こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for the ‘Politics’ Category

元フィンランド大統領のマルッティ・アハティサーリ(1937-)さんの講演会(笹川平和財団主催「和平調停とは何か―アハティサーリ氏の経験から学ぶ」)を聴いた。ナミビアやコソボ、インドネシア・アチェなどの紛争地帯における和平合意に国連特使としてどう関わってきたのかの話はなかなか説得力があった。こうした平和構築のプロセスにおいて、今後、政府間レベルでの話し合いに加え、民間レベルでの仲介がさらに重要になるとの指摘にはなるほどと思った。2008年、こうした功績が評価されてノーベル平和賞を受賞したのだが、その後、一日30件の講演依頼が世界中から入ってくるようになったそうだ。

アハティサーリさんのお話を伺っているうちに、なぜか、「自利利他」という仏教用語が浮かんできた。自利利他とは悟りを得るとともに、他人にも仏法の利益を得させること。菩薩の心構えとして有名な言葉だ。
「自利自他」と言えば、自分の利益を得るだけのこと。おそらくアハティサーリさんは、自分の利益のために紛争の仲介を行っているわけではないだろう。それは壇上で話す彼の仕草や態度から伝わってくる。74歳になった今でも、今日は何か愉しいことがありそうだとワクワクしながら目ざめる、とも語っていた。

ああ、なんて素晴らしい人生なんだろう! おそらく自分の利益ばかり考えていたら、そんな気持には絶対になれないはずだ。人のため、世の中のために行うことが、自分のためにもなっているのだろう。これこそ、自利利他だ。教育学を専攻したというだけのことある。現在はロシア領だが、かつてはスウェーデン領やフィンランド領で陣取り合戦の舞台となったヴィボルグで生まれた元大統領は、一時期、難民になって暮らしたこともあるという。そうした経験が「自利利他」の精神を育んだに違いない。
彼のような菩薩が混迷を深める21世紀の国際社会には求められている。(ロニ蔵)

最近、欧州の女性リーダーが新聞やテレビによく登場しているのを目にします。9月、デンマークで女性初のシュミット首相が誕生。10月に入るとギリシア危機で欧州金融安定基金(EFSF)拡充案の批准をめぐって、スロバキア初の女性首相ラディツォバー氏が目立っていたし、ドイツのメルケル首相も欧州の金融危機のカギを握っています。

女性リーダーが取り上げられるのは、リーダーになるケースが男性よりもまれだからという印象が以前は濃かったのですが、最近は女性として自信を持って働く姿が印象的に映ります。フランスのクリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事が7月就任直後に「私の姿を見て、若い女性たちが、『どんな人生の選択もできる』と勇気を持ってくれたらうれしい」とコメントしていたのを覚えています。これからを生きる若い世代にとって今の女性リーダーの活躍ぶりはどのような姿として心に残るのかと頭をよぎりました。女性リーダーが増えれば世の中が変わっていく気がします。(くるみ)

ひと月前に、長引くベルギーの組閣交渉について「組閣交渉の関係者がオランダ語・フランス語の言語対立問題に正面から取り組んでしまったことが『パンドラの箱』となってしまうか」という文を書いた(当該過去記事)。筆者はこれで組閣交渉がさらに長期化すると100パーセント予想していた。

ところが、なんとそれからまもなく組閣交渉の取りまとめ役のディ・ルポ(Elio Di Rupo)フランス語系社会党党首のイニシアティブの下、ブリュッセル・ハレ・フィルフォールデ(BHV)選挙区分割問題当該過去記事参照)が決着してしまった。
言語対立問題の代表格であるBHV選挙区分割問題は何十年来の「解決できない問題」であり、筆者がベルギーに住んでいた間も難攻不落ぶりを誇っていただけに、今回の決着のニュースを知ったときは、「え!解決したの?」と驚愕が何よりも先に来た。

今回BHV選挙区分割問題が決着したのは、同選挙区の分割を拒絶し続けてきたフランス語系政党側に対してオランダ語系政党が分割の「見返り」を提示し、それが仏語側に受け入れられたからである。組閣交渉での討議内容が一切非公開ということもあり、「見返り」の内容は上記の「決着報道」から半月以上たってから明らかになった。その内容は、フランス語系住民に十分に配慮したブリュッセル首都圏地域の改革などである。

今回の成功の理由は、組閣交渉の取りまとめ役がオランダ語系ではなくフランス語系政党の党首であったことである。過去の組閣交渉ではオランダ語系政党が主導権を握り、少数派のフランス語系政党が頑なな態度をとるのが典型パターンだった。今回、フランス語系社会党党首がイニシアティブをとったことで、フランス語側が主体的に問題に取り組んだのだった。

これに加え、「新フランドル同盟」というフランドル地域(オランダ語圏)最大の利益代表政党が、この夏に組閣交渉の場から去ったことが成功に結びついた。新フランドル同盟は今回(2010年6月)の連邦議会選挙で大勝したが、協議の進め方に抗議して新政権への不参加を表明した。このフランドル主義のハードライナー(強硬路線支持者)の退場により、オランダ語系とフランス語系双方の歩み寄りが実現しやすくなった。

言語対立問題という難題に一区切りをつけたディ・ルポ党首に残された最後の大仕事は、新政権の参加政党を決め、閣僚人事を行うことである。内閣不在期間は500日に届こうとしている。ベルギー有数の金融機関デクシアの解体に直面し、ベルギーの政治経済に強い不安を覚える国民も多いが、このタイミングで国民に強い期待感を抱かせることのできる新内閣が発足され、力強く船出することを願っている。
(じょきんぐまん)

経済広報センターと日独センターの共催シンポジウム(9月30日)「日本再建~変貌する国際関係への視点も含めて~」についての続き。

基調講演を行った植田隆子・国際基督教大学教授は、中国が台頭しアジアへの関心が高まる中、かつての日米欧の勢力関係は時代に即しているのかというテーマを提起した。アジア太平洋地域はアメリカの影響が大きいためEUが参入できていないという現状があるが、偶発的な衝突で危機が高まる可能性のあるアジア太平洋地域においては、日米欧の関係は秩序やルール作りに貢献できる点があるとされた。そのために、安全保障対話の場を常設する必要と、その機能を東京に置くことで地域の安定が図られるのではとの結論だった。最後にヘンリー・キッシンジャーが中国の存在を大戦前におけるドイツの台頭になぞらえたことを引用されて話を終わられた。今日の国際関係の類似が過去の世界史の中に見い出せるとするなら、今日との比較事例として大いに参考になるということか。

現場をよく知る方々からの冷静で客観的な意見や指摘が多く出されて、有意義なシンポジウムだったと感じた。(くるみ)

【リンク】
日独センター
http://www.jdzb.de/

昨年(2009年)6月に連邦議会選挙が行われたのにベルギーに新しい内閣がいまだに誕生していないという文をこれまで2回(第1弾第2弾)書いたが、そのベルギーの「内閣不在期間」がついに450日を超えた。現在、8つの政党の間で連立交渉が、アルベール二世国王から取りまとめ役に指名されたディ・ルポ氏(フランス語系社会党党首)の下で続けられているが、連立協定の締結の目途はまだ立っていない。

ベルギーの事情に詳しくない人は、いったいなぜこれほどまでに時間がかかっているのか、不思議に思うだろう。実は、今回、「オランダ語vsフランス語」の言語対立の問題が交渉の決着を阻む最大のファクターとなっている。

言語対立問題とは、非常に大雑把に言えば、ベルギー国内がオランダ語を母語とする国民(オランダ語話者)とフランス語を母語とする国民(フランス語話者)に分かれて、互いの権利を主張し合っている状況のことである。ベルギーでは、目に見える形で国土が言語によって二分されている。つまり、北半分がオランダ語圏(フランドル地域)、南半分がフランス語圏(ワロン地域)である。さらに、首都ブリュッセルはオランダ語とフランス語の両言語圏であり、フランドル地域とワロン地域の境界あたりに、厳密にはフランドル地域の最南部に位置する(図①)。

〔図①〕 フランドル地域(北半分)、ワロン地域(南半分)及びブリュッセル(図の青い部分)(cc:nl.wikipedia)

 

もう一つ、言語で二分されているのが、政党である。1960年代から70年代にかけてすべての主要政党がオランダ語系とフランス語系政党に分裂した。連邦議会から市町村議会選挙に至るまで、フランドル地域ではオランダ語系政党の候補者だけが、ワロン地域ではフランス語系政党の候補者だけが出馬し、当選する。ブリュッセル首都圏地域では例外的に両方の言語系の政党が有権者から選ばれている。選挙の日が近づくたびにオランダ語系政党もフランス語系政党もそれぞれ自分たちの言語話者の利益の拡大・保護を声高に叫び、言語対立を再燃させている。

言語対立問題の一つに「ブリュッセル問題」があるが、今回はとりわけハードコアな論点のブリュッセル・ハレ・フィルフォールデ(BHV)選挙区の分割が組閣交渉において議論されている。BHV選挙区とは、ブリュッセル首都圏地域及びこれに隣接するフランドル地域の35の市町村が一つにまとめられた選挙区である(図②)。前述のとおりブリュッセル在住の有権者は、(オランダ語系政党のみのフランドル地域、フランス語系政党のみのワロン地域の有権者とは違い、)オランダ語系かフランス語系の政党のいずれかの候補者に投票することが可能である。しかし、ブリュッセルでは住民の8~9割がフランス語話者であるため、このBHV選挙区の当選者の8割以上はフランス語系政党からの候補である。
つまり、BHV選挙区ではフランドル地域の一部の市町村が、実態としてフランス語圏に近いブリュッセルと一緒にされてしまっており、そこにオランダ語話者の強い不満が存在するのである。

したがって、オランダ語系政党はことあるたびにBHV選挙区の分割、すなわちブリュッセルとフランドル地域の市町村とを切り離すことを要求している。一方のフランス語系政党は、BHV選挙区を分割すれば、フランドル地域の市町村に住むフランス語話者の権利が十分に保証されなくなるのを懸念し、現状維持を強く主張している。

実は、このBHV選挙区分割問題には、オランダ語話者にとりセンシティブな問題が含まれている。ベルギーでは、建国の祖がフランス語話者の都市ブルジョワジーであったことからフランス語だけを公用語とする時期が長く続いた。オランダ語話者は苦労の末、オランダ語をベルギーのもう一つの公用語と認めさせ、さらにオランダ語だけが公的に使用されるフランドル地域を打ち立てた。こうした経緯があるため、オランダ語話者にはフランドル地域にフランス語が流入することを忌み嫌う傾向が強い。

〔図②〕 ブリュッセル・ハレ・フィルフォールデ(BHV)選挙区。欧州議会選挙とベルギー連邦議会選挙に適用される。(cc:Gladiool)

ブリュッセルではここ数十年来、一部の地区の治安が悪化してきている。これを嫌ったブリュッセル在住のフランス語話者たちが、ブリュッセル近郊のフランドル地域の市町村にどんどん移住している。今ではブリュッセルに隣接するこれらの市町村の中にはフランス語話者が住民全体の半分以上を占める市町村が少なくない。このうちの6つの市町村ではフランス語による行政サービスが実施されている。こうしたフランドル地域の市町村にフランス語話者が次々と移住する現象を、オランダ語話者は「フランス語化」と呼び、強く反発している。オランダ語話者の中には、BHV選挙区も「フランス語化」を助長していると考えている者が少なくない。オランダ語系の政党がBHV選挙区の分割を主張することには、オランダ語話者の「フランス語化」に対する反発が背景にある。

同問題を含む言語対立問題は根の深い難題であり、これまで歴代内閣は先送りし続けてきた。前回の組閣交渉(2007年)の取りまとめ役だったレテルメ首相は、(前政権が「封印」してきた)言語対立の問題に取り組んだところ、組閣交渉を200日以上長引かせ、頓挫させた。その後、言語対立の問題を一旦先送りすることでようやく組閣交渉が再開されたのであった。

今回、オランダ語系の一有力政党がBHV選挙区分割を組閣交渉において優先的に議論することを要求(注:2012年の地方選挙を意識したものとみられている)し、残りの7党がこれを飲んだことから、言語対立問題の一つであるBHV選挙区分割問題が正面から議論されている。はたして同問題が再び「パンドラの箱」となってしまうのか、ディ・ルポ氏の采配を初め、今後の推移から目が離せない。(じょぎんぐまん)

【リンク】
ベルギー連邦ポータルサイト(英語版)
http://www.belgium.be/en/

7月21日はベルギー国民の祝賀日である。今から180年前の1831年、ベルギー初代国王レオポルド一世が出来たてホヤホヤのベルギー国憲法の下で就任宣誓を行った。毎年この日には軍事パレードが行われ、盛大に祝われる。

この前日にはベルギー国王アルベール二世による毎年恒例のテレビ演説が行われる。しかし、今年の国王の演説はいつもと明らかに違った。
「この祝賀日に皆さんと新しい内閣(閣僚)の就任宣誓が聞けることを楽しみにしていた。残念ながら(組閣交渉は)まだ全然進んでいない。嘆かわしいことだ」と厳しい口調で述べたかと思うと、「政治家たちは妥協をしなきゃダメだ!」と1年以上も組閣交渉に手間取っている彼らに喝を入れた。

地元メディアは「国王は怒っている!」と驚き、隣国オランダでもこの様子がメディアで大きく取り上げられた。ベルギーでは昨年6月の総選挙の結果を反映した新内閣がいまだに誕生せず、内閣不在期間はついに400日を超えた。地元の識者によれば、公の場で国王がここまで怒ったのは初めてとのことだ。

新内閣が誕生しないのは言うまでもなく、主要政党間の組閣交渉が難航しているからである。その最大の原因はオランダ語話者(国民の約6割)、フランス語話者(同約4割)から構成されるベルギー(注)の抱える言語対立にあるのだが、それについては機会を見つけて書きたい。(じょぎんぐまん)

(注)ベルギー東部にドイツ語話者約7万人(フランス語とバイリンガル)が住んでいる。ベルギーの公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語。

関連記事
(1)ベルギー・オランダ語公営放送(VRT)ニュース
http://www.deredactie.be/cm/vrtnieuws/binnenland/110720_toespraak_koning

(2)ベルギー・フランス語公営放送(RTBF)ニュース
http://www.rtbf.be/info/belgique/detail_21-juillet-le-roi-hausse-le-ton?id=6481543

  「経済犯罪」容疑で拘束されていた、芸術家で人権活動家の艾未未氏が22日、80日ぶりに釈放された。

  同氏の拘束事件に対する欧米の関心は高く、釈放直後の当人に取材した英BBCなど、欧米の各メディアが釈放を速報。国際人権NGOのアムネスティ・インターナショナルは「艾氏の保釈は大きな前進だ」とのコメントを発表した。

 拘束後いち早く艾氏の釈放を訴えたEU議会も、艾氏の釈放を受けて、「経済犯罪」を名目に政治的な抑圧を行うのは人権侵害だと中国政府を非難した。まるで艾未未氏が悲劇のヒーローとの扱いだが、当の中国市民の見方は冷めている。

 艾氏は著名な詩人の艾青氏の御曹司。北京五輪のメインスタジアム「鳥の巣」の設計にかかわった芸術家とされるが、中国市民からは、芸術的才能より出自の良さのため名前を連ねているに過ぎないとみられているふしがある。

  なにより今回の身柄拘束の理由とされた「経済犯罪」は2千万元(約308万米ドル)の巨額脱税容疑で、どうやら事実らしいのだ。同氏の個人資産も5千万元(約750万米ドル)と推定され、身分、財産ともに一般の中国市民からは雲の上の人なのである。

 雲の上の人が、人権擁護活動に熱心だったとしても、普通の中国市民にとって何の現実味がなく、ほとんど共感は呼ばないと思う。しかも、脱税した金持ちだとすれば嫌悪感すら呼ぶだろう。だから、中国当局も安心して身柄を拘束できたし、釈放する気にもなれたのだ。

  BBCが速報し、EU議会が中国政府を批判したとしても、中国市民の多くは反感を覚えると思う。艾氏が捕まるのは構わないが、外国人に自分の政府が非難されることの方が不愉快なはずだ。ならば、欧米は艾氏を持ち上げることで、何を実現しようとしているのか。欧米が中国政治に求める理想と、現実の中国社会との間に、大きなギャップがあるように思える。


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2017
M T W T F S S
« Jan    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Blog Stats

  • 273,919 hits

Top Clicks