こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘さっぽろ雪まつり

優勝作品「世界はミツバチの巣、責任を持とう」と3人の彫刻家たち (C)さっぽろ雪まつり実行委員会

毎年多くの観光客で賑わうさっぽろ雪まつり。第38回目を迎えた2011年の国際雪像コンクールでリトアニアのチームが優勝した。リトアニアのチームは出場10回目、2回目の優勝だという。

雪像のテーマは、ミツバチだ。蜂は働き者のシンボルでもあるが、以前にこのEUフォーラムで紹介したように、リトアニアでは蜂は友情・仲間を象徴するもの。リトアニアの農民たちは昔から、蜂の社交性や勤勉さに注目していた。今回のミツバチと蜂の巣の雪像を通して、3人のリトアニア人彫刻家たちは、「社会人が責任感を持ち、助け合って生きていこう」というメッセージを投げかけた。

なお、彫刻家の一人、ケスチュティス・ラナウスカスさんは、西会津国際芸術村の第1回招聘者として、2004年から1年間日本に滞在したことがあるのだそう。今年札幌で、また別の交流が生まれ、そして仲間を作ったことだろう。(みかん)

さっぽろ雪まつり 第38回国際雪像コンクール
http://www.snowfes.com/place/contest/index.html

優勝作品「世界はミツバチの巣、責任を持とう」
http://www.snowfes.com/place/contest/contest-2.html#t10

西会津国際芸術村
http://www.nishiaizu-artvillage.com/

関連記事 「クリスマスに蜜蝋キャンドルを」
https://eueublog.wordpress.com/2010/12/28/candles/

Advertisements

今年で61回目を迎える北海道の冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」。大小あわせて249基の雪氷像が展示され、期間中約200万人が訪れる予定です。

今年の目玉のひとつは、高さ26メートルもあるドイツ・ドレスデンのフラウエン教会の大雪像で、雪まつり史上最高の高さと言われています。そのほか、全国的にも有名になった旭山動物園と円山動物園の人気者、ホッキョクグマやヒョウの雪像も「北の動物園」というタイトルで展示され、生き生きとした表情を見せています。昨年亡くなったマイケル・ジャクソンの雪像も目を引く力作です。

さて、この雪まつりには、1974年から海外チーム制作の雪像も出品されており、国際色豊かなお祭りになってきました。EU諸国からも今回、数カ国が参加しました。26回目の出場を誇るスウェーデンの作品名は「おばあちゃんの人形箱」。お父さんと息子さんの二人が制作した、かわいらしい子供の雪像が印象的です。初出場のポーランドは、ショパンがピアノを弾いている姿を表現した雪像を出品しましたが、今年はショパン生誕200年の記念の年でもあります。オランダは今年初出場で、作品名は「贈り物」。雪を「溶けてゆく贈り物」と見なし、私たちが直面している不安な状況を表現し、国境を越えた結束力が必要であることをメッセージとして発信しています。

出場20回目のフィンランドの作品タイトルは、「サウナとSISUとシベリウス」。SISUとはフィンランド人の国民性を表す言葉で、粘り強く妥協しない意志を表すそうです。まさに、この3つの言葉はフィンランドを象徴するものであると言えましょう。(モコちゃん)

さっぽろ雪まつり
http://www.snowfes.com/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

November 2018
M T W T F S S
« Jan    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Blog Stats

  • 295,611 hits

Top Clicks

Advertisements