのあたりは十二分に自覚しているはずである。作曲家としてのこれからに注目するべきだろう。

セルジュ・ゲンズブールといえば、ブリジット・バルドーやジェーン・バーキンなど華麗な女性遍歴でも知られる。リュリュはアルバムに収められた『ボニー・アンド・クライド』(父がバルドーとデュエットした60年代のヒット曲)で、米女優スカーレット・ヨハンソンを起用しているが、今のところ、この当代きってのセックス・シンボルとの浮いた噂は聞かない。この点でも、父のDNAに過剰な期待(?)を抱くのは見当違いということらしい。(ル・ジュスティシエ)

【参考資料】
リュリュ・ゲンズブール インタビュー(lesinrocks.com)
http://www.lesinrocks.com/musique/musique-article/t/68511/date/2011-08-02/article/from-lulu-to-gainsbourg-entretien-dun-heritier-doue/

【リンク】
リュリュ・ゲンズブール公式ウェブサイト
http://lulugainsbourg.artiste.universalmusic.fr/

 前回、前々回とウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を取り上げましたが、今回はそこから派生させたこぼれ話をお届けします。

 私がサイードを知ったのは、学生時代の授業が名著『オリエンタリズム』に触れたことがきっかけだったと思います。結局『オリエンタリズム』には腰を据えてかかれませんでしたが、その後も関心はつかず離れずといった感じで、朝日新聞連載の大江健三郎さんとの往復書簡など、なんとか追い続けていたことを思い出します。過去形ですが。

 他方、私がバレンボイムに対する関心を得たのは全く別経由で、ジャクリーヌ・デュ・プレというイギリス人チェリストを通じてでした。

 1945年生まれのデュ・プレは、幼少のころからチェロに親しみ、1961年に弱冠16歳にしてデビューを果たしました。その後、70年代前半にかけてエルガーやショパン、ブラームスのチェロ協奏曲などを数多く演奏し、名チェリストとしての地位を確立させました。当時の録音は現在も名盤と位置付けられています。

 デュ・プレといえば、その情熱的な演奏スタイルで有名ですが、当時の映像や写真からは、短いワンピースにローヒールで快活に歩く少女のようなデュ・プレ、長い金髪をかき上げながら厳しい面持ちでチェロに向かうデュ・プレ、演奏の合間に笑顔を除かせるデュ・プレなど、多くの異なる側面を垣間見ることができます。とても一つのカテゴリーでは括り切れない人物だったようですが、チェロという大きな楽器を体の正面に抱え、激しくも決して軸のぶれない彼女の演奏、その技術の卓越さと情熱にはとにかく圧倒されます。必見です。こんな風に弾けたらどんなに気持ちいいだろうか、と心底思わされます。

 さて、1966年、21歳になったデュ・プレは、演奏活動を通じて知り合った24歳のバレンボイムと結婚します。いわゆる、電撃結婚だったようです。この前後、バレンボイムは、時に指揮者として、また時にピアニストとしてデュ・プレと共演し、数々の名演を残しています。私が持っているデュ・プレのCDにも、バレンボイムとの共演が、演奏中の両者の写真と共におさめられています。

 しかしその後、デュ・プレには大きな転機が訪れます。その数年前から指先を含む身体の先端部分の感覚に異常を感じ始めていたとされますが、1973年には満足のいく演奏が行えなくなり、多発性硬化症と診断されるのです。多発性硬化症は原因不明の難病で、中枢神経系の脱髄疾患の一つです。チェリストとしての生命を絶たれたデュ・プレは、14年間の闘病生活の末、1987年に42歳の若さで亡くなります。これが夭折の天才チェリストと呼ばれる所以です。享年の若さもさることながら、彼女の演奏家としての人生が1961年からの10年程度と非常に短かったことは、残念としか言いようがありません。

 デュ・プレの死後、彼女が使っていた名器ダヴィドフ・ストラディヴァリウスは、ヨー・ヨー・マに寄贈されました。なお、1999年に、バレンボイムとサイードがウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団が初公演を行った際は、ヨー・ヨー・マもワイマールに駆け付けたそうです。他方、バレンボイムは、デュ・プレの死の翌年、1988年にはピアニストの女性と再婚しています。デュ・プレの生前からその方とは同棲生活に入っていたようで(その方も再婚)、いやはや、ですね。

 最後の蛇足ですが、私はそんなデュ・プレと誕生日が一緒です。
                                               (オラ!カティ)

【記事に関するリンク先】
・ジャクリーヌ・デュ・プレ オフィシャルサイト
http://www.jacquelinedupre.net/

 みなさんは、マルチーズという犬をご存じだろうか?絹糸状の純白で、光沢のある被毛が風にたなびくあの犬である。ドッグショー(犬の姿形を審査する「品評会」)では、無類の強さを誇る犬で、日本を含め屋内犬としては定番の犬種である。
 一方で、みなさんはフェニキア人という名を聞いたことがあるだろう。紀元前、地中海全域を舞台に活躍し、その交易活動によって、古代オリエントで生まれた素晴らしい文明を地中海全域に伝えた人々である。いわゆるアルファベットの起源がフェニキア文字といわれ、今日の文明に多大な影響を残していった。ちなみにアルファベットのAは牛の頭の形を逆さまにしたものといわれている。
 一見つながりの無さそうなこの両者の関係、実は3,000年前に出会わなければ、現代社会でこんなにも身近な存在にはなれなかったかもしれない。

 マルチーズという名前は地中海のマルタ島からとったものとされている。もっとも、現在マルタ島でマルチーズを見かける事はない。そのマルタ島は、紀元前1,500年頃にはフェニキア人の貿易の中継地として、地中海諸国の中で最も殷賑を極めた場所だった。確かな裏付けはないが、もっとも有力な説として、マルチーズはアジア由来の小型犬をフェニキア商人がマルタ島に持ち込み、改良固定させたというものがある。初期のマルチーズは船員のペットとして船の中で飼育されることが多かったため、容易に貿易相手国に広まっていったそうだ。
 そして、これを皮切りに、紀元前500年頃のギリシャでは陶製の壷や皿に白色長毛のマルチーズの姿が描かれ、ついには墓まで建てたられるようになった。ローマ人はマルチーズのために詩や肖像を残している。エジプトでは歴代の王家が、金の器で食事をさせたといわれ、15世紀のフランスでは大流行犬となり破格の価格で取り引きされていた。マルタ島がイギリス領となった1813年以降は、ビクトリア女王をはじめとする王室貴族の寵愛を一身に受けるようになり、世界的に知られるようになった。
 人類が愛玩犬のために行なった事始めは、マルチーズのためだったとさえいわれている。

 今日、マルチーズがドッグショーに出陳された場合、かなり高い確率でB.I.S.(ベスト・イン・ショー、大会最優秀賞に相当)または、それに準ずる順位を獲得することが多い。世界中の人々との付き合いが長く、それぞれの好みを一身に受け入れ改良されてきたので、理想にもっとも近い犬種なのかもしれない。
 マルチーズを世界中にひろめたフェニキア人もまた、文字という形で欧米だけに留まらず、全世界中で生き続けている。政治的・経済的な要因はあるものの、ここまでたくさんの人々の生活に入ってきたのは、その都度それぞれの地の生活や習慣に合わせてきたからだろう。
  ―――この世の全てのモノは変化を繰り返し、その時の理想に近づこうとする―――マルチーズを見ていると、そんな思いを深く抱かせる。 (ばんどうたろう)

【リンク先】
●社団法人ジャパンケンネルクラブ マルチーズの紹介
http://www.jkc.or.jp/modules/worlddogs/entry.php?entryID=161&categoryID=9

●ウィキペディア フェニキアの紹介
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%82%A2%E4%BA%BA

●マルタ共和国政府ホームページ
http://www.gov.mt/index.asp?l=2

10月26日、27日の二日間、ヨーロッパのテキスタイル、デザイン家具、照明、テーブルウェアなどを一堂に集めた「EU Gateway Program」のEuropean Designという展示商談会が行われた。

ヨーロッパ各国からの作品の中で、特に私の目を引いたのが、デンマークの二つのブランドだった。

まず、紹介したいのが、aidaという食器ブランド。今回、aidaは、デンマーク人若手アーティスト、ポール・パヴァ(Poul Pava)とのコラボレーションで作品を発表。“誰のなかにでもある子供心”をコンセプトに活動するパヴァ氏の独創的なキャラクターは、幼い子どもが落書きして生まれたような、愛くるしさと、カラフルな色使いで、遊び心が満載だ。デンマーク食器のシンプルで、かつ機能性に富んだ特徴を考えると、一瞬、これはデンマークブランドなのか?と疑ってしまいそうだが、新しい風、そして若手デザイナーを起用する点からすると、なるほど、デンマークの自由さ、寛容さというものが生んだデンマークらしい作品だなと納得するところもある。

微笑んでパチリ。aidaの輸入元、新潟の佐藤商会の本多さんと、aida のExport Manager Overseas、Sören Klosterさん

次に、オーフス(Århus)というデンマーク第二の都市で生まれた、ウォールペーパーやクッション、テキスタイルなどのインテリア全般を扱うferm-LIVINGの展示ブースにお邪魔した。設立者は、こちらも若手アーティストのトゥリーネ・アンデルセン(Trine Andersen)。元々はグラフィック・デザイン事務所として2005年にスタートし、その後、グラフィック・アートを生活雑貨に取り入れて現在の形になったそうだ。会社のロゴには、アンデルセン氏の夢に出てきたという鳥がモチーフとして飾られている。どの作品も、とても温かみがあり、寒く長い冬を余儀なくされるデンマークの家庭に、ちょっとした安らぎを与えてくれそうな優しいデザインが施されている。展示会場では残念ながらお目にかかれなかったのだが、壁に貼るウォールペーパーは、ついこの間、パリに行ったときに、かわいさのあまり思わず購入したばかりだが、いただいたカタログを眺めているとついつい買い足したい気分になる。(さくら)

ferm-LIVINGのロゴには創立者の夢にでてきた鳥がモチーフとして施されている

個性あるキャラクターが並ぶferm-LIVINGのブース

年末のフィンランド旅行に向けて、気分を盛り上げるために、最近では毎日ジャン・シベリウス(1865-1957)の作品を聴いている。フィンランドの生んだ偉大な作曲家シベリウスの作品としては、『交響詩フィンランディア』や『交響曲第2番』、『交響曲第5番』などが有名だが、最近はまっているのが、グレン・グールド(1932-1982)の『ソナチネ第1番〜第3番 キュッリッキ』。

特にソナチネ第一番がいい。グールドの弾くバッハやモーツァルトも勿論いいのだけれど、このソナチネには、グールドの持つ別の側面の魅力が感じられるような気がする。消え入る音の余韻のようなものによって、逆に音を浮き上がらせるというか。じっと耳を傾けていると、淡いかすかな光が夜明け前の空にじわじわと染み込んでいくのを眺めているような気分になってくる。

従来グールドが見せる強いアタックによって度肝を抜くような破壊性は感じられないが、何かを紡ぎ出しながらも、コアの部分をじわじわと浸食していくとでも言ったらいいのだろうか。そのもどかしさが何とも言えずいいのだ(一度実際に聴いていただかないと、この感じがうまく伝わらないと思うけれど…)。

シベリウスは死に際して、フィンランドの森と湖に想いを馳せて、「自然はかくも美しい。その自然と別れるのが辛い」と呟いてあの世に旅立ったという。そんな彼の言葉を思い浮かべながら、繰り返しソナチネ第一番を聴いていると、フィンランドの幻想的なイメージが静かに立ち現れては、また消えていく。(ロニ蔵)

 前回に引き続き、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(West-Eastern Divan Orchestra)についてお話をしたいと思います。

 1999年にドイツ・ワイマールにおいて創設された同管弦楽団は、その後、スペインのアンダルシア地方に拠点を定め、アンダルシア自治州の支援を受けながら、ワークショップや演奏会のツアーといった活動を続けています。2011年現在、同楽団は105人の団員を抱え、その構成は、アラブ諸国出身が41名、イスラエルが37名、スペインが22名及びその他国籍が4名であるそうです。加えて、さらに若い音楽家達からなるオーケストラ、アンダルシア管弦楽団も編成されており、アラブ諸国出身の17名、イスラエル出身の6名、及びスペイン出身11名が、選抜体であるウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団への入団を目指して練習に励んでいるそうです。

 2004年には、同自治州の支援により、音楽家の育成と音楽を通じた平和教育を促進させる目的で、バレンボイム・サイード財団が設立され、同管弦楽団以外にも様々な活動が行われるようになっています。フラメンコと闘牛で有名アンダルシア地方ですが、紀元前2世紀に古代ローマ、5世紀にはゲルマン系の西ゴート王国、8世紀にはイスラム系のウマイヤ朝の支配を受け、13世紀以降はキリスト教諸国による国土回復運動(レコンキスタ)征服が進むものの、1492年にスペイン王国に統一されるまではイスラムの支配が残ったという経緯を持っています。ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団は、異なる歴史的、文化的、社会的背景を持つ若者による音楽活動を通じた関わり合いの場であり、アンダルシアは、その本拠地たるにふさわしい歴史を歩んできた地であると言えましょう。

 EU諸国の財政問題が喫緊の問題とされている昨今ですが、10月18日、大手格付け会社ムーディーズは、スペインのソブリン格付けを「Aa2」から「A1」へと2段階引き下げると発表すると同時に、同国の自治州の財政状況についても、今年度の財政赤字抑制目標を達成できないであろうとの厳しい評価を下しました。大きな財政赤字を抱えるEU加盟国に対しては、経済ガバナンスのより一層の強化が求められていますが、スペインでは、医療や教育など生活に不可欠な社会サービスの責任を負っている自治州に対しても、財政赤字抑制要求の矛先が向けられているようです。その影響あってかどうか、バレンボイム・サイード財団についても自治州からの財政支援の停止まで取り沙汰された(ている?)ようで、今年は15%の予算削減を余儀なくされたとのことです。他方、8月のスペインの新聞は、バレンボイムが今夏もセビリアを訪れてウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を指導したこと、そして同楽団が今年も世界ツアーを敢行したことを報じており、何よりです。今後とも、同財団による音楽家の育成と音楽を通じた平和教育が続いていくことを期待します。

 他方、10月31日には、ユネスコの総会でパレスチナの正式加盟の是非を問う採決が行われ、圧倒的な賛成多数で可決されたとのニュースも流れました。パレスチナの国連加盟を巡る協議が続くなか、イスラエルやアメリカは、和平交渉を妨げる一方的な動きであるとして強く反発。イスラエルはユネスコに対する資金拠出の凍結を決定し、ユネスコ最大の資金拠出国である米国も資金拠出の凍結の可能性を否定しない状況となっています。

 やれやれ、音楽と社会。

(オラ!カティ)

【記事に関するリンク先】
●バレンボイム・サイード財団(スペイン語、英語)
http://www.barenboim-said.org/en/inicio/index.html

●ムーディーズ格付け情報(英語、2011年10月19日スペインのサブソブリン格付け引き下げ)
http://www.moodys.com/research/Moodys-downgrades-Spanish-sub-sovereigns-negative-outlook–PR_228335

●エル・パイース(スペイン主要紙)記事(スペイン語、音楽と平和(2011年7月29日))
http://www.elpais.com/articulo/revista/agosto/Barenboim/vuelve/arena/elpten/20110801elpepirdv_1/Tes

●エル・パイース(スペイン主要紙)記事(スペイン語、バレンボイム再来(2011年8月1日))
http://www.elpais.com/articulo/andalucia/musica/argumento/paz/elpepiespand/20110729elpand_14/Tes

EUの展示商談会「EU Gateway Program」のEuropean Designに今年も行ってきた。約40社が出展、来場者は2日間で約580名に上った。私が個人的に興味を持ったのは、デンマークのステルトン社。デンマークの家庭やオフィスでよく見かけたポットは、代表的なデンマークデザインといえる商品で、日本でも既に知られている。それにしても、なぜ今日本に?

主に卓上用品を製造するステルトン社は昨年2010年で50周年を迎えたデザイナー商品の老舗。デンマークのトップデザイナーであるアルネ・ヤコブセンエリック・マグヌセンのクラシックな作品から、日本人を含む現代デザイナーの作品までを取り扱う。輸出担当取締役のクリスチャン・エルネマン氏に話を聞いた。

2011-12年18色で展開するヴァキューム・ジャグ

国外での主な市場は英国や米国だが、今後は日本でもデパートを中心に販売を拡大していきたいとのこと。50年前にデザインされたマグヌセンのコーヒー・ポット(ヴァキューム・ジャグ)が今でも人気が高いのは、シンプルで、ストレートに機能を追求した、時代を超えた(Timeless)デザインだからだという。50年前にデザインされたヤコブセンのシリンダ・ラインは、現在を通り超え、未来を舞台にしたハリウッドのSF映画に違和感なく溶け込んでいたとか。

 

ポール・スミスとコラボしたシリンダ・ライン「ステートメント」

今年の展開は、前述のポットのカラーバリエーションが増えて登場。また、昨年の50周年記念に続き、英国のデザイナー、ポール・スミスとコラボレーションした新しいシリンダ・ラインを限定発売する。

伝統的な人気に満足することなく、基本を守りながら新しさも取り入れ、消費者の心をつかむこのデンマーク企業は、日本のファンをさらに増やすに違いない。 (みかん)

 

【このほか、European Designに出展していた注目企業】
● 屋外で使える家具を扱うドマーニ (ベルギー)
● ソファが人気のイーゴ パリス (フランス)
●大型家具ならファマ (スペイン)


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2017
M T W T F S S
« Jan    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Blog Stats

  • 273,919 hits

Top Clicks