こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘『匿名レンアイ相談所』

東京有楽町マリオン・朝日ホールで、6月23日(木)~6月26日(日)に、フランス映画祭2011が開かれた。第一回目は、横浜で1993年に始まり、その後毎年開催されている。

今回、12作品のうち『匿名レンアイ相談所』を鑑賞した。主人公は小さなチョコレート工場を経営するジャン=ルネと、その工場にセールス担当として採用されたアンジェリック。甘いチョコレートに囲まれた主人公たちの甘い恋愛模様を描く“フレンチ・ラブ・コメディー”、と一言で片付けてしまえばそれまでなのだが、この映画が、普通のラブ・コメディーと一線を画しているのは、この主人公が、二人して「あがり症」なのである。

「あがり症」とは、例えば人前に立って話をすると、極度の緊張でパニックになって、顔が赤くなったり、手に汗をかいたり、手足が震えたりする症状のこと。物語の中でも、二人は人間関係を築くことに不器用で、アンジェリックは「あがり症」克服のため、ワークショップに通い、ジャン=ルネは専門の医師にカウンセリングを受けている。症状は彼らにとって深刻な悩みなのだが、それを面白おかしく仕立てているのが、この映画を撮ったジャン=ピエール・アメリス監督の力量なのだろう。

ジャン=ピエール・アメリス監督(写真中央)           *写真をクリックすると拡大されます

映画を観終わったあと、アメリス監督のトークショーが行われた。監督自身が「あがり症」で、10年前に「あがり症」を主題にした映画を撮ろうと思い立ったらしい。つまり、この映画の主人公は監督自身の投影なのだ(さらに、主人公アンジェリックを演じたイザベル・カレ自身も、実はあがり症なんだそう)。

監督が語った言葉で印象に残ったことがある。「『あがり症』の人たちは極度の心配性で、ありもしないことを想像して、そのせいで不安のあまり、行動できず内にこもってしまう傾向があります。つまり挑戦することを恐れるんです。私がこの作品をコミカルに描いた理由には、考え方を一つ変えれば、人生はこんなにも楽しくできるんだ!ということを観ている人に知って欲しかったからなのです」。

監督自身も、映画という表現方法と出会い、あがり症を克服できたのだそう。自分を表現する場があれば、きっと誰しも、コンプレックスを個性に変えて、自信を持って前に向かって進んでいく勇気が出るのではないか。そんな希望を与えてくれる作品でもあった。(さくら)

フランス映画祭2011『匿名レンアイ相談所』
http://www.unifrance.jp/festival/2011/films/2011/05/les_emotifs_anonymes.html

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

October 2019
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 303,686 hits

Top Clicks

Advertisements