こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ギネス世界記録

  • In: Belgium | Country | Politics
  • Comments Off on ベルギーの「内閣不在」記録、世界一へ Belgium About to Set New Record for Political Gridlock

欧州連合のお膝元、ブリュッセル(欧州委員会の所在地)が首都のベルギーでは、政府が1年近く「不在」である。もちろん、本当に政府がない訳ではない。ちゃんと首相もいて、先日訪欧中の松本外務大臣を歓迎した。つまりは、昨年6月13日に行われた連邦議会選挙(総選挙)の結果を反映した内閣がまだ出来ていないのだ。ベルギーでは連立政権が通常で、今回も昨年の総選挙で勝利を収めた政党を中心に複数の政党の間で組閣交渉が断続的に行われている。この様子は1月の記事にも紹介したが、関係者間の話し合いがこじれ、いまだに決着していないのである。今回は、これまでのベルギー国内の「内閣不在期間」最長記録の194日(2008年)を既に大きく上回っている(5月27日時点で348日)。

しかし、先日大きな転機が訪れた。5月16日、フランス語系社会党党首ディ・ルポ氏がベルギー国王から組閣交渉をとりまとめる「組閣担当者」に任命されたのだ。過去、「組閣担当者」が組閣交渉を決着させ自ら新内閣の首相に就任した例が非常に多い。今回は、総選挙で大勝したオランダ語系政党の党首や上下両院議長など何人もの政治家たちが総選挙後から組閣交渉の調整役等に任命されてきたが、「組閣担当者」の任命は初めてだ。したがって、少なくとも形の上では組閣交渉が「最終コーナー」に入ったといえる。

とは言え、この「最終コーナー」が恐ろしく長い道のりになる可能性がある。ディ・ルポ氏の「組閣担当者」任命をきっかけに組閣交渉が一気に決着するとみている当地メディアや有力政治家は皆無で、新内閣の誕生は「早くて夏休みの後」との見方が大勢を占めている。筆者のベルギー人の友人も「残念だけどそのとおりになりそう」と語った。

このベルギーの「内閣不在期間」の記録は、3月末には「290日」としてギネス世界記録に認定された(世界第2位)。トップ記録はカンボジア政府の354日(2004年)であるが、この記録を抜くのはほぼ間違いない。ベルギー政治ウォッチャーとしては、この不名誉な記録をベルギーに更新して欲しいような欲しくないような、複雑な心境である。
(じょぎんぐまん)

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2019
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 300,264 hits
Advertisements