こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

10月26日、27日の二日間、ヨーロッパのテキスタイル、デザイン家具、照明、テーブルウェアなどを一堂に集めた「EU Gateway Program」のEuropean Designという展示商談会が行われた。

ヨーロッパ各国からの作品の中で、特に私の目を引いたのが、デンマークの二つのブランドだった。

まず、紹介したいのが、aidaという食器ブランド。今回、aidaは、デンマーク人若手アーティスト、ポール・パヴァ(Poul Pava)とのコラボレーションで作品を発表。“誰のなかにでもある子供心”をコンセプトに活動するパヴァ氏の独創的なキャラクターは、幼い子どもが落書きして生まれたような、愛くるしさと、カラフルな色使いで、遊び心が満載だ。デンマーク食器のシンプルで、かつ機能性に富んだ特徴を考えると、一瞬、これはデンマークブランドなのか?と疑ってしまいそうだが、新しい風、そして若手デザイナーを起用する点からすると、なるほど、デンマークの自由さ、寛容さというものが生んだデンマークらしい作品だなと納得するところもある。

微笑んでパチリ。aidaの輸入元、新潟の佐藤商会の本多さんと、aida のExport Manager Overseas、Sören Klosterさん

次に、オーフス(Århus)というデンマーク第二の都市で生まれた、ウォールペーパーやクッション、テキスタイルなどのインテリア全般を扱うferm-LIVINGの展示ブースにお邪魔した。設立者は、こちらも若手アーティストのトゥリーネ・アンデルセン(Trine Andersen)。元々はグラフィック・デザイン事務所として2005年にスタートし、その後、グラフィック・アートを生活雑貨に取り入れて現在の形になったそうだ。会社のロゴには、アンデルセン氏の夢に出てきたという鳥がモチーフとして飾られている。どの作品も、とても温かみがあり、寒く長い冬を余儀なくされるデンマークの家庭に、ちょっとした安らぎを与えてくれそうな優しいデザインが施されている。展示会場では残念ながらお目にかかれなかったのだが、壁に貼るウォールペーパーは、ついこの間、パリに行ったときに、かわいさのあまり思わず購入したばかりだが、いただいたカタログを眺めているとついつい買い足したい気分になる。(さくら)

ferm-LIVINGのロゴには創立者の夢にでてきた鳥がモチーフとして施されている

個性あるキャラクターが並ぶferm-LIVINGのブース

Advertisements

年末のフィンランド旅行に向けて、気分を盛り上げるために、最近では毎日ジャン・シベリウス(1865-1957)の作品を聴いている。フィンランドの生んだ偉大な作曲家シベリウスの作品としては、『交響詩フィンランディア』や『交響曲第2番』、『交響曲第5番』などが有名だが、最近はまっているのが、グレン・グールド(1932-1982)の『ソナチネ第1番〜第3番 キュッリッキ』。

特にソナチネ第一番がいい。グールドの弾くバッハやモーツァルトも勿論いいのだけれど、このソナチネには、グールドの持つ別の側面の魅力が感じられるような気がする。消え入る音の余韻のようなものによって、逆に音を浮き上がらせるというか。じっと耳を傾けていると、淡いかすかな光が夜明け前の空にじわじわと染み込んでいくのを眺めているような気分になってくる。

従来グールドが見せる強いアタックによって度肝を抜くような破壊性は感じられないが、何かを紡ぎ出しながらも、コアの部分をじわじわと浸食していくとでも言ったらいいのだろうか。そのもどかしさが何とも言えずいいのだ(一度実際に聴いていただかないと、この感じがうまく伝わらないと思うけれど…)。

シベリウスは死に際して、フィンランドの森と湖に想いを馳せて、「自然はかくも美しい。その自然と別れるのが辛い」と呟いてあの世に旅立ったという。そんな彼の言葉を思い浮かべながら、繰り返しソナチネ第一番を聴いていると、フィンランドの幻想的なイメージが静かに立ち現れては、また消えていく。(ロニ蔵)

私は最近まで、上場企業の投資家向け広報(インベスター・リレーションズを略してIRと称す)に関連した仕事をしていた。その経験から知ったのは、投資家はグローバルに存在するが、企業が発信する情報にはお国柄ないし地域柄が表れるということである。

IR情報のなかに、アニュアル・レポート(年次報告書)というものがある。事業戦略の説明や写真など、企業が自社のアピールのためにつくる企画ページと、法令や上場取引所のルールで開示が決められた、財務諸表や注記をはじめとする財務情報が一緒になった資料である。このアニュアル・レポート、読み比べると、アメリカとヨーロッパの企業で傾向が異なるのである。

アメリカでは、2002年に会計・監査・情報公開などの制度が改革されSOX法が成立して以降、徐々にアニュアル・レポートの企画ページが減ってきた印象がある。IBMを例にとれば、2002年版アニュアル・レポート中40ページを占めた企画ページは、2010年版では16ページになっている。これは、SOX法によって開示が義務づけられた項目が増えた影響だろう。財務部分の開示情報が増え、それにともなってレポートづくりの労力と費用が増加したぶん、企画ページが減ったというわけである。全体として、アメリカの企業のアニュアル・レポートは、無味乾燥で読み物としての魅力が乏しいものが増えた気がする。

対してヨーロッパでは、年ごとに企画ページが膨張して、とうとう自立するくらいに分厚くなったアニュアル・レポートも多い。例えば、内容もプレゼンテーションも洗練されていて、筆者が毎年チェックしていたイギリスのランド・セキュリティー社の2011年版アニュアル・レポートは企画部分が88ページ。スウェーデンのエレクトロラックス社の2010年版レポートは2分冊のうちの第1部全94ページが企画モノ。ドイツのバイエル社の2010年版レポートでは企画部分がなんと139ページにものぼる。

実は、ヨーロッパにおいても2005年の国際財務報告基準(IFRS)の導入以降、財務情報は増加している。にもかかわらず、製品やサービスを魅力的に見せる美しい写真を多数掲載し、成長戦略を図表も交えて説明するなど、多くの企業がそれまで以上に企画ページに力を入れているのだ。ここには、ヨーロッパにおける「企業価値」に対する考えかたや、「企業価値」のプレゼンテーションを重視する姿勢が表れていると思う。

とはいえ、情報が詰め込まれた大冊アニュアル・レポートは、必ずしも読み手である投資家に好評とばかりとはいえないのが実情だ。ページ数が多すぎて、投資家にとって本当に肝心な情報が埋没してしまうという声もしばしば聞かれる。イギリスの金融機関HSBCが発行した2006年版アニュアル・レポートは、1冊で454ページ、1.47㎏にもなったことが英紙フィナンシャル・タイムズで揶揄されたほど。ただし、アップル社のアニュアル・レポートに代表される、財務情報に表紙をつけただけという究極的なアメリカ型も、つまらないと不評である。

ここ数年は、ヨーロッパ・アメリカともに(そして日本でも)、印刷物としてのレポートの配布は止め、オンライン・レポートのみとする企業も増えてきた。企業価値の説明がいかになされるべきなのか、さまざまな立場から知見を持ち寄り、意見を交換するセミナーやウェブサイトも活発だ。正解のない課題だけに、今後も模索が続くことは間違いない。
(オオカミ女)

 

【リンク】
●IFRS財団 ウェブサイト
http://www.ifrs.org/Home.htm

●プライスウォーターハウスクーパースの「コーポレート・レポーティング」サイト
http://www.pwc.com/corporatereporting

 前回に引き続き、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(West-Eastern Divan Orchestra)についてお話をしたいと思います。

 1999年にドイツ・ワイマールにおいて創設された同管弦楽団は、その後、スペインのアンダルシア地方に拠点を定め、アンダルシア自治州の支援を受けながら、ワークショップや演奏会のツアーといった活動を続けています。2011年現在、同楽団は105人の団員を抱え、その構成は、アラブ諸国出身が41名、イスラエルが37名、スペインが22名及びその他国籍が4名であるそうです。加えて、さらに若い音楽家達からなるオーケストラ、アンダルシア管弦楽団も編成されており、アラブ諸国出身の17名、イスラエル出身の6名、及びスペイン出身11名が、選抜体であるウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団への入団を目指して練習に励んでいるそうです。

 2004年には、同自治州の支援により、音楽家の育成と音楽を通じた平和教育を促進させる目的で、バレンボイム・サイード財団が設立され、同管弦楽団以外にも様々な活動が行われるようになっています。フラメンコと闘牛で有名アンダルシア地方ですが、紀元前2世紀に古代ローマ、5世紀にはゲルマン系の西ゴート王国、8世紀にはイスラム系のウマイヤ朝の支配を受け、13世紀以降はキリスト教諸国による国土回復運動(レコンキスタ)征服が進むものの、1492年にスペイン王国に統一されるまではイスラムの支配が残ったという経緯を持っています。ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団は、異なる歴史的、文化的、社会的背景を持つ若者による音楽活動を通じた関わり合いの場であり、アンダルシアは、その本拠地たるにふさわしい歴史を歩んできた地であると言えましょう。

 EU諸国の財政問題が喫緊の問題とされている昨今ですが、10月18日、大手格付け会社ムーディーズは、スペインのソブリン格付けを「Aa2」から「A1」へと2段階引き下げると発表すると同時に、同国の自治州の財政状況についても、今年度の財政赤字抑制目標を達成できないであろうとの厳しい評価を下しました。大きな財政赤字を抱えるEU加盟国に対しては、経済ガバナンスのより一層の強化が求められていますが、スペインでは、医療や教育など生活に不可欠な社会サービスの責任を負っている自治州に対しても、財政赤字抑制要求の矛先が向けられているようです。その影響あってかどうか、バレンボイム・サイード財団についても自治州からの財政支援の停止まで取り沙汰された(ている?)ようで、今年は15%の予算削減を余儀なくされたとのことです。他方、8月のスペインの新聞は、バレンボイムが今夏もセビリアを訪れてウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を指導したこと、そして同楽団が今年も世界ツアーを敢行したことを報じており、何よりです。今後とも、同財団による音楽家の育成と音楽を通じた平和教育が続いていくことを期待します。

 他方、10月31日には、ユネスコの総会でパレスチナの正式加盟の是非を問う採決が行われ、圧倒的な賛成多数で可決されたとのニュースも流れました。パレスチナの国連加盟を巡る協議が続くなか、イスラエルやアメリカは、和平交渉を妨げる一方的な動きであるとして強く反発。イスラエルはユネスコに対する資金拠出の凍結を決定し、ユネスコ最大の資金拠出国である米国も資金拠出の凍結の可能性を否定しない状況となっています。

 やれやれ、音楽と社会。

(オラ!カティ)

【記事に関するリンク先】
●バレンボイム・サイード財団(スペイン語、英語)
http://www.barenboim-said.org/en/inicio/index.html

●ムーディーズ格付け情報(英語、2011年10月19日スペインのサブソブリン格付け引き下げ)
http://www.moodys.com/research/Moodys-downgrades-Spanish-sub-sovereigns-negative-outlook–PR_228335

●エル・パイース(スペイン主要紙)記事(スペイン語、音楽と平和(2011年7月29日))
http://www.elpais.com/articulo/revista/agosto/Barenboim/vuelve/arena/elpten/20110801elpepirdv_1/Tes

●エル・パイース(スペイン主要紙)記事(スペイン語、バレンボイム再来(2011年8月1日))
http://www.elpais.com/articulo/andalucia/musica/argumento/paz/elpepiespand/20110729elpand_14/Tes

 さて、前々回のスペイン・アストゥリアス皇太子賞に続き、前回は2002年度の同賞受賞者であるダニエル・バレンボイムとエドワード・W・サイードに触れました。が、両人の受賞理由については言及しませんでしたので、今回はそこから始めたく思います。

 ダニエル・バレンボイムとエドワード・W・サイードは、2002年、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(West-Eastern Divan Orchestra)を通じた活動が評価され、アストゥリアス皇太子賞平和部門賞を授与されました。同楽団は、バレンボイムとサイードにより設立されたユース・オーケストラです。楽団名の由来は、ドイツの詩人ゲーテの『西東詩集』(West-östlicher Divan, 1819)にあり、1999年のゲーテ生誕250年の記念日にあわせてドイツのワイマールで初公演が行われました。楽団員は、対立を続けるイスラエルとヨルダン・レバノン・シリアなどのアラブ諸国出身の若い音楽家達からなっており、もちろん前代未聞の取り組みでした。

 前回ピックアップした『音楽と社会』には、当時のイスラエル・パレスチナ情勢と音楽事情、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団結成までのプロセス、練習を開始した当時の楽団員の様子等についても述べられています。例えば、バレンボイム自身の逸話として、イスラエルにおける公演の際に、ユダヤ人のバレンボイムが、新ナチスとされるワーグナーの交響曲を指揮することに対し、聴衆から激しい拒絶が表明されたことが語られます。また、生い立ちや信条の異なる(時に相反する)団員間には、常に特定のテーマを避けた微妙なコミュニケーションのやりとりがあるとされ、そうしたやりとりが、機に応じて葛藤となって噴出することもあるものの、多くの場合は単なる会話の不成立に帰し、常態化していく様子も語られます。そんな若者たちを音楽で束ね、一つの作品を作り上げていく作業は並大抵のものではないでしょう。同書において、バレンボイムとサイードは、無知、即ち他者を知らないことに起因する無理解と不和がいかに解消されえるかについて希望を持って語ると同時に、厳然たる歴史的事実と錯綜した社会的背景を前に、相互不信の乗り越えがたさについても常に自覚的でありつづける必要を真摯に語っています。

 なお、同書によれば、両人は、イスラエル・パレスチナ問題に対して、同楽団の活動を通じて何か具体的な政治的貢献をすることを目的としていたわけではないようです。バレンボイムは、「何を演奏するかや、どこで演奏するかではなく、音楽を演奏するという行為における勇気だ。こういう種類の勇気が、本当に深遠な人道上の問題を解決するときに必要とされると僕は思う。」と言っています。他方、サイードは、元ドイツ大統領のヨハネス・ラウによるという、次の言葉を引用しています(孫引きですみません)。「愛国心とナショナリズムを取り違えてはいけません。愛国者とは自分の祖国を愛する人です。ナショナリストとは、他の人々の祖国を軽蔑する人です。」。極東島国の日本に住まう私たちにとっては、感覚的にもやや馴染みの薄いテーマかもしれませんが、多民族・多文化と国民国家の中で揉まれ続けた二人の賢人のこうした見解には、何か人を聞き入れさせるものがあると思います。(次回に続く)
(オラ!カティ)

 

【記事に関するリンク先】
●アストゥリアス皇太子財団公式HP(スペイン語他)
http://www.fpa.es/

欧州連合(EU)では昨年、27カ国合計で3万700人が交通事故で亡くなった。ちなみに日本は4863人だった。人口10万人あたりで比べても、日本の3.79人に対し、EUは6.14人と死亡事故の多さが際立つ。ただしこれでも20年間で大幅に改善している。1990年には7万人を超えていた。

EUが域内全体の政策として交通事故対策に取り組んできたのが奏功している。2005年には、欧州委員会のイニシアチブで欧州交通安全憲章が策定され、各国の地方自治体や企業、市民団体、研究機関など2000以上の団体が調印した。ただし、国によって成果にばらつきはある。大まかに言って、「優等生」の国は北半分と西半分に偏り、南半分と東半分に「劣等生」が多い。ギリシャはここでも問題児だ。

フランスはというと、スペインよりはマシだが、ドイツには劣る。可もなく不可もなし、という程度か。そんなフランスで先頃、交通違反に関する珍ニュースが話題になった。「事件」は10月の半ば、ブルターニュ地方に住むジルさんが、遅めのバカンスから戻ったときに発覚した。不在中に郵便物がたまるのはよくあることだが、今回は尋常じゃない。郵便受けを埋め尽くしていたのは、大量の交通違反通知だった。なんとその数143通。 

たしかにジルさんは9月、検問に引っかかり、車に非常用ベストと三角停止表示板を装備していなかったことで、違反キップを切られた。どちらもフランスでは2008年以来、緊急停車の際に着用、表示が義務付けられている。

© Le site de la Sécurité Routière 「黄色で醜く、どんな服とも合わないが、あなたの命を救うかもしれない」 有名デザイナー、カール・ラガーフェルドも非常用ベストの装備を義務づける法改正の広報に一役買った(2008年フランス政府のポスター)。

 罰金は1件90ユーロ。143回犯したとすれば、1万2870ユーロ(約140万円)に上る。しかし実際にジルさんが犯した違反はたった1回にすぎない。そのことは通知に記載された違反の名目、時刻、場所がすべて同一であることからも明らかだ。つまりは警察のコンピュータの処理ミス。ジルさんはさっそく抗議の電話を入れた。

警察の回答はこうだ。「違反がなかったと主張される場合はですねえ、異議申し立ての手紙を書留で送ってもらうのが決まりです。それぞれ処理番号が違いますから、1件ごとに提出してください。1通は間違ってませんから、142通ですね」。何というお役所的な対応!手間もかかるが、郵便代だって馬鹿にならないではないか!

騒ぎを知った隣人が、テレビ局TF1のホームページを通じ、メールで「事件」を「通報」。さっそく取材班がやってきて、一部始終を昼のニュースで報じた。やはりテレビの力は偉大なり。すぐさま県庁から本人に、罰金は「すべて取り消した」と連絡があったという。「すべて」、つまり実際に犯した違反も含めてだ。

すったもんだの末ではあったが、ジルさんにすれば違反の帳消しというハッピーエンド。しかし、これだけ肝を冷やしたのだから、車に非常用ベストと三角停止表示板を積み忘れることはもう二度とあるまい。 
(ル・ジュスティシエ)

【参考資料】
●欧州連合の交通事故データベース(CARE)
http://ec.europa.eu/transport/road_safety/specialist/statistics/care_reports_graphics/index_en.htm

●日本:警察庁交通局の統計
http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm#koutsuu

EUの展示商談会「EU Gateway Program」のEuropean Designに今年も行ってきた。約40社が出展、来場者は2日間で約580名に上った。私が個人的に興味を持ったのは、デンマークのステルトン社。デンマークの家庭やオフィスでよく見かけたポットは、代表的なデンマークデザインといえる商品で、日本でも既に知られている。それにしても、なぜ今日本に?

主に卓上用品を製造するステルトン社は昨年2010年で50周年を迎えたデザイナー商品の老舗。デンマークのトップデザイナーであるアルネ・ヤコブセンエリック・マグヌセンのクラシックな作品から、日本人を含む現代デザイナーの作品までを取り扱う。輸出担当取締役のクリスチャン・エルネマン氏に話を聞いた。

2011-12年18色で展開するヴァキューム・ジャグ

国外での主な市場は英国や米国だが、今後は日本でもデパートを中心に販売を拡大していきたいとのこと。50年前にデザインされたマグヌセンのコーヒー・ポット(ヴァキューム・ジャグ)が今でも人気が高いのは、シンプルで、ストレートに機能を追求した、時代を超えた(Timeless)デザインだからだという。50年前にデザインされたヤコブセンのシリンダ・ラインは、現在を通り超え、未来を舞台にしたハリウッドのSF映画に違和感なく溶け込んでいたとか。

 

ポール・スミスとコラボしたシリンダ・ライン「ステートメント」

今年の展開は、前述のポットのカラーバリエーションが増えて登場。また、昨年の50周年記念に続き、英国のデザイナー、ポール・スミスとコラボレーションした新しいシリンダ・ラインを限定発売する。

伝統的な人気に満足することなく、基本を守りながら新しさも取り入れ、消費者の心をつかむこのデンマーク企業は、日本のファンをさらに増やすに違いない。 (みかん)

 

【このほか、European Designに出展していた注目企業】
● 屋外で使える家具を扱うドマーニ (ベルギー)
● ソファが人気のイーゴ パリス (フランス)
●大型家具ならファマ (スペイン)

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

October 2017
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Blog Stats

  • 281,237 hits