こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for the ‘Education’ Category

ある朝のテレビ番組で「子どものしつけに、ある程度の体罰は許されるか」というテーマで討論が行われていた。最近、しつけを理由に子どもを虐待する、あるいは過剰な体罰により子どもを死に至らしめる残虐な行為が目につく。しかし、被害者の両親は口をそろえて「体罰ではなくしつけのつもりだった」と答える。そもそも、しつけという理由で体罰は許されるのであろうか?そこが議論の焦点となっていた。

番組に参加していた育児専門家によると、答えは「No」だ。幼すぎてまだ言葉をうまく理解できない幼児であれ、聞き分けの悪い子どもであっても、言葉で説明して分からせることが重要である、と説いた。そして、決して体罰に頼ってはいけないということを強く主張していた。その理由として、子どもは体罰を受けることで「自分が悪いことをしたから親が手を上げたのだ」と納得するのではなく、ただ「痛い」という感覚しか覚えていないのだそうだ。「なぜ自分は親に叩かれたのか」その疑問だけが残り、また同じことを繰り返してしまう。

番組の中盤では、その「体罰」を法律で禁止している国が紹介されていた。福祉・教育分野で最先端をいく北欧の国、スウェーデンだ。1979年、スウェーデンでは世界に先駆けて体罰禁止の法律が生まれた。きっかけは、1970年代半ばに起こった事件だった。義理の父親による暴力で、子どもが殺害されたのだ。日本では、残念ながらこの手の事件はあとを絶たない。しかし、スウェーデンではこの事件をきっかけに、国全体が立ち上がり、政府の体罰を禁止する啓発キャンペーンやメディアでの討論が過熱。この事件が起こる前の1960年頃は、スウェーデンでも、体罰支持派が過半数以上と、体罰に肯定的な風潮があったが、この法律の制定をきっかけに、今では社会的にも「体罰はいかなる理由があっても許してはならない」という考えが根付いている。

しかし、法律ができただけで体罰がなくなるわけではもちろんない。行政や社会のサポートが行き届いているから、母親、父親の負担が軽減されるのだ。スウェーデンでは、「子どもは親が育てる」という感覚はなく、例えば親戚や友人といった親以外も巻き込んで「みんなで育てる」という意識が強い。また、育児専門家を家庭に訪問させるサービスがあり、誰でも子育てに関する悩み相談や、アドバイスを受けることができる。もちろん無料だし、訪問滞在時間の制限もない。さらに、スウェーデンの街を歩けば(この光景もたった30年前は大変珍しいものだったのだが)父親が乳母車を引いている風景をよく目にする。男性も育児に積極的なのだ。そのおかげで母親の負担も軽減され、女性の社会進出も今では当たり前。また、お店やカフェなどの公共の場でも、乳母車を引いた親が利用しやすいように、乳母車が通るスペースを意識した設計にするなど、細かい気配りが行き届いている。

とは言っても「日本とスウェーデンとはお国柄も違うから、日本でそれをやるのは無理」というのが日本人の本音かもしれない。実際子育てをする母親からは「スウェーデンの環境は理想だが、ここは日本。ありえない発想だ」。「叩かないようにしたいが、どうしても言うことを聞かないのでついつい手を上げてしまう」。「体罰でも愛情があれば問題ないのでは?」という意見が目立つ。

ただ、スウェーデンの「子どもはみんなで育てる」という意識は、実は昔の日本では当たり前だったことを忘れてはならない。少なくとも自分の父親、母親の時代は、年長者が下の子の面倒を見たり、ご近所さんが子どもを預かったりするのが常識であった。しかし、核家族化が進み、近所づきあいも減り、子育ての負担は両親に重くのしかかってしまっているが現状。スウェーデンの事例が理想というのであれば、もう一度古き良き時代の日本に立ち返ってみてもいいのかもしれない。(さくら)

[URL]
スウェーデンで浸透している「叩かない子育て」は日本で実現できるか?
http://www.kosodate.co.jp/miku/vol24/10_01.html

体罰を全面禁止している国一覧(総務省資料)
http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/working-team/k_4/pdf/ss1.pdf

Advertisements

2010年は、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の生誕160年、来日120年にあたり、これを記念して、各地で様々な催しが行われた。それらの最後を飾る形で、12月19日、早稲田大学の大隈講堂で公開シンポジウム「小泉八雲と早稲田大学」が開催された。

1850年にアイルランド人の父とギリシャ人の母の間に生まれた八雲は、1890年(明治23年)4月に来日した。松江と熊本の中学校英語教師、英字新聞「神戸クロニクル」記者、帝国大学(東京帝国大学)英文学講師を務めた後、その生涯を終えることになる1904年(明治37年)に早稲田大学に迎えられた。早稲田には同年3月からこの世を去る9月までの6カ月あまりしか在籍しなかったため、早稲田大学における八雲の業績はあまり注目されてこなかった。しかし、講義は33回、66時間を数えるに過ぎないとはいえ、講義に出席した会津八一や小川未明など早稲田派の文人や作家に大きな影響を与えたという。

早稲田大学でのシンポジウムでは、文学者、教育者、地球市民(cosmopolitan)という八雲の3つの側面に焦点を当て、八雲が早稲田大学の人々に残した影響や、今、私たちが八雲から何を学ぶかについて論じられた。このブログではこれから何回かに分けて、シンポジウムの内容を中心に、小泉八雲について取り上げていきたい。

「ソクラテス計画(教育)」、「レオナルド・ダ・ヴィンチ計画(職業訓練)」、「ラファエロ計画(文化遺産保護)」など、欧州連合(EU)の実施するプログラムには、ヨーロッパを代表する知識人の名前が冠されている場合がある。「ソクラテス計画」の中にある「エラスムス計画」も、そんなプログラムの一つだ。

この計画は、EUのメンバー国の高等教育機関に学ぶ学生を他のメンバー国にある高等教育機関に派遣し単位取得を認める交換留学制度で、これまで20年以上にわたり学生や教員たちが交流する機会を与えてきた。さらに欧州以外の地域の学生にEUで学ぶ機会を提供する「エラスムス・ムンドゥス」計画もある。ムンドゥス(Mundus)は、世界とか宇宙とかいう意味だから、世界中を舞台に学生や教員の交流を図ろうというものだ。

こうした計画名の由来となったエラスムスとは、15世紀から16世紀に活躍したオランダの人文学者。欧州各地を歴訪して研究を続け、トマス・モアやヘンリー8世など当時の知識人たちとの交流を図り、幅広い知的ネットワークを築いたことで有名だ。このネーミングには、そんな現代のエスラムスを一人でも増やしたいという願いが込められているに違いない。

エラスムスは、神学関係の古典の校訂や注釈に情熱を傾け、ギリシア語の新訳聖書の校訂本を世界で初めて出版したことで知られる。執筆活動も精力的に行い、『格言集』や『痴愚神礼賛』など多数の名著を著した。特にトマス・モアの家で書かれた『痴愚神礼讃』はユニークな書で、賛否両論を巻き起こし、当時の言論界で大いに話題になったようだ。これは、人間を愚か者の集団として捉える「痴愚神」という女神が語り手で、当時の権威をこき下ろす辛辣な諷刺の書だ。現代なら間違いなくベストセラーになっただろうが、神学関係のお堅い学者がこのような書物を出版しようと思ったこと自体が画期的だ。

「どこをみても、キリスト教徒の日常生活は、馬鹿げたことで満たされております」と痴愚神は言う。「このようなことによってお金が儲かることをよく知っている聖職者たちは、彼らがそのような馬鹿げたことをするのを黙認するどころか、それを助長してさえいるのです」。当時、こうした痴愚の女神の言い分に拍手喝さいを送った人も多かったのではないだろうか?

エラスムスは晩年、マルチン・ルターと教会のあり方について論争をすることになるが、人文主義者の立場から世界平和への道を説くという姿勢は生涯変わらなかった。「エラスムス計画」によって、人類の痴愚さを排し、世界に豊かさをもたらす21世紀のエラスラムたちが数多く生まれることを期待したい。(ロニ蔵)

先日、ノーベル化学賞の受賞が決まった根岸英一教授、鈴木章教授は、記者会見で「若者は海外に出よ」「若い人もがんばれ」 と呼びかけた。日本人研究者が海外に行きたがらなくなっていることは、最近よく耳にする話だ。

そんな折、「知識源のグローバル競争における日独戦略的パートナー 協力進化の展望と可能性」と題して、日独の産学界から代表者を招いて東京で開催されたパネルディスカッションを傍聴した。

技術力や品質の高さへの追求など、共通する強みを生かし、日独が連携して研究を進めていくことが期待されている。そのためにはどのように目標を定め、進めていけばよいのだろうか。

パネリストのひとり、東京大学の濱田純一総長は、安定した時代は、経験豊かな教授の指導の下で若い研究者が学んでいくのが学問の世界では主流であったが、この時代には、変化に柔軟に対応できる若い人たちに活躍の機会を与えていくべきである、と発言。

日本学術振興会の小野元之理事長も、早急な研究成果を求めがちなトップダウンの支援ではなく、蒔いた種の中から将来性のある芽が出そうな研究を見抜き、若手研究者のイノベーションが製品化まで結びつくようなボトムアップ式支援の重要性を強調した。

ドイツでは既に、例えば製薬企業が実際に医薬品開発に学生を参加させて、製品化に役立てる試みがあるそうだ。高齢化社会など両国が取り組む課題について、文化の違いも研究チームでうまく生かしつつ、産学が協力していける環境が整うとよいと思う。(みかん)

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム
http://www.dwih-tokyo.jp/ja/

2010年の夏、EU Studies Institute in Tokyo (EUSI:一橋大学、慶應義塾大学、津田塾大学の三大学によるコンソーシアムで、EUに関する教育、研究、アウトリーチ活動の中核を担う組織)は、ベルギーのルーヴァン・カトリック大学と共にサマースクール(Euro-Asia Summer School)を開校しました。全2週間の日程で、8月23日~28日は日本で、8月30日~9月3日はベルギーで開催。日本から11名、欧州から4名、韓国から9名の、計24名の学生が参加しました。昨年にスペインと韓国で開校されたことに続き第2回目、今年のテーマは「East-Asia and The European Union in Global Governance: Comparative Perspective」です。

世界的金融危機に見られたように、世界とアジアの相互依存の関係性を考えなければいけないというEUSI副所長・一橋大学商学研究科長、小川英治教授の挨拶に始まり、EUSI所長・田中俊郎慶應義塾大学教授は講義の冒頭、EUが歴史的に重視してきた人的交流の重要性を強調し、東アジアは地域間での学生交流が少ないだけでなく、EUと東アジア間の交流も少なく、今回のサマースクールも青少年交流の機会として利用して欲しいことを強調されました。講義は「The EU through the Eyes of Asia」を中心に進められ、日本におけるEUに対する認識が低いなどの問題点が指摘されましたが、ユーロだけでなく、日本がEUの環境政策を見本にしたいという意識の高さも紹介されました。

参加した学生たちは、東アジアとEUにおけるグローバルガバナンスの比較を考察し、キャンパスの外では日本では外務省や国会その他、ベルギーでは欧州委員会や欧州議会などのEU機関等を訪れます。このサマースクールが、EUとアジア間の対話と人的交流を進める一つのきっかけになることを期待したいものです。(くるみ)

EUSIのHP
http://eusi.jp/

Tags:

展覧会場入り口

毎年板橋区立美術館で開催されるこの展覧会を初めて訪れた。絵本だから子ども向けだと思うなかれ。絵本用に制作された作品を5枚一組で募集し、国籍の異なる5人の審査員(今年は日本人も含む)が選考する国際コンクールの入選作品が展示されている。コラージュ、版画、水彩画、エッチング…、と手法もさることながら、出品者の創造性やメッセージを見て感じるだけでも面白い。

今年で44回目(板橋区立美術館では30回目)を迎えるこの展覧会では、世界20カ国の作家の作品を展示。絵本の形で実際に読んでみたいと思わせるものばかり。既に出版されている絵本もあれば、この展覧会だけで終わってしまうものもあるそうだ。出品者もプロの絵本作家もいれば、学生アーティストなど様々。新人イラストレーターの登竜門としてもこのコンクールは知られている。
目当てにして来たのは、イタリアのフィリップ・ジョルダーノ氏の作品。彼の別の作品を見て、興味を持っていたからだ。今回展示された絵本「ふしぎな文字の箱」では、アルファベットから独特の世界が広がっていて見ていて楽しい。
ボローニャでの開催はブックフェアに合わせた4日間、世界で巡回するのは日本だけなのだそうだ。この後、兵庫、三重、石川、鹿児島の4県を巡回する。(みかん、写真も)

ボローニャ国際絵本原画展情報(板橋区立美術館ウェブサイト)
http://www.itabashiartmuseum.jp/art/bologna/index.html
ボローニャ絵本展示会
http://www.bookfair.bolognafiere.it/

フィリップ・ジョルダーノ氏は、EUサークル.jpに参加しているガブリエレさんの短編集「10 minuti」の挿絵も手がけています
http://eucircle.exblog.jp/13967748/

オフ会は、7月の雨の中にも関わらず、予想をはるかに超えた100人以上が集まった。これも大学を中心とする多くのご協力者、関係者の方々が口コミで呼びかけてくださったおかげだ。

今回のイベントの何よりの大きな収穫は、普段はメールのやりとりやウェブ上での文章でしか交流のなかった投稿者の皆さんと互いに顔を合わせることができたこと。直接言葉を交わしてみると、文章から想像する印象とは随分と違ったり、予想どおりだったり。

何よりも参加者の笑顔が見られたのはよかった。普段どんな顔をして執筆しているのか知る由もないが、少なくともイベントに来た人たちからは、このウェブプロジェクトに楽しんで参加してくれていることや、今後も続けて欲しい、またオフ会を開催して欲しい、といった感想が寄せられた。

そして、EUサークル.jpについて知らなかったが、大学の先生に言われるままに来てみた学生も、EUを通じた新しいネットワークが広がったようだ。昔、欧州に留学していた教員の方は、自分の学生時代にこうした場があったなら、と羨ましがっていた。(みかん)

EUサークル.jp オフ会の写真は駐日EU代表部ウェブサイトに掲載予定
http://www.deljpn.ec.europa.eu/
動画も編集中ですので、お楽しみに
http://www.eucircle.jp/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,215 hits
Advertisements