こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Archive for the ‘Travel’ Category

今年、平泉(岩手県)と小笠原諸島(東京都)がユネスコの世界遺産に登録され、日本中が歓喜に沸いた。まさに、日本にとって「世界遺産YEAR」といっても過言ではないだろう。それを意識したわけでもないのだが、今年の夏、ベルギーにある世界遺産「ブルージュ歴史地区」を訪ねてみた。

ブルージュ歴史地区は、首都ブリュッセルの北西に位置し、特急で1時間ほどの距離にある。旧市街には運河が張り巡らされ、その周囲をギルドハウス(ベルギー特有のギザギザ屋根の建物)やゴシック建築の歴史的建造物が囲み、まるで中世にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えるほどだ。

船上クルーズ。街歩きとはまた違った魅力を体験できる。

運河クルーズもさることながら、夜のブルージュはまた何とも感慨深い。雨に濡れた地面と霧がかった町並みが、その雰囲気をより一層引き立たせてくれる。
「街全体が美術館」と称される意味が分かるような気がする。

 ブルージュで有名なのが、ボビンレースと呼ばれるレース編み。北海につながる運河のおかげで、15世紀には織物産業による隆盛期を迎えた。その後、ブルージュは衰退の一途をたどるが、19世紀に以前の活気を取り戻し、今では国内外から観光客が訪れる魅力的な街に成長している。 

世界遺産に登録されると、街の景観が乱れ、本来の環境が破壊されてしまわないかと危惧してしまうが、こうやって注目を集めることでより一層素敵な土地へと成長できれば、世界遺産に登録される意義があると私は思う。いつか平泉と小笠原諸島へも足を運んでみたいものだ。(さくら)

夜のブルージュ。雨に濡れた街もまた趣がある。

[URL]
水の古都ブルージュ(ベルギー・フランダース政府観光局)
http://www.visitflanders.jp/what_to_do/travel/hitoritabi3/plan/brugge.html#plan1

Historic Centre of Brugge (UNESCOサイト)
http://whc.unesco.org/en/list/996

Advertisements

 私は鉄道マニアのみなさまに比べたら、まだまだ口ばしの黄色いひよっこだが、中国から帰国してから本当に鉄道が好きになった。とにかく好きで、私の好奇心をくすぐる対象だ。どうやら鉄道マニアの間では「京急に始まり、京急に終わる」といわれているのが分かった。私も京急車両は好きだ。特に好きなのは発車時の「トゥルルルルル~♪」と音階が上がっていく、臨場感たっぷりの発車音。最近これがモーターを制御するためのインバーターと呼ばれる機械の音だと知った時、非常に驚いた。てっきり、京急側が粋な計らいをして流している人工音だと思っていたのだ。しかも、この通称「ドレミファ音」は、ドイツのシーメンス社のこれまた通称「ドレミファインバーター」が奏でていると分かってなお驚いた。

 シーメンス社、最初の印象は大きな冷蔵庫や洗濯機を作っているメーカーくらいだったが、調べてみると、日本との付き合いが実に124年にわたる老舗企業であることが分かった。124年前を元号に置き換えると明治20年、さらに歴史の重さを感じてしまうのは日本人だからだろうか。現在シーメンス社は情報通信、電力関連、交通、医療、防衛、生産設備、家電製品等の分野で、製造、システム・ソリューション事業まで、重電から軽電、モノづくりの川上から川下まで行っているが、特に得意なのが情報通信と電力関連、そして電車なのである。

 日本国内にいると、鉄道車両といえば国内メーカーばかりと思ってしまうが、カナダのボンバルディア・トランスポーテーション、フランスのアルストム、ドイツのシーメンスが三大鉄道車両メーカーといわれ、この3社で世界シェア全体の約半分を持っているという。鉄道に関するすべてを製造することができるそうだ。国内のメーカーは、とにかく車両の発する音を小さく、静かにしようと必死に開発し、世界に類を見ないほど静かな車両を造り続けているが、一方のシーメンス社は「ドレミファインバーター」で、雑音・騒音を心地よい発車音に変えたのである。この二者の違いは、なんだか文化的な、民族的な違いを想起せずにはいられない。

 ちなみに、今年3月に、日立製作所がイギリスへ車両を製造・納入することがニュースで流れたが、圧倒的シェアを持つビック3に割って入ったということを意味し、大変なことだったのは想像に難しくない。(ばんどうたろう)

【リンク先】

● シーメンス・ジャパン株式会社のホームページ
http://www.siemens.com/entry/jp/ja/

●京急グループのホームページ
http://www.keikyu.co.jp/index.html

● 2011年3月3日日テレニュース24より『英国の高速鉄道事業、日立製作所が受注へ』
http://www.news24.jp/articles/2011/03/03/10177108.html

  • In: Business | Culture | Travel
  • Comments Off on 話題の絶えないアムステルダムのロイド・ホテル Lloyd Hotel in Amsterdam (Temporarily Was in Tokyo Too)

アムステルダムに行く機会があれば、泊まってみたいホテルがある。「文化大使館」との名前も持つロイド・ホテルは、とにかく楽しみ方がいろいろとある。字数の都合により、箇条書きでその特徴とニュースを紹介したい。

    1. 全117部屋は1つ星から5つ星まで(料金も€95~€450)で、国内外のデザイナーの作品により各部屋異なっている。会議室として借りることも可能
    2. 20世紀初頭から移民のための宿泊施設、刑務所、ワークショップ会場と姿を変えてきたが、市の入札を経て2004年に建築家グループMVRDVにより今の形に生まれ変わる
    3. 食事はカフェテリアの中央に設えられた大きなテーブルを囲んで。伝統的レシピから考案され、地元から調達された材料を使った独自のメニュー。ショップで一部販売も。
    4. 「文化大使館」と呼ばれるとおり、ライブや展覧会をはじめとして、様々な文化イベントがホテルを会場に催されている
    5. 日蘭国交樹立400年を記念して、2010年10月には東京・代官山に同ホテルが1カ月限定で開設された。日蘭のデザイナーによるLLOVE HOTELをコンセプトにしたユニークな部屋の数々(写真)
    6. タイムアウト誌アムステルダム版の2010年ベストホテルに選ばれた
    7. 2011年9月にアムステルダム・ファッション・インスティテュートの学生・卒業生と共同で開発されたファッションに重点を置くエクスチェンジ・ホテルがオープンする 

 そのときの財政状況や気分によって宿泊する部屋を変えられるのがいい。自分が訪れるときはどんな部屋に泊まることになるのか、今から楽しみだ。     (みかん、写真も)

東京の街並みも12月に入り、クリスマスムードが高まってきた。街の花屋には、ポインセチアやクリスマスのリースがディスプレイされ、お祭りムードを盛り上げている。

この時期になると、懐かしくなる街がある。ブルージュ(Bruges)だ。ブルージュはベルギー北部フランドル地方に位置し、“水の都”、中世の趣が色濃く残る大変美しい街である。「ブルッヘ」とも言われるそうだ。かつて毛織物の交易で栄え、その頂点を15世紀に迎えている。そして運河の街である。私が旅したのは、2007年の12月になりちょっと古いのだが、イギリスに住んでいた頃、イギリス北部のHullという港町から一晩のフェリーの旅ででかけた。船内では、ビュッフェディナーに上映会ありと、なかなか楽しい旅だった。

ブルージュの街はクリスマスのイルミネーションでディスプレイされていた。街中をディスプレイするというと、香港のクリスマスのイルミネーションも有名だが、ブルージュのイルミネーションは、古都の趣を残したままで街が飾られており、「こんな綺麗なところが今もあったのね!」と思わずにはいられないほど、美しかった。

そして、ベルギーといえば、チョコレート。ゴディバやピエール・マルコリーニなど有名だが、ベルギーのチョコレート屋さんはどこも実にレベルが高い。私はチョコレート評論家ではないので、薀蓄は語れないが、とにかくおいしいのだ。国外にでているブランドばかりでないので、簡単に手に入らないチョコレートショップもたくさんあり、思わずいつか来るときのために、お店のカードをもらった記憶がある。クリスマスシーズンのチョコレートショップは、趣向を凝らしたディスプレイで通り行く旅行者や買い物客の目を惹きつけていた。かわいらしいクリスマスの雑貨も充実していた。夏の旅行もいいが、冬の訪問も楽しいですよ。(ケリー)

ブルージュ旅行記 http://brugge.itakan.com/info/

P&O Ferries http://www.poferries.com/

  • In: Environment | Travel
  • Comments Off on デンマークの環境エネルギー促進と国民性の意外な関係!? Denmark’s Eco-friendly Energy Initiatives and the Danish Character

高台からバルト海を望む(撮影:9月、デンマークにて)

9月に初の北欧旅行でデンマークを訪れた。北欧というと、「社会福祉」「環境」「教育」「デザイン」といったあらゆる面で、どの先進国よりも発展しているイメージがあった。だから、北欧には憧れがあったし、この旅を通して実際にどういう印象を受けるのだろうと想像するのも楽しみであった。

そして、飛行機がデンマークのコペンハーゲン空港に降り立つ瞬間からその期待が現実となった。機内から見えたのは、朝焼けのバルト海に連なる風力タービン。陸地に立つものばかりを想像していたが、なんと水面に浮かんでいるではないか!驚きと感動とが混ざり合ってとても高揚した。海と空が鮮やかな青一色だったのも、深く私の記憶に刻まれている。その風景を目の当たりにして、すぐにでも飛行機から飛び降りて清々しい空気を吸いたい衝動に駆られた。

デンマークが「環境エネルギー先進国」となった背景には、その歴史と国民性に深く関係がある。2007年現在、風力発電の全電力消費に占める割合は、約20%(ちなみに日本は約0.1%)であるが、40年ほど前までは、エネルギー自給率自体、たったの1.8%であった。いまでは156%(2005年時点)と飛躍したが、それには、第一次オイルショックの教訓があるという。それまで、自国エネルギーのほぼ100%を中東の石油に依存していたが、危機的状況を察したデンマーク国民自らが立ち上がり、中央政府や行政関係者らとともにエネルギー自給政策を推進していったのだそうだ。
今回の旅では、そんなデンマーク人の国民性が垣間見える瞬間が多々あった。それについてはまた別の機会に紹介できたらと思う。(さくら)

1999年にポルトガルから中国に返還され、人口の95%は中国人であっても、マカオにはポルトガルの歴史的な文化が残る。かつて、ポルトガル船がマカオを目指した灯台がマカオで一番高い山・ギア山(91メートル)にあって、その山には教会も建てられている。政府関連の建物は欧風建築で、マカオでは欧州と中国両方の祝日が休みなのだからちょっとうらやましい。

聖ポール主天大聖堂のそばには、道教のナーチャ廟があって、かつて戦争から守るために町に張り巡らされていた城壁(ワラや貝殻が埋め込まれている)の一部が残る。至近距離に二つの宗教寺院が存在するのが珍しくもあり、世界遺産に指定されている。ポルトガル人、中国人、日本人によって建てられた聖ポール主天大聖堂にはイエズス会の紋章とザビエル像があった。かつての漁村・コロアネ島にはフランシスコ・ザビエル教会がある。ザビエルはマカオから日本にキリスト教普及のために派遣されてきたのだ。

マカオで一番大きな広場・セナド広場近くには、ポルトガルの本やアート、カードを売っているお店が佇んでいて、ポルトガルのお菓子が食べられる古いカフェがあった。マカオにあるポルトガルとの融合文化に触れると、また違った息づかいの文化を感じた。(くるみ)

毎年7月、スペインの北西部にあるパンプローナの街で、熱い熱い祭りが行われます。その名は牛追い祭り。正式名称は、サン・フェルミン祭。

パンプローナの守護聖人であるサン・フェルミンの名を冠したこの祭りの期間は、同聖人の日である7月7日から1週間。この祭りの時期には、人口18万のパンプローナの街に、国内外から250万人の観光客が訪れ、大変盛り上がります。

祭りの目玉はなんといっても、エンシエロ(ENCIERRO、牛追い)。多分テレビでその様子を見たことがある人も多いのではないかと思いますが、街中の細い路地を人と牛がものすごい勢いで走り抜けていくという大迫力の行事です。

午前8時、ロケット花火の合図と同時に、アンダルシア各地の牧場から選ばれた勇猛な雄牛が牛の囲い場から放たれ、街の中の坂道や細い道を抜けた先にあるゴールの闘牛場まで猛進します。コースの距離は、848.6メートル。全ての牛が走り終わるまでの平均時間は3分55秒。この間、群衆の大歓声の中、牛の群れとその前後をエンシエロの参加者たちが全力疾走します。人が牛に突き飛ばされたり、踏まれたりしてハプニングが続出しますが、その危険と背中合わせのスリル感がエンシエロの醍醐味です。

祭りでは、エンシエロ以外にコンサート、パレード、花火などが行われますが、地元の人々は、上下白色の衣装に赤いスカーフと腰巻にベレー帽という格好でこのお祭りを楽しみます。今年も祭りの開催日が近づいています。きっと白熱したエンシエロが繰り広げられることでしょう。(パクチー)

個人の方の牛追い祭りについてのHP
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4724/

スペイン政府観光協会HP
http://vm.spain.info/JP/TourSpain/Reportajes/0/Fiesta%20de%20San%20Fermin?SubSys=Events


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

October 2019
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 303,686 hits

Top Clicks

Advertisements