こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for the ‘Lifestyle’ Category

10月26日、27日の二日間、ヨーロッパのテキスタイル、デザイン家具、照明、テーブルウェアなどを一堂に集めた「EU Gateway Program」のEuropean Designという展示商談会が行われた。

ヨーロッパ各国からの作品の中で、特に私の目を引いたのが、デンマークの二つのブランドだった。

まず、紹介したいのが、aidaという食器ブランド。今回、aidaは、デンマーク人若手アーティスト、ポール・パヴァ(Poul Pava)とのコラボレーションで作品を発表。“誰のなかにでもある子供心”をコンセプトに活動するパヴァ氏の独創的なキャラクターは、幼い子どもが落書きして生まれたような、愛くるしさと、カラフルな色使いで、遊び心が満載だ。デンマーク食器のシンプルで、かつ機能性に富んだ特徴を考えると、一瞬、これはデンマークブランドなのか?と疑ってしまいそうだが、新しい風、そして若手デザイナーを起用する点からすると、なるほど、デンマークの自由さ、寛容さというものが生んだデンマークらしい作品だなと納得するところもある。

微笑んでパチリ。aidaの輸入元、新潟の佐藤商会の本多さんと、aida のExport Manager Overseas、Sören Klosterさん

次に、オーフス(Århus)というデンマーク第二の都市で生まれた、ウォールペーパーやクッション、テキスタイルなどのインテリア全般を扱うferm-LIVINGの展示ブースにお邪魔した。設立者は、こちらも若手アーティストのトゥリーネ・アンデルセン(Trine Andersen)。元々はグラフィック・デザイン事務所として2005年にスタートし、その後、グラフィック・アートを生活雑貨に取り入れて現在の形になったそうだ。会社のロゴには、アンデルセン氏の夢に出てきたという鳥がモチーフとして飾られている。どの作品も、とても温かみがあり、寒く長い冬を余儀なくされるデンマークの家庭に、ちょっとした安らぎを与えてくれそうな優しいデザインが施されている。展示会場では残念ながらお目にかかれなかったのだが、壁に貼るウォールペーパーは、ついこの間、パリに行ったときに、かわいさのあまり思わず購入したばかりだが、いただいたカタログを眺めているとついつい買い足したい気分になる。(さくら)

ferm-LIVINGのロゴには創立者の夢にでてきた鳥がモチーフとして施されている

個性あるキャラクターが並ぶferm-LIVINGのブース

Advertisements

EUの展示商談会「EU Gateway Program」のEuropean Designに今年も行ってきた。約40社が出展、来場者は2日間で約580名に上った。私が個人的に興味を持ったのは、デンマークのステルトン社。デンマークの家庭やオフィスでよく見かけたポットは、代表的なデンマークデザインといえる商品で、日本でも既に知られている。それにしても、なぜ今日本に?

主に卓上用品を製造するステルトン社は昨年2010年で50周年を迎えたデザイナー商品の老舗。デンマークのトップデザイナーであるアルネ・ヤコブセンエリック・マグヌセンのクラシックな作品から、日本人を含む現代デザイナーの作品までを取り扱う。輸出担当取締役のクリスチャン・エルネマン氏に話を聞いた。

2011-12年18色で展開するヴァキューム・ジャグ

国外での主な市場は英国や米国だが、今後は日本でもデパートを中心に販売を拡大していきたいとのこと。50年前にデザインされたマグヌセンのコーヒー・ポット(ヴァキューム・ジャグ)が今でも人気が高いのは、シンプルで、ストレートに機能を追求した、時代を超えた(Timeless)デザインだからだという。50年前にデザインされたヤコブセンのシリンダ・ラインは、現在を通り超え、未来を舞台にしたハリウッドのSF映画に違和感なく溶け込んでいたとか。

 

ポール・スミスとコラボしたシリンダ・ライン「ステートメント」

今年の展開は、前述のポットのカラーバリエーションが増えて登場。また、昨年の50周年記念に続き、英国のデザイナー、ポール・スミスとコラボレーションした新しいシリンダ・ラインを限定発売する。

伝統的な人気に満足することなく、基本を守りながら新しさも取り入れ、消費者の心をつかむこのデンマーク企業は、日本のファンをさらに増やすに違いない。 (みかん)

 

【このほか、European Designに出展していた注目企業】
● 屋外で使える家具を扱うドマーニ (ベルギー)
● ソファが人気のイーゴ パリス (フランス)
●大型家具ならファマ (スペイン)

ある朝のテレビ番組で「子どものしつけに、ある程度の体罰は許されるか」というテーマで討論が行われていた。最近、しつけを理由に子どもを虐待する、あるいは過剰な体罰により子どもを死に至らしめる残虐な行為が目につく。しかし、被害者の両親は口をそろえて「体罰ではなくしつけのつもりだった」と答える。そもそも、しつけという理由で体罰は許されるのであろうか?そこが議論の焦点となっていた。

番組に参加していた育児専門家によると、答えは「No」だ。幼すぎてまだ言葉をうまく理解できない幼児であれ、聞き分けの悪い子どもであっても、言葉で説明して分からせることが重要である、と説いた。そして、決して体罰に頼ってはいけないということを強く主張していた。その理由として、子どもは体罰を受けることで「自分が悪いことをしたから親が手を上げたのだ」と納得するのではなく、ただ「痛い」という感覚しか覚えていないのだそうだ。「なぜ自分は親に叩かれたのか」その疑問だけが残り、また同じことを繰り返してしまう。

番組の中盤では、その「体罰」を法律で禁止している国が紹介されていた。福祉・教育分野で最先端をいく北欧の国、スウェーデンだ。1979年、スウェーデンでは世界に先駆けて体罰禁止の法律が生まれた。きっかけは、1970年代半ばに起こった事件だった。義理の父親による暴力で、子どもが殺害されたのだ。日本では、残念ながらこの手の事件はあとを絶たない。しかし、スウェーデンではこの事件をきっかけに、国全体が立ち上がり、政府の体罰を禁止する啓発キャンペーンやメディアでの討論が過熱。この事件が起こる前の1960年頃は、スウェーデンでも、体罰支持派が過半数以上と、体罰に肯定的な風潮があったが、この法律の制定をきっかけに、今では社会的にも「体罰はいかなる理由があっても許してはならない」という考えが根付いている。

しかし、法律ができただけで体罰がなくなるわけではもちろんない。行政や社会のサポートが行き届いているから、母親、父親の負担が軽減されるのだ。スウェーデンでは、「子どもは親が育てる」という感覚はなく、例えば親戚や友人といった親以外も巻き込んで「みんなで育てる」という意識が強い。また、育児専門家を家庭に訪問させるサービスがあり、誰でも子育てに関する悩み相談や、アドバイスを受けることができる。もちろん無料だし、訪問滞在時間の制限もない。さらに、スウェーデンの街を歩けば(この光景もたった30年前は大変珍しいものだったのだが)父親が乳母車を引いている風景をよく目にする。男性も育児に積極的なのだ。そのおかげで母親の負担も軽減され、女性の社会進出も今では当たり前。また、お店やカフェなどの公共の場でも、乳母車を引いた親が利用しやすいように、乳母車が通るスペースを意識した設計にするなど、細かい気配りが行き届いている。

とは言っても「日本とスウェーデンとはお国柄も違うから、日本でそれをやるのは無理」というのが日本人の本音かもしれない。実際子育てをする母親からは「スウェーデンの環境は理想だが、ここは日本。ありえない発想だ」。「叩かないようにしたいが、どうしても言うことを聞かないのでついつい手を上げてしまう」。「体罰でも愛情があれば問題ないのでは?」という意見が目立つ。

ただ、スウェーデンの「子どもはみんなで育てる」という意識は、実は昔の日本では当たり前だったことを忘れてはならない。少なくとも自分の父親、母親の時代は、年長者が下の子の面倒を見たり、ご近所さんが子どもを預かったりするのが常識であった。しかし、核家族化が進み、近所づきあいも減り、子育ての負担は両親に重くのしかかってしまっているが現状。スウェーデンの事例が理想というのであれば、もう一度古き良き時代の日本に立ち返ってみてもいいのかもしれない。(さくら)

[URL]
スウェーデンで浸透している「叩かない子育て」は日本で実現できるか?
http://www.kosodate.co.jp/miku/vol24/10_01.html

体罰を全面禁止している国一覧(総務省資料)
http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/working-team/k_4/pdf/ss1.pdf

 私事で恐縮なのだが、私は現在、茨城県守谷市に住んでいる。ここは、秋葉原からつくばエクスプレス線で30~40分のところで、茨城県にも関わらず、県外出身・都内勤めのサラリーマンが多いところでも知られている。そんな守谷から今回は日独交流150周年にちなんだ話題をひとつ。

 今週末、友人数名と『ごちそうランチ』をしてきた。守谷駅から車で五分弱のところにあるドイツデリカッテセン、『ハンス・ホールベック』である。こちらのお店、店主の小島豊さんは、本場ドイツで食肉マイスターの資格を取得した日本でも有数の食肉職人さん。お腹と心を幸せいっぱいにしてくれるだけでなく、ドイツ系航空会社へ自慢のソーセージを提供したり、ドイツとゆかりのあるプロサッカー選手がわざわざ足を運びに来たりと、全国各地にファンが多いお店でもある。我が家ではハンス・ホールベックで週末昼食をとることを『ごちそうランチ』と呼んでいる。
 この日は、空が真っ青で、空気が乾燥しており、友人の一人が、「ヨーロッパにいるみたい」と表現した。

 お店に入ると、我々と同じ思いでやってきたと思われるお客さんでいっぱい。しばらく、席が空くのを待った(諸事情から事前予約が取れなかったのだ)。その間、店内の雰囲気を味わい、壁に掲げられている様々な写真を見ては期待度を一段、もう一段と引き上げていく。
 しばらくして、空いたテーブルへ案内され、一同メニューを見ながらそれぞれ注文した。私はこの日、一押しのランチメニューのBコース、ポークステーキセットを頼んだ。ドイツといえば、確かにソーセージなのだが、お店の看板料理でもあり、「これはうまい」と舌鼓を打つそんな逸品である。
 ドイツビールで乾杯すると、次にスープと前菜が運ばれた。前菜はスライスソーセージとキャベツのサラダ。ほのかなお茶の香りが、食欲をさらに高めるおすすめの一品だ。
 いよいよメインのポークステーキの登場である。一同、そのボリュームに驚かされる。しかし、お肉は厚いが、くどくない。絶妙な塩加減がいっそう美味しさを引き出している。しかも、ソーセージも付け合せで付いているので、お得感たっぷりである。瞬く間に完食だ。
 忘れてならないのが、毎回おかわりしてしまうパン。アツアツの香ばしさが口の中で広がり、品のある甘さに変わっていく。パン好きにはたまらない絶品だ。

 最後のしめにコーヒーを頼んだ。ここではコーヒーもこだわっていて、豆をオーストリア・ウィーンから直輸入。一滴一滴心を込めて入れてくれる、濃いめのコーヒーだ。

 昨年バイエルン州の議員団20名がわざわざ貸し切りバスでやって来たとのこと。最近、食の感動を体験していない方は、ぜひここに来られることをおすすめしたい。
 ちなみに、守谷市はAビールの工場があり、もちろん「飲める工場見学」ができる。ビールとドイツ料理で秋を満喫してみてはどうだろうか?(ばんどうたろう)

 【リンク先】

●  ハンス・ホールベックのページ
 http://www.hanshohlweck.com/

●  Aビール社茨城工場のページ
 http://www.asahibeer.co.jp/factory/brewery/ibaraki/index.html

● つくばエクスプレスのページ
http://www.mir.co.jp/

フランスといえばパン。一般的なフランスの朝ごはんは、やっぱりフランスパンです。もっともアチラではフランスパンなどとは呼びません。日本でいうフランスパンはバゲット(baguette=棒)といいます。

フランス人の朝食はクロワッサンというイメージが強いかもしれませんが、実はバゲット派が多いのです。何しろクロワッサンは中身がスカスカなくせにバゲット1本と同じか、それ以上の値段(1ユーロ前後)。ちなみに本場のバゲットは日本のフランスパンの1.5倍はあり、中身もぎっしり詰まっています。

さて、そんなバゲットをめぐり、フランスも変わりつつあるなあ、と感じさせる話題を2つほど。いずれもル・フィガロ紙が報じています。

まずはこの夏、パリにバゲットの自動販売機が登場したとのお話。機械には10分間「半焼き」したバゲット120本が冷蔵されており、1ユーロを投入すると加熱がスタート、3分ほど待つとこんがり焼きたて風に仕上がったバゲットが出てくる、という仕掛けだそうです。

しかし、パリならそこら中にパン屋があり、朝6時には焼きたてのパンが食べられるというのに…。たしかに夜8時には店じまい、というパン屋さんがほとんどなので、夜型人間にとっては助かるのかも。

もうひとつは、ファーストフードのマクドナルドが、バゲットをベースにした商品を発売するという話題。まずは9月から、朝メニューでバゲットにバターとジャム、というフランスの朝食定番の「タルティーヌ」を発売するそうです。次いで来年の上半期には、ハンバーガーと同列の新商品を投入。バゲットに何をはさむかはまだわかりません。

フランス人の主食バゲット

ちなみにフランスでマクドナルドというと、好きな人もいれば、「フランスの食文化を破壊する」として目の敵にする人もいる。1999年には「農民同盟」が、南仏のミヨーに建設中だったマクドナルドの店舗を破壊して話題になりました。EUが米国のホルモン肥育牛肉の輸入を禁止したことを受け、米国がフランス産ロックフォールチーズに対する関税で報復したことへの抗議でした。このときリーダーのジョゼ・ボヴェ氏が逮捕され、その後も収監と釈放を繰り返すのですが、そのボヴェ氏もいまは欧州議会の議員です。

おっと話がそれました。調査会社のジラ・コンセイユによると、フランス人のサンドイッチ消費量はハンバーガーの9倍だそうです。そしてサンドイッチの中でもバゲットを使ったものが売り上げの6割を占めるといいます。マクドナルドがバゲットのサンドイッチを売り出すとなれば、パン屋さんの商売にも影響しそう。「マック・バゲット」(勝手に命名)の納入業者は、日本でもおなじみのチェーン店「ポール」の親会社というからなかなかの強敵です。(ル・ジュスティシエ)

節電の夏、今までの電気に依存した生活を反省しながらも、思い切り涼めないことにやはりストレスを感じてしまいませんか?
そんなストレスを解消するために、体を冷やす作用があるといわれている“糖分”を含んだ甘いスイーツに涼を求めて、お薦めスペシャルスイーツを選んでみました。

「マラサダ」

まず朝は、ポルトガル生まれハワイ育ちの「マラサダ」。中がふんわりとモチモチの揚げパン風ドーナツです。常夏の島のスイーツなので暑い季節にも合って、冷たい飲みもの特に冷やしたアイスコーヒーとの相性はぴったりです。

「ショコラ          ネスパ?!」

お昼には、フランスの巨匠のエスプリを受け継いだ本格ショコラティエ“パレ ド オール”のとても不思議なドリンク「ショコラ ネスパ?!」。涼しげな透明感のあるソーダですが、味はまさにショコラそのもの?!見た目と味の違いに美味しい驚きを感じるひんやりドリンクです。 

「チョコレート     バーガーパフェ」

暑さの厳しい時間帯のおやつには、冷たいパフェがお薦めです。デンマーク王室シェフチームの一人モーテン・ヘイバーグ氏が手がけた“デザートサーカス”の「チョコレートバーガーパフェ」は、気軽に食べられるカップパフェですが、味は本格派!ソフトクリーム、チョコレートムース、フルーツソースなどが一体となってバランスの良い美味しさです。トッピングされたチョコレートバーガーも新食感で美味しいアクセントになっています。

「ドン・ペリニヨン    のかき氷」

夕涼みスイーツには、赤坂“コート・ド・ルージュ”の話題のデザート「“ドン・ペリニヨン”のかき氷」です。偉大なるシャンパンとハーブシロップ(ハーブコーディアル)の清涼感が口の中に広がり、大人だけの贅沢な涼しさを楽しめます。自分への涼しいプレゼントになるかき氷です。 

 電気に頼ることなく暑さをしのぐのに、ビアガーデンのキーンと冷えたビールもいいものですが、時には、甘いスイーツでエネルギー補給して節電のストレスを吹き飛ばし、心身ともに元気に夏を過ごしましょう。         (ぱんジェンヌ)

日本は2011年の夏真っ盛りだが、ヨーロッパは8月後半になるとそろそろ秋の気配が漂ってくる。秋が近づくとぶどう(もちろんワイン用の!)の収穫が気になり始める人もいるかもしれない。そんな人に朗報だ。

仏メディアRFIによれば、「今年のぶどうは豊作!」との嬉しい予想だ。
今年のぶどうは量・質ともに非常に期待できるらしい。主な原因は春の平年以上の乾燥と7月の大雨。異常気象がもたらした恩恵ともいえる。予想収穫量は昨年を上回る。

しかも量だけではなく、春の乾燥した気候と7月中下旬の涼しい気候により、ぶどうの成熟度も高い。ぶどうの「成熟度検査」の第1回は例年8月5日~10日に行われるが、今年は早めの7月25日に実施された。

ワイン用ぶどう種であるシャルドネ(Chardonnay)やソーヴィニョン(Sauvignon)の収穫は8月中旬には始まる。収穫も例年よりも10~30日も早い。一般的には、大収穫の年はぶどうの品質も良くなると専門家は指摘する。2009年の〝大豊作〟には及ばないものの、ワインの製造年としての期待度が非常に高い。
将来、日本のワイン愛飲家たちが「2011年物」と聞いて目を輝かせる日が来るかもしれない。(じょぎんぐまん)

参考記事(仏メディアRFI)
http://www.rfi.fr/france/20110802-vendanges-2011-s-annoncent-genereuses-precoces


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2019
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 300,264 hits
Advertisements