こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for the ‘Culture’ Category

バワがオフィスとして使っていた場所は、現在カフェに。コロンボのギャラリーカフェ(内部)

スリランカの建築家ジェフリー・バワ(1919-2003)は、20世紀半ばから後半にかけて南アジアを中心に多くのリゾートホテルの設計を手掛け、「トロピカル・モダニズム」の旗手とも言われる。作品のいくつかを訪れ、現地の植物やフォークロアなタッチをうまく取り入れ、空間を大きく使ったモダンな建物は、初めて訪れた人でも快適に過ごせる印象を受けた。 

欧州の血を引くバワは、英国で法律を勉強し弁護士となるが、欧米各地を旅した後、英国に戻って建築の勉強を始め、30代後半で建築の学位を修める。デンマーク人建築家(ウルリーク・プレスナー)をパートナーとして建築事務所で仕事を始め、生涯に手掛けた作品の数は多い。ホテルのほかに個人邸、学校、そして国会議事堂に至るまで。 

ブルーウォーターホテル

当時の潮流、モダニズムを欧州で学び、スリランカの伝統も取り入れた設計は、「バワ・スタイル」としてその後のアジア建築に影響を与えていく。バワに影響を受けた次世代の建築家たちも英国やデンマークに留学し、母国に戻って教鞭をとっているそうだ。

 

ブルーウォーターホテルから海を臨む

バワを1番身近に感じることができるのは、ルヌガンガと呼ばれる彼の自邸だろう。バワは、ゴム畑だった広大な土地を買い取り、50年かけて理想郷を実現すべく様々な実験を試みた。彼が強くこだわったものの一つは景観だ。目の前からその先まで重なる景色。彼が自邸で最も気に入っていた景色も、シナモン・ヒルと呼ばれる丘から見えるそうした眺望。彼の遺灰は壺に納められ、この丘に安置されている。    (みかん、写真も)

ルヌガンガ。手前は日時計

                       

ルヌガンガ。バワの眠るシナモン・ヒル

                                                                                     

ルヌガンガ。壁はなく庭とその先の湖が見晴らせる

ベントータ・ビーチ・ホテル

  

 

 

 

 

 

 

(参考資料)
Blue Water Hotel
Bentota Beach Hotel
a+u No.489 (2011年6月) 特集:ジェフリー・バワ ― スリランカのエッセンス

Advertisements

一本の線が描かれる時間というのはほんの数秒のものだろうが、その繊細で憂いをふんだ線が生まれるには、想像を絶するような時間が必要だったに違いない…。

「ウィーン工房1903-1932」展(パナソニック電工汐留ミュージアム)で展示されていたフェリーチェ・リックス(1893-1967)の壁紙「そらまめ」の描線を眺めながら、ふとそんなことを思った。
とにかく実際に見ていただくのが一番いいのだが、その淡い色づかい、ポップな感覚、ふわふわとした浮遊感…、眺めているだけで思わずウキウキしてきてしまう。展覧会は初秋だったけれど、この「そらまめ」を見た瞬間、その周辺が春の爽やかな陽射しに包まれてしまった。

ウィーンの富裕な事業家の家に生まれたリックスは、ウィーン工芸学校でウィーン工房の創立者の一人であるヨーゼフ・ホフマンの教えを受ける。卒業後、ウィーン工房に入り、テキスタイル、陶芸、ガラス、七宝図案などの多くの作品を発表し、モダニズムの先駆者として活躍した。

そんなリックスの前に現われたのが、ウィーンに留学中の上野伊三郎(1992-1972)だった。京都の宮大工の家に生まれ東京で建築を学んだ上野は、建築を学ぶためホフマンの建築事務所に勤務していた。運命的な出会いをした2人は1925年に結婚し、翌年に活動拠点を京都に移した。上野は「上野建築事務所」を開設し、リックスはその美術工芸部の主任となった。上野リチと呼ばれたリックスは京都の伝統職人たちから伝統技法を学び、独自の意匠世界を切り開いていった。

戦後、二人は京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)で教鞭をとり、日本の美術界に大きく貢献した。東京でリチの作品をご覧になりたい方は、日生劇場の地下レストラン「アクトレス」へどうぞ。金地に色鮮やかな花模様が描かれた彼女の壁紙を天井や壁面に見ることができる。これは襖紙に描かれたもので、日本の「障壁画」の技法と彼女のモダンデザインが融合したものだそうだ。(ロニ蔵)

今年、平泉(岩手県)と小笠原諸島(東京都)がユネスコの世界遺産に登録され、日本中が歓喜に沸いた。まさに、日本にとって「世界遺産YEAR」といっても過言ではないだろう。それを意識したわけでもないのだが、今年の夏、ベルギーにある世界遺産「ブルージュ歴史地区」を訪ねてみた。

ブルージュ歴史地区は、首都ブリュッセルの北西に位置し、特急で1時間ほどの距離にある。旧市街には運河が張り巡らされ、その周囲をギルドハウス(ベルギー特有のギザギザ屋根の建物)やゴシック建築の歴史的建造物が囲み、まるで中世にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えるほどだ。

船上クルーズ。街歩きとはまた違った魅力を体験できる。

運河クルーズもさることながら、夜のブルージュはまた何とも感慨深い。雨に濡れた地面と霧がかった町並みが、その雰囲気をより一層引き立たせてくれる。
「街全体が美術館」と称される意味が分かるような気がする。

 ブルージュで有名なのが、ボビンレースと呼ばれるレース編み。北海につながる運河のおかげで、15世紀には織物産業による隆盛期を迎えた。その後、ブルージュは衰退の一途をたどるが、19世紀に以前の活気を取り戻し、今では国内外から観光客が訪れる魅力的な街に成長している。 

世界遺産に登録されると、街の景観が乱れ、本来の環境が破壊されてしまわないかと危惧してしまうが、こうやって注目を集めることでより一層素敵な土地へと成長できれば、世界遺産に登録される意義があると私は思う。いつか平泉と小笠原諸島へも足を運んでみたいものだ。(さくら)

夜のブルージュ。雨に濡れた街もまた趣がある。

[URL]
水の古都ブルージュ(ベルギー・フランダース政府観光局)
http://www.visitflanders.jp/what_to_do/travel/hitoritabi3/plan/brugge.html#plan1

Historic Centre of Brugge (UNESCOサイト)
http://whc.unesco.org/en/list/996

ひと月前に、長引くベルギーの組閣交渉について「組閣交渉の関係者がオランダ語・フランス語の言語対立問題に正面から取り組んでしまったことが『パンドラの箱』となってしまうか」という文を書いた(当該過去記事)。筆者はこれで組閣交渉がさらに長期化すると100パーセント予想していた。

ところが、なんとそれからまもなく組閣交渉の取りまとめ役のディ・ルポ(Elio Di Rupo)フランス語系社会党党首のイニシアティブの下、ブリュッセル・ハレ・フィルフォールデ(BHV)選挙区分割問題当該過去記事参照)が決着してしまった。
言語対立問題の代表格であるBHV選挙区分割問題は何十年来の「解決できない問題」であり、筆者がベルギーに住んでいた間も難攻不落ぶりを誇っていただけに、今回の決着のニュースを知ったときは、「え!解決したの?」と驚愕が何よりも先に来た。

今回BHV選挙区分割問題が決着したのは、同選挙区の分割を拒絶し続けてきたフランス語系政党側に対してオランダ語系政党が分割の「見返り」を提示し、それが仏語側に受け入れられたからである。組閣交渉での討議内容が一切非公開ということもあり、「見返り」の内容は上記の「決着報道」から半月以上たってから明らかになった。その内容は、フランス語系住民に十分に配慮したブリュッセル首都圏地域の改革などである。

今回の成功の理由は、組閣交渉の取りまとめ役がオランダ語系ではなくフランス語系政党の党首であったことである。過去の組閣交渉ではオランダ語系政党が主導権を握り、少数派のフランス語系政党が頑なな態度をとるのが典型パターンだった。今回、フランス語系社会党党首がイニシアティブをとったことで、フランス語側が主体的に問題に取り組んだのだった。

これに加え、「新フランドル同盟」というフランドル地域(オランダ語圏)最大の利益代表政党が、この夏に組閣交渉の場から去ったことが成功に結びついた。新フランドル同盟は今回(2010年6月)の連邦議会選挙で大勝したが、協議の進め方に抗議して新政権への不参加を表明した。このフランドル主義のハードライナー(強硬路線支持者)の退場により、オランダ語系とフランス語系双方の歩み寄りが実現しやすくなった。

言語対立問題という難題に一区切りをつけたディ・ルポ党首に残された最後の大仕事は、新政権の参加政党を決め、閣僚人事を行うことである。内閣不在期間は500日に届こうとしている。ベルギー有数の金融機関デクシアの解体に直面し、ベルギーの政治経済に強い不安を覚える国民も多いが、このタイミングで国民に強い期待感を抱かせることのできる新内閣が発足され、力強く船出することを願っている。
(じょきんぐまん)

経済広報センターと日独センターの共催シンポジウム(9月30日)「日本再建~変貌する国際関係への視点も含めて~」についての続き。

基調講演を行った植田隆子・国際基督教大学教授は、中国が台頭しアジアへの関心が高まる中、かつての日米欧の勢力関係は時代に即しているのかというテーマを提起した。アジア太平洋地域はアメリカの影響が大きいためEUが参入できていないという現状があるが、偶発的な衝突で危機が高まる可能性のあるアジア太平洋地域においては、日米欧の関係は秩序やルール作りに貢献できる点があるとされた。そのために、安全保障対話の場を常設する必要と、その機能を東京に置くことで地域の安定が図られるのではとの結論だった。最後にヘンリー・キッシンジャーが中国の存在を大戦前におけるドイツの台頭になぞらえたことを引用されて話を終わられた。今日の国際関係の類似が過去の世界史の中に見い出せるとするなら、今日との比較事例として大いに参考になるということか。

現場をよく知る方々からの冷静で客観的な意見や指摘が多く出されて、有意義なシンポジウムだったと感じた。(くるみ)

【リンク】
日独センター
http://www.jdzb.de/

酷暑だった今年の夏が終わり、“チョコレートの溶けない”季節が到来した!と喜んでいるところである。

ベルギーから帰国し、早くも1年半が過ぎようとしている。帰国直前に購入し、親戚・友人に配ったベルギー・チョコレートの余りが、我が家の食器棚にひっそりと身を潜めているのに気付いた。日本の暑い夏を2度生き延びたGaller(ガレー)のミニチョコバーたちだ(写真)。味ごと(全6種類)に異なる色の包み紙が非常に印象的だ。

ガレーはベルギー王室ご用達の由緒あるチョコレートメーカーである。それにも関わらず、ブリュッセル市内の多くのスーパーではミニチョコバーの“親玉”であるガレーの板チョコ(ミニチョコバーがそのまま巨大になった姿)が売られている。王室ご用達のチョコレートが近所で気軽に買えるところに、むしろベルギー人のチョコレートに対する自信と矜持が感じられる。

原稿を書きながら帰国前にひょんなこと(ブリュッセル市内の日本食材店内に貼った電子ピアノの売り広告を見て電話してきてくれた)で仲良くなったベルギー人夫妻・ファットミルさんからの餞別もガレーのビター・チョコレートだったことを思い出した。…秋が訪れ、少々感傷的になる。

ガレーのチョコレートは日本ではまだあまり知られていないかもしれないが、銀座・松坂屋などで買い求められるようだ。秋の夜長、読書の友にチョコレートはいかがだろうか。(じょぎんぐまん)

【リンク】
●Galler オフィシャルサイト(英語・オランダ語・フランス語版)
http://www.galler.com/index.php
●Galler  日本語サイト(ガレー・ジャパン)
http://www.galler.co.jp/index2.html

夏も終わり秋の気配が濃厚になりつつあるが、夏にふさわしい小説に出会った(特にスリランカに出かけた私の今夏にとって)。マイケル・オンダーチェの書いた『家族を駆け抜けて』。この作家は、植民地時代にオランダからスリランカに渡ったいわゆる“バーガー”と呼ばれる入植者の家庭に生まれ育ち、イギリスに渡った後にカナダに移住。映画にもなった『イギリス人の患者』でブッカー賞を受賞している。 

この本は半自伝的小説で、カナダに住む主人公が十数年ぶりに1970年代のスリランカを訪れ、親戚や家族と話す中で、家族の物語を紡ぎたしていく1982年の作品。なぜ夏にふさわしいかといえば、文章からスリランカの生活の暑い熱気が伝わってくること。そして、休暇に親戚が集まって始まる家族の秘話。自分が生まれてもいない、もしくは幼かったときの両親や先祖の話が聞けるのは、こんな時だけだ。 

実際どこまで真実の話なのか、読者はわからなくなる。詩の中で描かれる情景も、異国情緒に溢れ趣がある。南アジアに暮らすヨーロッパ出身の家族には、それなりの苦労と驚くような物語があって、それらがユーモラスに語られている。お勧めの1冊。 (みかん、写真も)

主人公の家族が過ごすスリランカの避暑地、ヌワラエリヤの紅茶畑。


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,080 hits

Top Clicks

  • None
Advertisements